【成功事例14選】マンションリノベーションの間取り変更|注意点も解説

マンションリノベ

今住んでいるマンションや住み替えによる間取り変更リノベーションを検討するときには、漠然と考えていてはなかなか形になりません。壁紙や床材は、あとからでも変更できますが、一度間取りを変更するとやり直すことは難しいので、慎重に考えたいですよね。

そんなときには、すでにリノベーションした人たちの事例を見るのがおすすめです。目的ごとに考え抜かれた間取りを見ることで、自分たちにあった間取りのヒントがみつかりますよ。

今回は、マンションの間取り変更リノベーションの成功事例をご紹介します。間取りを変更するときの注意点リノベーションを依頼する業者の選び方もあわせて解説しますので、ぜひご参考にしてください。


1.事例から読み解く!マンションリノベーションでおすすめの間取り変更

マンションリノベーションを検討するときには、目的にあわせて間取りを考えるのがおすすめです。今回は、マンションでの10個の目的別に間取り変更リノベーションの事例を紹介します。間取りを検討する際の、ご参考にしてください。

1-1.一部屋無くし、リビングを広くする間取り変更

「和室は使わない」「子どもが独立した」などの理由で、リビングの横にある部屋との間仕切りを撤去し、リビングを広くする間取り変更は、マンションでは比較的よく行われるリノベーションです。リビングを広くする間取り変更の事例を2つ紹介します。

【事例1】和室を取り込み広々リビングへ!配置する家具にあわせてコーディネート

リビングを広くした事例のビフォーアフター

▼間取り図before

リビングを広くした事例の間取り図ビフォー

▼間取り図after

リビングを広くした事例の間取り図アフター

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/340

・間取り:3LDK→2LDK
・リフォーム面積:38.3㎡

20年前に新築で購入したマンションを、模様替えするのにあわせて使い勝手の向上を目指しリノベーションを実施。仕切り壁で独立していた和室を取り込む形で、広々としたLDを実現しました。リノベーション後に配置する家具にあわせ、仕上げ材をコーディネートすることで、一体感のある仕上がりになっています。

【事例2】和室の段差もあわせて撤去!一人暮らしでも安心な広々としたバリアフリーリビングへ