「窓」で生活が劇的に変わる!プロが教える最良の窓交換はコレ

窓の交換をお考えの方は、窓にこのような悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

  • 窓が薄くて家の中が寒い
  • 空き巣に入られるのが心配
  • 災害時に窓が割れるのが怖い
  • 外から室内が丸見え
  • 外の騒音や音漏れが気になる
  • 紫外線や日差しが気になる

ひと昔前と比べて最近の窓は性能が格段に良くなっており、このような窓の不安要素を打破する性能の窓が次々と出てきています。

どの窓を選べばいいのか?と迷った時は、窓を交換する目的を考えると自分にあった窓を選ぶことができます。

ここでは、目的別の窓の種類や、窓交換にかかる費用、窓の交換は誰に頼めばいいのかを解説します。

窓の交換をする際に知っておきたい情報が詰まっていますので、是非ご覧下さい。

1.【目的別】窓の交換で選ぶべき窓はこれだ!

窓の交換をしようと思っているけど、どんな窓にしたらいいか分からない・・・

そんな方のために、窓交換の目的に合わせ、どんな窓がいいのか解説します。

1-1.断熱|冬は暖かく夏は涼しい窓

断熱性を上げるための窓の交換であれば、「サッシ(窓枠)を樹脂」、「ガラスをLow-E複層ガラス」にしましょう。

日本で馴染みのあるアルミのサッシは熱を通しやすいため、外の気温に大きく影響を受けてしまいます。樹脂サッシにすることで熱を伝えにくくできます。

また、古いタイプの窓は単板ガラスと呼ばれる1枚ガラスです。これをペアガラス(2枚)やトリプルガラス(3枚)と複層にすることで、ガラスとガラスの間に空気層を作り、保温・保冷効果を高めることができます。

断熱・遮熱窓の効果

  • 夏の室内の気温上昇が抑えられ熱中症のリスクが減る
  • 冬の室内の温度差が少なくなるため心肺停止リスクが減る
  • 結露しにくいため掃除がラク
  • エアコンの効きがよくなり光熱費が減る

代表的な商品

【Low-E複層ガラス+樹脂サッシ】
YKKAP:APW 330
LIXIL:エルスターS
三協アルミ:樹脂窓 スマージュ/トリプルスマージュ 
エクセルシャノン:シャノンウインドIIs

【トリプルガラス+樹脂サッシ】
YKKAP:APW 430
LIXIL:エルスターX
エクセルシャノン:シャノンウインドUFシリーズ

【Low-E複層ガラス+樹脂アルミ複合サッシ】(価格を抑えたい場合)
LIXIL:サーモス
YKKAP:エピソード

その他の断熱対策

  • 小さい「引き違い窓」や「上げ下げ窓」などスライドさせて開閉するタイプの窓であれば、外側に向かって開く「滑り出し窓」にすることによって密閉性が上がる
  • 内窓の設置もガラスやサッシを二重にするのでおすすめ

結論

  • サッシは樹脂、ガラスはLow-E複層ガラスにする
  • 内窓の設置も効果あり
  • 小さい窓であれば、「引き違い窓」を「滑り出し窓」にするのも断熱効果を高める方法

※Low-E複層ガラスとは?

 Low-Eとは「低放射」という意味で、Low-E複層ガラスは薄い金属膜でガラスをコーティングすることで、日射熱を室内に伝えにくくし、室内の暖房の熱も外に伝えず、夏場も冬場も室内を快適に保つことができます。

(補足)窓の断熱リフォームは補助金もチェックしよう

窓の断熱化は、空調を効きやすくしエネルギー消費を少なくするため、国や自治体から推奨されるリフォームです。

そのため、補助金や助成金がでる場合があります。

お住まいの市区町村のホームページや役所で確認してみましょう。

1-2.結露防止|掃除を楽にする窓

結露防止のための窓交換であれば、断熱性のある窓を選びましょう。

結露は特に冬場、外の冷気が暖まった部屋の中に伝わることで起きますが、断熱ができていれば熱が伝わることなく結露を防止できます。

結露防止窓(断熱窓)の効果

  • 結露しにくいため掃除がラク
  • 夏の室内の気温上昇が抑えられ熱中症のリスクが減る
  • 冬の室内の温度差が少なくなるため心肺停止リスクが減る
  • エアコンの効きがよくなり光熱費が減る

