子供部屋の間取りはこれだ!人数、性別も配慮で徹底解説

2016.09.30

アイキャッチ

「子供部屋の広さはどれくらいあれば十分だろうか?」「間仕切りしてあげたいけどどんな方法があるのだろう?」「子供が3人いるけど用意できる部屋は2つで限界、振り分けはどうしようか?」などなど、子供部屋の間取りは悩む点が多いですよね。

1つでも思い当たる方にぜひ読んでいただきたい内容となっています。

こちらではお子さんの人数や性別も配慮しながら、このようなお悩みを解決するための情報を紹介しています。こちらを参考に、できる範囲でお子さんの気持ちをくみ取った子供部屋を作ってあげてください。

 

リフォームガイド

1.子供部屋にはどのくらいの広さが必要?

子供部屋にどの程度の広さを用意するか迷っていませんか?一般的に子供部屋としてよく使われるのが6畳と4.5畳です。それぞれ解説いたします。

1-1.適度なゆとり 6畳の子供部屋

1-1.適度なゆとり!6畳の子供部屋

6畳のイメージはこのような感じです。ベッドと学習机を置いてもスペースにゆとりがあります。友達を呼べるスペースもありそうですし、1人で使うには十分と言えます。

1-2.少し窮屈 4.5畳の子ども部屋

1-2.少し窮屈!4.5畳の子ども部屋

4.5畳のイメージはこのような感じです。ベッドと学習机を置いたらいっぱいになるイメージです。

友達を呼ぶとなると狭く感じるかもしれませんが、主にリビングで過ごし、勉強するときと寝る時だけ部屋を使う程度なら十分な広さと言えるでしょう。

1-3.狭くてもどうにかなる

可能なら6畳以上の部屋を用意してあげたいところですが、無理に用意する必要はありません。子供部屋はずっといる場所ではなく「勉強する時」「寝る時」「一人になりたい時」に活用する場ですからリビングのように高い快適性を求めなくても良いのです。工夫次第で4.5畳あるいはそれより狭くても充分な子供部屋が作れます。

%e5%9b%b31「6畳+クローゼット」と「6畳(クローゼット込)」に注意
「6畳」と言ってもクローゼット込かどうかで実際に使えるスペースが変わることに注意しましょう。6畳でも1畳のクローゼット込みだと5畳しか使えないことになります。

さらにクローゼットの扉が開閉に場所を取るタイプだと、扉の前のスペースも空けておかなくてはならないので実質4.5畳程度しか使えないことになります。

 

2.学習机とベッドのレイアウト例

子供部屋に置くものと言ったら学習机とベッドでしょう。この2つの配置が決まればその他も必然的に決まってきます。こちらではどんな配置方法があるのかいくつか紹介していきます。

2-1.1人で使う場合のレイアウト

ベッドを奥に寄せたレイアウト

ベッドを奥に寄せたレイアウト

このように家具と壁との接地面を4面あるうち2面に抑えると広いスペースを確保することができます。小さいテーブルを置いてゆったりするならこんなレイアウトがお勧めです。

ベッドと机を壁に寄せたレイアウト

ベッドと机を壁に寄せたレイアウト

部屋の奥まで一直線で何も置いていないスペースがあり、視野が開けて開放感を感じられます。

ベッドを壁から離したレイアウト

ベッドを壁から離したレイアウト

あえてベッドを壁から離したレイアウトです。少しインパクトのあるベッドを壁から離して置くことで、ベッドが主役となり部屋のアクセントになります。しかしベッドを壁から離すと取れるスペースは少なくなるので、狭い部屋には向きません。

2-2.2人で使う場合のレイアウト「思春期前」

2人で使う場合、どのくらいプライベート空間を大事にするかでレイアウト法が変わってきます。お子さんの成長に合わせてレイアウトを変えてみても良いでしょう。ここでは思春期前のお子さんが2人で仲良く遊べるようなレイアウトを紹介します。

