使いやすいキッチンレイアウトを完全解説!食器棚の配置や収納術も!

2015.12.19

アイキャッチ

キッチンのレイアウトや配置で使いやすさは大きく変わってきます。使いやすいキッチンを実現するための考え方についてご説明させていただきますので、リフォームのプランを考える際の参考にしてください。

また、キッチンのリフォームで最も重要な「リフォーム会社の選び方」については次の記事に別途まとめていますので、そちらをご覧ください。

キッチンリフォームの会社選びで注意すべき3つのポイント

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.使いやすいキッチンレイアウトの基本

使いやすいキッチンにリフォームするためには、レイアウトや配置をしっかり考えておく必要があります。まずは、使いやすいキッチンレイアウトの基本を解説していきます。

1-1.調理の流れを考えての配置

調理の流れ
出典:http://www.megasoft.co.jp/

調理の流れを考えると、冷蔵庫から食材を取り出し、洗って、刻んで、加熱調理して、配膳するという一連の流れになります。

また食事後は食器を下げて、食器を洗い、食器棚に戻すという流れです。つまり、右利きの人の場合は、上の図のように冷蔵庫、シンク、調理台、コンロを右回りに配置するのが基本となります。左利きの人は左回りに配置するとよいでしょう。

1-2.キッチン内の動線を考えるキッチントライアングル

キッチン内の動線を考えるキッチントライアングル

使いやすいキッチンレイアウトのポイントとして、キッチンの動線を考慮する必要があります。動線が悪いと使い勝手も悪く、効率的に家事を行うことが出来ません。

一つの動線の組み立て方として、コンロ、シンク、冷蔵庫の3点を結ぶ三角形の辺の合計が510cmだと快適な作業が出来るレイアウトになります。リフォーム前に確認してみてください。

1-3.通路幅とキッチンの寸法を考えたレイアウト

上記でご説明させていただいた通り、使いやすいキッチンにするためには通路幅とキッチンの高さや寸法を考える必要があります。

通路幅とキッチンの寸法を考えたレイアウト(1) キッチンの通路幅は1人で利用するならば90cm程度、2人で利用することを考えている場合は1m20cm程度の幅を確保するようにしてください。

キッチン内では動きが出るので、使いやすいレイアウトのためにはこれくらいの通路幅が必要になります。

またキッチンの高さはキッチンを最もよく利用する方の身長で計算するとよいでしょう。最適なキッチンの高さは以下の計算式が目安になります。

カウンターの高さ=身長÷2+5 cm(160cmの場合は160÷2+5=85cmが目安です)

通路幅とキッチンの寸法を考えたレイアウト

 

2.キッチンタイプ別の使いやすいレイアウト例

キッチンタイプ別の使いやすいレイアウト例

代表的なキッチンレイアウトとしては上の図にあるような6種類があります。それぞれのレイアウトにメリットとデメリットがありますので、それらを理解した上で、ご自宅にあったキッチンレイアウトを取り入れるとよいでしょう。

2-1.I型キッチンレイアウト

I型キッチン

シンクと調理器、冷蔵庫を横一直線に並べたものがI型キッチンレイアウトで、最も一般的なレイアウトです。動線が長くなりがちなため、規模の大きなキッチンには向かず、コンパクトなキッチン向きです。キッチン幅が広い程移動距離が長くなり、作業効率が落ちて使いにくくなってしまうので、最大でも270cm程度にするのが良いでしょう。

最も多いタイプのレイアウトですが、最近のニーズに多い、家族のほうを向いて調理を行うことができない点がデメリットとなります。また、横一列に冷蔵庫が置けない場合は、冷蔵庫のレイアウトによっても使い勝手が変わってくるので注意が必要です。

2-2.L型キッチンレイアウト

L型キッチン_3

I型キッチンの次に利用が多いのが、シンク、加熱機器、調理スペースがL字に並んだL型キッチンレイアウトです。L型キッチンは動線が三角になるため、キッチントライアングルを短く出来るという特徴があります。ただし、設置にはI型よりも広いスペースが必要になるため、スペースはLDKでも最低16畳以上にしたほうが良いでしょう。

デメリットとしては壁に向かって調理する場合が多いので、他の人とのコミュニケーションを図るには工夫が必要なのと、I型よりも場所を取る分、食器棚の設置スペースが確保しにくいという点があります。

2-3.U字型キッチンレイアウト

U字型キッチンレイアウト

他のキッチンと比べると独立した空間になりやすく、好みがわかれるキッチンです。動線が短く、作業効率が高いので専門家や料理好きには好まれます。

一方で設置するのにスペースが必要なのと、複数人で一緒に料理をするには不向きな面もあります。

2-4.Ⅱ型キッチンレイアウト

Ⅱ型キッチン

シンクと調理スペースを分けて広く利用出来るキッチンになります。横の移動距離を少なくでき作業スペースを広く使えるうえ、「火まわり」「水回り」を分離することで、収納がしやすいのがメリットです。

一方で振り返って作業することが多くなります。そのためシンクの真後ろにコンロを持ってくると危険なので注意が必要です。

2-5.アイランド型キッチンレイアウト

アイランド型

アイランド型キッチンは囲むように作業が出来るのが特徴です。家族や仲間で一緒に調理や片づけが出来るので、ホームパーティーなどがしやすいキッチンです。

一方でキレイなキッチンを保つには収納がカギになります。存在感があるので、すこしでも散らかると目立つため、来客の際は気を付けなければなりません。

2-6.ペニンシュラ型キッチンのレイアウト

ペニンシュラ型2

ペニンシュラ型キッチンは、料理をしながらリビング・ダイニングにいる家族とコミュケーションできるのが特徴です。ダイニング側に椅子を設置してカウンターを設けることが出来、そこで軽食をとるといった使い方も可能なため人気のキッチンです。

