実際の声からわかる二世帯住宅のメリットとデメリットを徹底解説!!

二世帯住宅のメリット・デメリットを徹底解説

「二世帯住宅にするメリットって、なに?」
「二世帯住宅って、いろいろ不便なことが多そう。」
このように考えている方も多いことでしょう。

この記事では、実際に二世帯住宅にした人の声もご紹介しながら、二世帯住宅のメリットとデメリットをご説明します。
二世帯住宅をお考えの方はぜひ参考にしてください。


1.実際に二世帯住宅にした人が語る!二世帯住宅のメリット

この章では、実際に二世帯住宅にした人が語る二世帯住宅のメリットをご紹介します。親世帯、子世帯それぞれに分けて掲載するので、二世帯住宅を検討する際の参考にしてください。

1-1.親世帯が語る二世帯住宅のメリット

親世帯が語る二世帯住宅のメリット

親世帯の多くが二世帯住宅のメリットとして挙げたのは、「家に誰かがいるという安心感が得られる」ということでした。

そのほか、子や孫との交流がある点もよかったと感じる親世帯が多いようです。

実際の声

  • 旅行などで家を空けるときに雨戸の開け閉め等をお願いすることができる。また、気分的に安心していられる。
  • 孫の誕生会やリビングに孫といっしょにいるときに孫とゲームなどをして遊ぶことができ、孫と交流することができるのが良い。
  • 子世帯が話し相手や相談相手になってくれて助かる。

1-2.子世帯が語る二世帯住宅のメリット

子世帯が語る二世帯住宅のメリット

二世帯住宅のメリットとして、子世帯からは「いざという時に子供の面倒を頼むことができる」という声が多く寄せられました。

また、経済的な面をメリットとして挙げる声もありました。

実際の声

  • 共働きをしていて子どもが保育園通いなので、ちょっとした発熱で保育園を休む場合も義母に頼むことができ、自分は仕事を休まなくてよくなった。
  • 共働きのため、食事等を親世帯が準備してくれていることがとても助かっている。
  • 子世代だけだったらなかなか一戸建て(かつ新築)は難しかったが、二世帯にすることによって建てることができた。

2.意外と知らない二世帯住宅にするメリット

意外と知らない二世帯住宅にするメリット

この章では、あまり知られていない二世帯住宅にするメリットもご紹介します。

2-1.相続時に相続税を減らすことができることもある

二世帯住宅は、相続時に大きな経済的メリットがあります。

二世帯住宅には、土地の評価額を抑えて相続税を軽減できる「小規模宅地等の特例」が適用されます。

被相続人が居住する被相続人名義の自宅は、遺産分割の確定後に同居する子が相続し、かつ相続税の申告期限までに居住と所有を継続すると申告できれば、この特例が適用され、評価額を最大80%減額することができます。

2-2.エネルギー消費量を削減できる

2つの世帯が別々に暮らしていた場合と二世帯住宅で一緒に暮らす場合を比較すると、後者のほうが建物が一つになって効率化できるため、エネルギー消費量が少ないです。

リビングは親世帯と子世帯で別々でも玄関や浴室を共用したり、サブキッチンなど世帯別の空間を設けてあっても食事の時間を共有したりなど、二世帯で暮らしを共にする機会が増えれば増えるほどエネルギー消費量を抑えることができます。

2-3.二世帯住宅にリフォ―ムすると税金の軽減が期待できる

中古住宅を購入して二世帯住宅へとリフォ―ムする際には、不動産取得税がかかります。

不動産取得税は通常、50㎡以上240㎡以下の床面積で居宅要件を満たす場合に1世帯当たりの住宅価格から1,200万円が控除されます。しかし二世帯住宅なら控除額が2,400万円と倍になり、お得です。

また、土地の固定資産税にもメリットがあります。

通常、1世帯当たりの土地は以下の2つの区分に分けられます。

  • 200㎡まで:課税標準額が「評価額×1/6」の「小規模住宅用地」
  • 200㎡以上:課税標準額が「評価額×1/3」の「一般住宅用地」

2世帯住宅の場合、400㎡までなら「小規模住宅用地」となり、固定資産税が低く抑えられます。

ただし、親世帯と子世帯で独立が認められなければこれらの軽減措置は適用されないため、注意が必要です。

また、軽減措置を適用する要件は自治体によって多少異なるため、必ず各市町村のホームページで確認をしましょう。