ベッドを仲良く並べたレイアウト

ベッドを仲良く並べたレイアウト

幼い子供は一人で寝るのを怖がります。横を向けばお兄ちゃん・お姉ちゃんがいるので安心して寝てくれそうです。兄弟・姉妹の仲が深まりそうなレイアウトです。

ベッドをコーナーに置いたレイアウト

5
出典:https://suvaco.jp/

コーナーをうまく使ったレイアウトです。2人で遊ぶスペースを大きく確保できます。

2-3.2人で使う場合のレイアウト「思春期」

思春期にもなるとお互いの空間が欲しくなる時期です。ここでは、程よくお互いの空間をつくることができるレイアウトを紹介していきます。

学習机を向かい合わせに置いたレイアウト

6
出典:http://www.asahi.com/

机を向かい合わせに置くことで、机が簡単な間仕切りの役割を果たします。

右の写真のように机の正面に棚がついていなければ、両サイドから使える棚を挟むようにして机を配置することで視線を遮ることができます。

ベッドを頭合わせに置いたレイアウト

7
出典:https://suvaco.jp/

ベッドを頭合わせに、机を左右対称に壁際に寄せれば程よくプライベート空間をつくれます。真ん中のスペースは広く空くのでプライベート空間だけでなく共有スペースも楽しめます。

二段ベッドを真ん中に置いたレイアウト

8
出典:http://www.houseimage.co.jp/

右の図にあるような互い違いに板で仕切られている二段ベッドを真ん中に置くことで二段ベッドが間仕切りの代わりになります。

程よくお互いの空間をつくれるレイアウトを紹介してきましたが、お子さんが「一人の部屋が欲しい」と言い出したり、男女の兄弟の場合は間仕切りすることも検討してみてください。間仕切りの方法は紹介しています。

2-4. 狭い子ども部屋のレイアウト

ロフトベッドを利用する

ロフトベッドを利用する 

ロフトベッドとは写真のようにベッドが高いところにあり、その下が机や収納になっているベッドです。狭い空間を有効に利用するにはもってこいの優れものです。これなら少ないスペースでベッドと机を置くことができます。

学習机を置かない

学習机を置かない

子供部屋を「勉強する場所」ではなく「一人になれる場所」「寝る場所」「荷物置き場」として使うと考えれば学習机を絶対に置いたほうが良いわけでもありません。

 

 

 

3.一部屋を二つに仕切る方法5選

住居の広さや部屋数の都合上、子供の人数部屋を確保することが出来ない場合も多いと思います。幼いうちは気になりませんが、思春期ならば一人になりたい時もありますよね。お子さんの性別が違う場合は性的な問題もあります。その際は部屋を仕切ることを考えてみませんか?こちらでは一部屋を二つに仕切る方法を5つ紹介いたします。そんな時は部屋を仕切ることを考えてみませんか?この章では一部屋を二つに仕切る方法を5つ紹介していきます。

3-1.可動式収納で仕切る

%e5%9b%b3
出典:http://www.sumarepi.jp/

可動式収納とは、下についているねじを回すと簡単に移動できる収納です。

このように2つの可動式収納を組み合わせることで、①壁際によせて広い部屋に②重ねて半分仕切る③中央に並べて全体を仕切るというように、仕切りのパターンを変えることができます。

ただし全体を仕切る場合には、写真のようにドアが2つある必要があります。

3-2.カーテンで仕切る

3-2.カーテンで仕切る

カーテンはスペースを取らないので狭い部屋を仕切るのにはお勧めです。仕切りたくない時はカーテンを開ければ一つの空間にできるのも魅力です。

しかし布一枚ですので完全なプライバシー空間をつくることはできません。

姉妹や兄弟など、お子さんの性別が一緒でお互いの領域をつくりたいだけの場合は良いでしょう。

アコーディオンカーテン

アコーディオン

蛇腹状の伸縮性のあるカーテンで部屋の間仕切りによく使われます。通常の布のカーテンよりカチッと仕切ることができます。
出典:http://kagu-note.com/

 

 

 

 

ロールスクリーン

ロールスクリーン

上から降りてくるタイプで、こちらも部屋の間仕切りによく使われます。表面が平らなのでスタイリッシュな印象になります。
出典:http://r-mix-house.com/

