2社の工事内容と見積額を比較。20万円も差があって驚きました

築16年の一戸建てを購入された東京都練馬区のHさん。リフォームされていない物件だったため、汚れが目立っていたトイレを丸ごときれいにすることに。気になっていた製品に便器を取り換え、壁紙、ペーパーホルダー、タオルハンガーはご自身で取り寄せ、リフォーム会社に施工してもらったそうです。

今回、あらかじめ取り付けたい便器が決まっていましたが、配管に関する見解がリフォーム会社ごとに異なり、それによって見積金額も20万円ほど差があったそうです。
どのようにリフォームを成功させたのか、リフォーム会社とのやり取りも合わせてうかがいました。

リフォームのきっかけ

なぜ今回リフォームを考えられたのでしょうか
中古物件を購入したのですが、やはりトイレが気になってしまって…

一昨年に築16年の中古物件を購入しましたが、リフォームされていない物件だったこともあり、とくにトイレが気になりました。便器と床が接している部分や水の受け皿のところも汚れなどが目につきました。

また、我が家は3階建てですが、1階に手を洗える場所がなかったので、外にゴミ捨てに出た後に、すぐに手を洗える場所がほしいと考えていました。ただし、独立した洗面台を設置するほどの広さがトイレ内になかったため、便器の洗浄をしなくても、ボタン一つで手が洗えるタイプのトイレへと変更を希望しました。


リフォームガイドを選んだポイント

リフォームガイドを利用した理由を教えてください
個人で頼むよりも、リフォームガイドさんに間に入っていただいたほうが、スムーズに話が進むと思いました

リフォームガイドさんはネットで「リフォーム トイレ 練馬区」と検索して見つけました。

実は以前、個人でリフォーム会社を探して玄関のリフォームをしようとした際、現地調査の後に連絡が途絶えてしまったことがあったのです。そのような経験から、個人でやり取りをするよりも、1社挟んだほうが良いと思って、リフォームガイドさんにお願いすることにしました。

今回は、余計なストレスなくお話が進んで良かったです。