代表的な商品

【Low-E複層ガラス+樹脂サッシ】

YKKAP:APW 330
LIXIL:エルスターS
三協アルミ:樹脂窓 スマージュ/トリプルスマージュ
エクセルシャノン:シャノンウインドIIs

【トリプルガラス+樹脂サッシ】

YKKAP:APW 430
LIXIL:エルスターX
エクセルシャノン:シャノンウインドUFシリーズ

結論

  • 結露を防ぐには、熱を伝えない断熱窓にする
  • サッシは樹脂、ガラスはLow-E複層ガラスかトリプルガラスがおすすめ
  • 内窓の設置も効果あり

1-3.防犯|侵入されにくい窓

防犯のための窓交換であれば、防犯ガラスの窓を選びましょう。

防犯ガラスとは、2枚のガラスの間にフィルムがあるガラスで、このフィルムが窓を非常に強度で割れにくくします。

ガラス破りの犯人が侵入に5分以上かかると7割が侵入をあきらめるというデータ(引用元:警視庁・住まいる防犯110番)も取られており、「割るのに時間がかかる窓」は防犯に有効な方法だと言えます。

防犯窓の効果

  • 強風時の飛来物も安心
  • 割れてもガラス破片が飛散しにくく震災時も安心
  • フィルムが紫外線もカット
  • 防音タイプもある

代表的な商品

YKKAP:防災安全複層ガラス
LIXIL:Low-E複層ガラス(追加機能:防犯合わせ)

防犯ガラスの注意点

ただ、割りにくいガラスは震災時に窓枠が歪み窓が開かない時、脱出できなくなる可能性があります。

この懸念点に対する対策は2つあります。

・窓枠を耐震補強の窓枠にし歪みを防止する

・すべての窓を防犯ガラスにせず脱出経路を確保しておく

その他の窓防犯対策

  • 鍵にロック機能を付ける
  • 既存の窓に防犯フィルムを貼るという選択肢も

結論

  • 防犯対策は防犯ガラスに交換
  • 防犯のみの目的なら、防犯フィルムにする方法もある。
  • 防犯ガラスは非常時、割れないというデメリットも。

1-4.プライバシー保護|外からの目線シャットアウトする窓

外からの視線をカットしたい場合、選ぶべき窓は以下の3種類あります。

  • すりガラス

窓ガラスをすりガラスや、すりガラスに化学処理を施したフロストガラスなどにすることで目線カットできます。窓の交換時にガラスタイプを選べる場合が多いです。

  • 乳白色のフィルムを使用した防犯ガラスの窓

特に防犯性能を向上させたい場合は乳白タイプの防犯ガラスがおすすめです。他にも紫外線をほぼ完全にカット、割れても飛散しにくい等のメリットもあります。ただ防犯ガラスなので非常時に割れないという注意点もあります。

  • ブラインドインガラス窓

ペアガラスの間にブラインドが挟まったブラインドインガラス窓は、視線カットや採光カットしたい時はブラインドを閉め、光を採りたい時はブラインドを開けることができます。

代表的な商品

YKK:防災安全複層ガラス(乳白タイプ)
LIXIL:Low-E複層ガラス(追加機能:防犯乳白合わせガラス)
LIXIL:Low-E複層ガラス(追加機能:フロスト・型板)
LIXIL:ブラインドイン複層ガラス

その他の目線カットの方法

  • 目隠しフィルムを既存の窓に貼る。

結論

目的に合わせ、どのタイプのガラスにするか判断しましょう。

  • 窓の機能性を上げながら目隠しもしたい ⇒目隠し機能付き複層ガラスに交換
  • 特に防犯面で性能向上したい ⇒乳白タイプの防犯ガラスに交換
  • 視線や採光を自分で調整したい ⇒ブラインドイン複層ガラスに交換
  • 視線カットのみが目的 ⇒目隠しフィルム

