ツーバイフォー工法の家はリフォーム可能!できる工事を徹底解説

ツーバイフォー工法

一般的にリフォームは難しいといわれるツーバイフォー工法の家ですが、リフォームすることは可能です

ただし、ツーバイフォー工法を熟知している工務店でないと、断られてしまうことも多々あります。

引き受けてくれたとしても、ツーバイフォー工法をよく知っていないとリフォームを任せるのは危険ですので、「どの会社に工事を依頼するか」が非常に重要になります。

こちらの記事では、ツーバイフォー工法の家のリフォームを成功させるために最も大事なポイントや、ルールに基づくできる工事/できない工事について詳しく解説していきます。

最後までじっくり読むことで、ご自身の希望する工事ができるかどうか・費用はどれくらいかかるのかなどがわかるほか、迷いなくリフォーム会社に見積もり依頼することができるはずです。

ぜひ参考にしてください。


1.【最重要】ツーバイフォーのリフォームは業者選びが成功のカギ

ツーバイフォー工法の家のリフォームを検討している場合は、必ずツーバイフォー工法の家のリフォームの経験がある会社に依頼するようにしましょう。

2章以降で解説しますが、ツーバイフォー工法には独自のルールがあり、ルールに則ってリフォームを進める必要があるからです。

ツーバイフォーについて知識のないリフォーム会社に工事を依頼し、ルールに反した方法で工事をしてしまうと、耐震性が下がり、建物の倒壊にも繋がります。

リフォーム会社はご自身でも探すことができますが、ツーバイフォーのリフォームが可能な会社は非常に限られるほか、ツーバイフォーのリフォームができるかどうかは直接会社に連絡しないとわからない場合がほとんどです。また、全てのリフォーム会社が優良な会社であるかどうかは分かりません。

そこで、効率的にリフォーム会社を探すためにリフォーム会社紹介サイトへの登録をおすすめします。

リフォーム会社紹介サイトでは、全国のリフォーム会社の中からお客様に合ったリフォーム会社がご紹介可能です。

リフォームガイド」では、ツーバイフォーのリフォームが可能な会社をあらかじめ選定しているほか、ご紹介するのは厳しい審査をクリアした会社に限られるため、安心してリフォームを進めることができます。

リフォームガイドへの利用・見積もり依頼は無料で可能ですので、お気軽にご登録ください。


2.ツーバイフォー工法の家のリフォームでできる工事/できない工事

1章でも解説した通り、ツーバイフォーには様々なルールがあり、「リフォームはできない・難しい」というイメージを持たれることが多いですが、ルールの範囲内であれば様々な工事が可能です。

ここでは、できないと思われがちな以下の4点のリフォームについて、可能な工事/不可能な工事をご紹介します。

  • 間取り変更
  • ドア・窓等開口部の変更
  • 増築
  • 耐力壁の移動

ご自身の希望するリフォームが可能かどうか判断するために、ぜひ参考にしてください。

2-1.間取り変更リフォームは2つのルールを守れば可能

ツーバイフォー工法の家でも、間取り変更のリフォームは可能です。

ただし、間取りに関してツーバイフォー独自のルールが2点ありますので、規定を超えない範囲でリフォームをする必要があります。

ルール① 1区画の四角形の間取りの広さは、40平米以内

1区画の四角形の間取りの広さは、40平米以内 Ok

1区画の四角形の間取りの広さは、40平米以内 NG

間仕切りを撤去して大きな部屋を作りたい場合は、建物の平面は原則四角形を組み合わせて作ります。また、1区画の四角形の間取りの広さは40平米(24