このキッチンのデメリットは、煙や匂いなどの影響がリビング・ダイニングにも行きやすく、水はねや油はねの懸念もあることです。コンロの前に一部壁を造作したり、換気扇を付けることで改善することが必要です。

 

3.使いやすいキッチンにするための冷蔵庫の配置

使いやすいキッチンにするための冷蔵庫の配置

実は冷蔵庫の配置によって、使い勝手は大きく左右されます。冷蔵庫の配置をどのように考えれば良いか、見ていきましょう。

3-1.キッチンに冷蔵庫を配置する際に考えるべきこと

「1-1調理の流れを考えての配置」でも説明したとおり、キッチンで一番重要なのは料理をするときの流れです。

冷蔵庫とシンクや調理台は近い方が使いやすく、作業スペースやコンロの近くに食器棚があると効率も良くなります。その流れの中に冷蔵庫の配置があるということをまずは覚えておいてください。

3-2.冷蔵庫の配置のセオリー

冷蔵庫はキッチンの入り口付近に配置するか、それともキッチンの奥に配置するか、どちらが良いでしょうか?使いやすいキッチンにするためには、キッチンの入口付近に配置するのが基本的な考え方です。

冷蔵庫が奥にあると、誰かが冷蔵庫にモノを取りに来た際にキッチンの中を通らなければなりません。料理をしている最中ですと、どうしてもキッチンが混雑してしまいます。キッチンにいる人とキッチンに来る人の動線ができるだけ重ならないようにするためにも、冷蔵庫は入口に配置するのが基本になります。

3-3.冷蔵庫を配置する際の注意点

冷蔵庫は配置してみてから使いにくい事に気がつくことが非常に多いです。冷蔵庫の配置を考える際は、次の2点を注意して考えてください。

冷蔵庫のドアの開き

冷蔵庫の開く方向に壁や棚などがないか、確認が必要です。両開きの冷蔵庫を配置する場合は、両サイドにゆとりがないと完全に開かないこともあります。

大型の冷蔵庫を配置する場合は、冷蔵庫の両サイドに少しゆとりを持たせておくようにしてください。

キッチンや食器棚との距離

前述した「キッチントライアングル」が狭すぎても広すぎても使いにくくなってしまいます。リフォームのプランを見るときもできれば確認しておきたいポイントです。

 

4.使いやすいキッチンにするための食器棚の配置

食器棚冷蔵庫同様に食器棚も配置について悩みどころです。キッチンの形や使い方によって正解が変わってきますので、ここでは食器棚を配置する際の考え方についてご説明します。

4-1.キッチン内の動線を考えた配置

食器棚の配置を考える際も、キッチン内の一連の動きを考える必要があります。「1-1.調理の流れを考えての配置」でもある通り食器棚を利用するのは、
①作った料理を配膳する際
②洗った食器を片付ける際
の2回になります。①の場合はコンロや調理台に近い方が良く、②の場合はシンクに近い方が便利です。可能なのであればシンクとコンロの間に配置して、どちらにも対応できるようにするとよいでしょう。

注意点としてはキッチンの形や冷蔵庫の配置も考慮する必要があるので、全体でバランスを取るのが良いでしょう。

4-2.食器棚を配置する際の注意点

キッチンの形や冷蔵庫の位置とのバランスで食器棚の位置は決まります。配置を考えるうえでの注意点を最後にまとめておきます。

  • シンクやコンロとは近すぎず、遠すぎない位置にすること
  • 食器棚の配置だけではなく、冷蔵庫の配置と一緒に考えること
  • 冷蔵庫と食器棚の配置で迷ったら、まずは冷蔵庫の配置を先に考えること

食器棚と冷蔵庫を比べると冷蔵庫の方が開け閉めも多く、ドアの開き方によって置く位置に制限も出てきます。その点でも冷蔵庫の配置と一緒に考えることが重要です。

 

5.使いやすいキッチンにするための収納術

使いやすいキッチンにするための収納のコツは、キッチンを使っている時に最も便利になるようにすることです。収納のコツはまとめると以下の5点になります。

  • よく利用するモノは目から腰の高さの範囲におく
  • 使うモノと使う場所を近づけて配置する
  • 配置を決めたらしっかりと守る
  • 調理台にはモノを置かずに広々と使う
  • 収納スペースの中も使いやすく整理する

詳細を知りたい方は「【保存版】使いやすいキッチン収納のコツと実例10選」で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

6.まとめ

キッチンは毎日使う場所だけに、使いやすさに妥協したくないところです。キッチン全体で使いやすくするには、個別の箇所で考えるのではなく、キッチンの中の動き全体と、キッチンの中にあるモノ全体で考える必要があります。

まずは基本をしっかりと理解してから、実践に繋げてください。キッチンリフォームについてもう少し知りたい方は「キッチンリフォームの失敗例12パターンと対策の全ポイント」も参考にするとよいでしょう。手間を掛けた分の効果は必ずあると思います。

 

リフォームコンシェルジュがあなたの価値観に合った
ピッタリのリフォーム会社を選びます!

10の質問に答えるだけ!

コンシェルジュに相談する

ぜひ、私たちにお任せください!

ページ先頭へ