リフォームガイドの紹介で工事費の30万円引き下げに成功しました

今回お邪魔したのは、京都市のO様の自宅兼会社です。住宅設備機器や上下水道配管資材の販売の拠点となってきた一部4階建ての建物も、築後30年を経て、外壁にクラックが入り汚れも目立つようになったので、リフォームに踏み切られたとのこと。

リフォームガイドからの紹介でコストダウンできたというO様にインタビューしてきました。


リフォームのきっかけを教えてください

建ててから30年間、外壁は一度も手入れしていなかったので、以前から補修が必要だと思ってはいたのですが、なかなかタイミングが合わなかったのです。とはいえ、幹線道路に面しているため、排気ガスで外壁のタイルがくすみ、モルタル部分も塗装が一部はげ、ひび割れが目立つようになったので、さすがに放置できなくて、踏み切りました。

併せて、屋上もやってもらいました。こちらは10年ほど前に補修したのですが、コンクリートむき出しだったうえ、ゴム目地がはがれて水が浸透するようになっていたので、全面的に塗装してもらいました。


業者を決められたポイントはどこにありましたか?

私も住宅設備などを扱っている仕事がら、新聞広告を頻繁に打っているような業者が後からいろいろ理屈をつけて請求してくるケースや、水道のトラブルで法外な請求を突き付けてくる業者も知っていましたので、やはり工事費は強く意識しました。

当初見積もりを頼んだ業者は280万円の見積もりを出してきました。民家なら安いものだなと思ったのですが、リフォームガイドにもう少し安くなるかと相談したら、紹介してくれた業者は250万円だったうえ、対応も丁寧で、ここなら安心して任せられると判断しました。