施工管理アプリ厳選10個を徹底比較|自社に最適なアプリが分かる

施工管理アプリとは、クラウド上で案件データを管理し、スマホやタブレットで「いつ、どこでも」、「関係者全員が」案件情報や現場状況を共有できるよう開発されたツールです。

施工管理アプリでできることは以下の8点です。

  • スマホやタブレットで撮った写真をその場でアップできるため、後でPCに取り込んで整理して・・・というデスクワークの手間が省ける。
  • リアルタイムで現場の状況が確認できるため、現場に行く回数も減る。
  • 社内の人間だけでなく、外部の職人や業者など、関係者全員が同じ情報を共有できる。
  • 全員が同じ情報を共有することで、わざわざ仕様変更の連絡を関係者全員にする必要はなく、伝達漏れが防げる。
  • 電話口で伝えると曖昧だった内容が、アプリ内で写真や図面付きで伝えることができ、認識のズレがなくなる。
  • 業務効率が上がることで人手不足が解消。
  • 労働環境の改善により採用もしやすくなる
  • 情報が一つにまとめられるので必要な情報が一瞬で得られる

このようなことがたった一つのアプリで実現できたら、使ってみたいと思いませんか?

この記事では、おすすめの施工管理アプリ10種類と、あなたの会社に最適なアプリの選び方をご紹介します。

ここで紹介する施工管理アプリは、リフォーム会社、工務店、中小建設会社に特化した施工管理アプリです。大規模建設現場に特化した施工管理アプリはご紹介しておりませんので、ご了承下さい。

あなたの会社に必要なアプリが見つかるはずですので、是非ご一読ください。


1. 施工管理アプリ厳選おすすめ10選

おすすめ施工管理アプリを10種類ご紹介します。

    1. クラフタ(完全無料で使いやすさNo.1)
    2. SITE(3つの機能でシンプル)
    3. 現場Plus(月額1万円/60人でコスパ重視)
    4. KANNA(建設業、製造業で幅広く利用)
    5. 現場ポケット(塗装業で人気
    6. ANDPAD(製造業からゼネコンまで幅広く利用者数No.1)
    7. ダンドリワーク(業界出身者がフォロー)
    8. Kizuku(トークとスケジュール管理が簡単)
    9. CAREECON For WORK施工管理(資料管理に特化