 

 

3-3.パーテーションで仕切る

3-3.パーテーションで仕切る

パーテーションとは簡易的に間仕切りができる建てる壁のようなもので、オフィスなどでもよく使われています。 

 

 

置くだけの簡易パーテーション

置くだけの簡易パーテーション

置くだけなので完全に仕切ることは不可能です。カーテン同様、お子さんの性別が一緒でお互いの領域をつくりたい場合にお勧めです。

 

 

固定できる突っ張りパーテーション

%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97-4

天井への突っ張りによって固定するので、工事不要で取り付けが可能です。部分的に仕切ることもできますし、左の写真のように突っ張りパーテーションを連結させることで全体的に仕切ることもできます。

ただし全体的に仕切ると簡単に出入りできなくなるので、ドアが2つ必要となります。ドアが1つしかない場合にお勧めなのがパーテーションとカーテンの組み合わせです。
出典:http://www.rakuten.ne.jp 出典:http://www.partition-tsuhan.com

 パーテーションとカーテンの組み合わせ

パーテーションとカーテン
このように突っ張りパーテーションにカーテンをつけることもできるので、連結したうちの一面をカーテンにしてそこから出入りするということも可能です。
出典:http://tsuhanclub.jp/

 間仕切りしながら収納もできるパーテーション


出典:http://www.vesselhouse.co.jp/出典:http://comobit.com/

3-4.引き戸で仕切る

引き戸工事が必要ではありますが、カーテンやパーテーションと比べるとしっかり仕切ることができます。開ければ一つの空間にもできるので使い分けたい人にはおすすめです。

鍵付きのものもあるので、娘さんを奥側の部屋にして、そちらから鍵をかけられるようにしてあげれば着替えなどの心配もなさそうです。これなら男女一緒の部屋でも大丈夫ではないでしょうか。
出典:http://blog.livedoor.jp/

3-5.壁を増設する

3-5.壁を増設する

もちろん壁を増設する方法もあります。今まで挙げた方法は空間的には仕切られていても、簡単に出入りできてしまったり音が聞こえたりしますが、壁を創れば心配はなくなります。工事は一番大変ですが、プライバシーを守るという点では一番確実です。

また一度壁をつくってしまうと取り壊すのも大変なので、「将来子どもが独立したときに狭い部屋が2つあったほうが良いのか広い部屋が1つのほうが良いのか」将来の部屋の使い道も考えてから決めるようにしましょう。

 

4.子どもが3人で部屋は2つの時どうする?部屋の振り分け方

子どもが3人の場合、3部屋用意するのはなかなか難しいですね。2部屋を3人で使うケースが多いのではないでしょうか。こちらではそんな場合の部屋の振り分け方をいくつか紹介していきます。

4-1. 男女いるなら性別で分ける

異性同士だとやはり色々な問題がでてきますね。お子さんが男女なら定番ではありますが、やはり性別で分けるのが一番良いでしょう。

4-2.年が離れているなら年齢順

年が離れた兄弟なら、一番上の子を1人部屋にして下の子2人は同じ部屋を使ってもらうのが良いでしょう。思春期を過ぎるとそこまで1人の部屋が欲しいとも思わなくなるので、二番目の子と交換します。

4-3.寝る部屋と勉強する部屋で分ける

寝る部屋と勉強する部屋で分けるという手もあります。2人はもう寝たい、1人はまだ宿題をやりたいなどといった時も問題はありません。また、勉強する時と寝る時とでメリハリもつきそうです。

 

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。広さ・レイアウト・間仕切り方法・部屋の振り分けなど、様々な観点から子供部屋の間取りを紹介してきました。

どんな間取りが良いかはそれぞれですが、できる範囲でお子さんの気持ちをくみ取って子供部屋をつくってあげてください。

リフォームコンシェルジュがあなたの価値観に合った
ピッタリのリフォーム会社を選びます!

10の質問に答えるだけ!

コンシェルジュに相談する

ぜひ、私たちにお任せください!

ページ先頭へ