1-5.日差し・紫外線が気になる|遮熱・紫外線カットの窓

紫外線カットのための窓交換であれば、Low-E複層ガラス防犯ガラスにしましょう。

遮熱とは太陽光を反射させ、強い日差しによる熱を遮断します。

各メーカーが公表している紫外線カット率によると、Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)は7割以上の紫外線カット効果があります。

99%以上の紫外線カットであれば、ガラスの間に特殊なフィルムを挟み、割れにくくした防犯ガラスで実現できます。

直接日差しもカットできるブラインドインタイプの複層ガラスもおすすめです。

紫外線カット窓の効果

  • 紫外線による肌への負担等、健康被害を減少
  • 家具や畳の日焼けや色あせを防止
  • 強い日差しによる部屋の温度上昇を防ぐ
  • 家の断熱性能も高めてくれる
  • 割れてもガラスが飛散しにくく安心(防犯ガラスの場合)

代表的な商品

【紫外線99%カット】
YKK:防災安全複層ガラス
LIXIL:Low-E複層ガラス(追加機能:防犯合わせ)

【紫外線約9割カット】
LIXIL:トリプルガラス グリーン×グリーン

【紫外線約7割カット】
YKK:Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)

【ブラインドで日差しも完全カット】
LIXIL:ブラインドイン複層ガラス(Low-E追加設定可能)

その他の窓の紫外線カット対策

  • 紫外線カットフィルムを貼る

結論

目的に合わせ、どのタイプのガラスにするか判断しましょう。

  • 紫外線は完全にカットしたい ⇒防犯ガラス窓に交換
  • 窓の機能性を上げながらある程度の紫外線カットもしたい ⇒Low-E複層ガラスに交換
  • 直接日差しもカットしたい ⇒ブラインドイン複層ガラスに交換
  • 紫外線カットのみしたい ⇒紫外線カットフォルムを貼る

1-6.防音・遮音|外に音が漏れない・騒音が聞こえない窓

防音・遮音のための窓交換であれば、以下の3種類の窓のいずれかを選びましょう。

  • 防音ガラスの窓

2枚のガラスを合わせ、その間に防音効果のある特殊フィルムを挟んだ合わせガラスです。

防音窓は、この合わせガラスにさらに1枚ガラスを追加した複層ガラスとなっていることが多いです。

  • 異厚複層ガラスの窓

異なる厚さのガラスを組み合わせたガラスです。

普通のペアガラスは同じ厚みのガラスの間に空気の層があります。音はこの間の空気を振動させ共鳴現象を起こします。

異厚複層ガラスは2枚のガラスの厚みを変えることで、この共鳴現象を起こしにくくし防音効果を発揮します。

  • 真空ガラスの窓

2枚のガラスの間を真空にしたガラスです。

音は空気を振動させて伝わるため、真空によって音の伝達を防止できます。

防音・遮音窓の効果

  • 複層ガラスのため断熱や結露防止もできる
  • 紫外線を99%以上カットできる(防音ガラス、真空ガラスの場合)

注意点

ガラスを防音効果のあるものにしても、サッシ(窓枠)が古いままだと効果が期待できません。

防音性のある窓にするには、とにかく「隙間をつくらないこと」が大事です。ガラスとサッシはピタっと密着している必要があるため、サッシも一緒に交換しましょう。

代表的な商品

YKKAP:防災安全複層ガラス(防音タイプ)
YKKAP:異厚複層ガラス
日本硝子:合わせ真空ガラス スペーシア静

その他の窓の防音対策

内窓を設置し2重サッシにすることもおすすめです。

結論

  • 防音窓は「厚みを出す」、「隙間をつくらない」のがポイント
  • 防音効果のあるガラスは3種類
  • サッシも新しいものに交換
  • 内窓の設置もおすすめ

