リフォームガイドで末永くお付合いしたいと思える会社が見つかりました

今回は、横浜市のA様のお宅へお邪魔しました。おしゃれなレンガ造りのお家も建ててから早17年。お母様との同居を検討したことをきっかけに、リフォームを検討されたとのこと。

当初ご希望された全面リフォームではなく、外壁の一部と屋根の塗装に留まりましたが、今後も末永くお付き合いしたい業者さんと出会えたことに喜んでいただけたA様にインタビューしてきました。


リフォームのきっかけは?

父が亡くなって、母との同居の検討した際、どうせなら全面的なリフォームをしてはどうか、というのがリフォームを考え始めたきっかけでした。

また、もともとこの家を建ててくれたハウスメーカーは「建ててから10年後もアフターメンテはお任せください」と言っていたにもかかわらず、ドロン(倒産?)してしまったので、どのみち築17年で今後色々直さなきゃいけないところも出てくるだろうし、近くの会社で、末永く付き合える会社を見つけたいとも思っていました。


リフォームガイドを知ったきっかけは?

やはりこのご時世、まずはネットで情報収集してみようと色々探していたところ、大手の紹介サイトとリフォームガイドに登録してみることにしました。

リフォームガイドは、ネットの記事に「リフォーム会社の選び方」みたいなものが書いていたので、ちゃんとした会社なのかなという印象を持てました。


どのようにリフォーム会社を決めたのか?

リフォームガイドからは3社紹介していただきました。その3社ともについて、事前にホームページなどをしっかり見てから現地調査に来てもらいました。

3社中一社は価格的に合わなかったのでお断りさせていただき、残りの2社でどちらにするか、主人と色々話し合いました。

そして、そのうちの1社は、関東でも何店舗も支店を展開しているリフォーム会社で、営業の人も物腰柔らかでいい印象でしたが、最終的には、地元の工務店さんのF社に決めました。

F社は、家からも車で20分ほどと近く、社長自ら、何度も足しげく通ってくれました。見積りは、他社より少し高かったのですが、主人と各社の見積りを精査したところ、いい部材を選んで使ってくれているのが分かりました。

結局は、全面リフォームではなく、屋根と外壁の一部の塗装に落ち着いたのですが、他社からは重ね葺き(もともとの屋根瓦の上に新しい屋根瓦を葺く工法)を提案されていたのですが、「将来的にこの家をどのようにしたいのか(住み続けるのか、売ってしまうのか、など)」という点で色々とアドバイスいただき、今回は塗装にしました。そういったお客さんの立場で考えて、親身になれる姿勢をF社に感じたので今回依頼することにしました。


実際に施工してどうでしたか?

F社は、若い人が結構来てくれました。礼儀もよく、挨拶も欠かしませんでした。途中、台風が来て、アンテナが外れたこともありましたが、F社に言うとすぐに来てくれて気良く対応してもらえました。

そういったこともあって、やっぱり近くで色々融通聞いてくれそうなF社を選んでよかったなと思いました。


リフォームされての感想をお願いします。