1-7.地震対策|割れにくい・尖った破片にならない窓

震災時の振動で窓ガラスが割れるのが怖い、という方は、「強化ガラス」か「防災(防犯)ガラス」の窓を選びましょう。

  • 強化ガラス

高温で加熱したガラスを急激に冷やすことで表面の強度を高めたガラスです。

地震の衝撃に強く、万が一割れても破片は鋭利にならないため、体に降りかかっても安心です。

  • 防災(防犯)ガラス

2枚のガラスの間にフィルムを挟み込んだ合わせガラスです。

防犯対策としても使われるガラスなので割れにくいという性質があります。

強化ガラスは1点集中の衝撃には弱いのに対し、防災(防犯)ガラスは衝撃があってもなかなか破損しません。ヒビが入っても破片が飛散しにくいため安心です。

代表的な商品

YKKAP:強化複層ガラス
YKKAP:防災安全複層ガラス

その他窓の地震対策

  • ガラス飛散防止フィルムを貼る

結論

  • 地震対策のみの目的⇒強化ガラスの窓に交換
  • 同時に防犯対策やUVカットもしたい⇒防災(防犯)ガラスの窓に交換

1-8.台風対策|暴風暴雨に強い窓

台風による窓ガラスの破損が心配な方は、強い風圧にも耐えられ、雨が浸入しない窓を選びましょう。

注意

台風対策で一番効果的なのは、窓をむき出しにしないことです。大きい窓であれば、シャッターを取り付けることをおすすめします。

代表的な商品

LIIXL:ALGEO
YKKAP:エピソードⅡ NEO-R

結論

  • 窓の台風対策は、風圧に強く、雨が侵入しない窓を選ぶ
  • 大きい窓はシャッターを取り付ける

1-9.防火|防火ガラスの窓

国に防火地域や準防火地域に指定されたエリアの建物は、窓ガラスを「防火ガラス」にする必要があります。

防火ガラスとは、網入りの鉄ワイヤーが入っているガラスです。火災時、このワイヤーがあることによりガラスが割れても崩れ落ちず、火の拡大を防ぐことができます。

最近では網なしの防火ガラスも出てきています。


(防火ガラス)

代表的な商品

LIXIL:防火戸FG-H
YKKAP:APW 330 防火窓
YKKAP:防火窓G シリーズ(網なし)
エクセルシャノン:樹脂製防火窓
三協アルミ:防火窓 ALGEO(アルジオ)

結論

  • 防火ガラスの窓にする

1-10.風通しを良くしたい|風を入れ込む窓

風通しをよくするための窓交換であれば、窓の種類を変更することで風を取り込むことができます。

既存の窓が横にスライドする「引き違い窓」や上下にスライドする「上げ下げ窓」、開かない「FIX窓」であれば、外に向かって押し出して開閉する「縦滑り出し窓」に変更しましょう。


(縦滑り出し窓)
引用:YKKAP

縦滑り出し窓の効果

  • 風をキャッチし取り込む
  • 隙間がないため断熱性が高い
  • 窓が重ならないため外側も掃除しやすい

結論

  • 現在の窓を「縦滑り出し窓」にする

1-11. 転落防止|開きにくい窓

子どもが転落するのが心配という方は、完全に開き切らない「内倒し窓」に交換するという方法があります。


(内倒し窓)

その他の対策

窓の開閉を制限するストッパーを取り付ける

代表的な商品

結論

  • 「内倒し窓」など完全に開ききらない窓にする

2.窓の交換にかかる費用を解説

窓の交換にかかる費用は、ガラスの種類や窓の大きさによって変わります。

以下はカバー工法(工法については「3.」で解説)で交換した場合の費用相場です。

  • トイレや廊下の小窓(70cm×90cm)

普通のペアガラス:10~12万円/箇所

高性能ガラス:15~18万円/箇所

 

  • 高さの低い腰高窓(120cm×170cm)

普通のペアガラス:15~18万円/箇所

高性能ガラス:20~23万円/箇所

 

  • ベランダや庭に出る掃き出し窓(180cm×170cm)

普通のペアガラス:25~28万円/箇所

高性能ガラス:30~35万円/箇所

 

注意

サッシをオール樹脂(内側も外側も樹脂)にしたい場合はカバー工法ではできないため、外壁を壊してサッシごと交換する方法になり、工事費だけで20~30万円かかります。

金額的にもあまり現実的でないため、既存の窓はそのまま、内側にもう一枚窓を取り付ける方法(内窓、二重窓と呼ばれる)で対応することが多いです。内窓の設置費用の相場は6~12万円です。

3.窓の交換方法3種類|カバー工法が主流

窓の交換方法は3種類です。

3-1.基本的にはカバー工法で交換

カバー工法とは、既存サッシ(窓枠)の上から新しいサッシを被せる方法です。

従来は、既存サッシを取り外してから新しいサッシを取り付ける方法だったため、窓周りの外壁の補修が伴い比較的大がかりな作業でした。

現在はこのカバー工法が主流となり、工事の時間も大幅に短縮され、半日で終わります。室内からの施工も可能なため、高い場所でも足場を組む必要がありません。

デメリットは、新しいサッシを被せるためサッシの面積が大きく、ガラス部分の面積が小さくなり、窓全体が小さく見えるようになってしまうことです。

また、庭に出られる掃き出し窓の場合、段差ができてしまうので注意が必要です。

以下の動画はカバー工法が分かりやすく解説されています。

3-2.ガラスのみ交換も可能

ガラスだけの交換もできます。

ただ、現在の窓が一枚ガラスの場合、複層ガラスに変えるにはサッシの幅が合わないため、その場合はガラスのみの交換はできません。

ガラスの交換は、ドライバーで比較的簡単に取り外し、交換できるのでDIYでも挑戦ができる方法です。

3-3.壁を壊してサッシごと交換が必要な場合も

以下のような場合は、サッシ(枠部分)も丸ごと取り替える方法になります。

  • ガラス部分の面積を小さくしたくない時
  • 掃き出し窓の場合、若干の段差も生みたくない時
  • 雨戸付きの窓など、場合によってカバー工法が使えない時
  • オール樹脂サッシに交換したい時(内窓の設置もできない場合)

サッシごと窓を交換するとなると、窓周りの壁を壊し補修をするという作業が必要になるため、工事費だけで20~30万円程かかってしまいます。

大工工事を伴うため、日数がかかったり騒音があるため通常はあまり使わない方法です。

4.窓の交換、どの業者に依頼すべき?DIYは可能?

窓の交換は誰に頼めばいいの?DIYは可能?という疑問にお答えします。

4-1.万能なリフォーム会社・工務店

窓の交換は、前章でお伝えしたとおり方法がいくつかあります。

一般的なカバー工法であればサッシ屋でも対応ができますが、カバー工法が使えない場合、外壁まで触る大工仕事を伴うため、リフォーム会社や工務店に依頼する必要があります。

カバー工法でできるかどうかは、実際に現地調査で判断してもらう必要があるため、最初からリフォーム会社か工務店に依頼するのがよいでしょう。

4-2.カバー工法であればサッシ屋、DIYでも可能

既存のサッシはそのままで、新しいサッシを被せるカバー工法であれば、サッシ屋で対応できます。

また、サイズを測って窓を注文し、DIYで行うことも可能です。ただし、窓は少しでも隙間があると性能が損なわれ、せっかく性能の良い窓でも意味がなくなってしまいます。家の性能を高めるのも下げるのも「窓」ですので、業者に依頼するのが確実です。

4-3.ガラスの修理交換はガラス修理業者

ガラスが割れた等、早急な修理が必要な場合は、ガラス修理を専門にしている修理業者に依頼しましょう。

スピード重視で対応しており、費用や専門性の観点でもおすすめです。

5.まとめ

目的にあった窓が見つかりましたでしょうか。

窓は採光や景観のために必要なものですが、家の断熱性を下げたり、侵入されやすかったり、割れた時に危険だったり、さまざまな課題がありました。

しかし最近はその課題のほとんどが解決できます。

窓は住宅性能を高める、非常に重要な部分ですので、少し高くてもいいものを選ぶことをおすすめします。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。