データで見る戸建ての
全面リフォームの
費用と相場

平均費用

727.8 万円

相場

540.1 万円 ~ 1080 万円

全面リフォームの費用と相場

全面リフォームの価格分布

そろそろ全面のリフォームをしようと考えてはいるものの、どの程度の費用がかかるのか不安に思っていたりしませんか?
もしくは、見積もりを取ってみたものの、金額が妥当なのかどうか判断にまよってはいませんか?

1.戸建ての全面リフォームにかかる一般的な費用について

なぜリフォーム費用に差があるか、実例を見ていきましょう。安く抑えるなら・・・700万円から、良いものにするなら・・・1500万円から

「戸建ての全面リフォームの費用はどの程度ですか?」非常によく聞かれる質問ですが、それに対する答えは「安く抑えるならば700万くらいから、少し良いものにする場合は1500万円くらい」という回答になります。

戸建ての全面リフォームの場合、既存の骨組みを使って全面リフォ―ムするのか、それとも骨組みを解体して一から作り直す全面リフォ―ムかによって費用は変化していきます。

さらに、そのリフォームに耐震リフォームや介護リフォームなど専門性が求められるリフォームが加わるとさらに費用がかかってきます。
それでは、実際にどれくらい費用がかかるものか次の章でご説明いたします。

2.事例でわかる戸建ての全面リフォームの費用

今までグラフにて説明してきましたが、具体的にどんなリフォームにどれくらい費用がかかるかはつかみきれていないのではないでしょうか。
この章では実際の施工事例をご紹介し、具体的な費用感をつかんでいただければと思います。

2-1.水回り・内装すべてを新しくする全面リフォ―ム

水回り・内装すべてを新しくする全面リフォ―ムの事例写真

LDKの内装や水回りを新しくすることをメインとした全体リフォームです。外装・外構はあまり手を加えていない分費用は抑えれていますが、住宅の中は全く違う新しい自宅に仕上げることができました。

リフォーム費用 ¥8,600,000
住宅種類 戸建て

2-2.日本情緒漂う空間のデザインに全体リフォーム

日本情緒漂う空間のデザインに全体リフォームの事例写真

間取りは大きく変更せず、水回り・内装・外装リフォームの全面リフォ―ムを行いました。1階部分は和風の空間にしデザインにこだわり、さらに断熱や基礎の強化など機能性や住みやすさを意識した施工をすることができました。

リフォーム費用 ¥10,520,000
住宅種類 戸建て
その他 75㎡(4LDK)の3階建て戸建て

2-3.耐震や断熱性を強化しつつ、間取りを大きく変えた全面リフォ―ム

耐震や断熱性を強化しつつ、間取りを大きく変えた全面リフォ―ムの事例写真

柱や梁だけを残し、残りは一から作り直す全面リフォ―ムを行いました。築50年をたっていた物件のため、断熱や耐震リフォームも同時に行い、さらに間取りの観点から減築も行ったため費用が多くかかっています。内装・水回り・外装をすべて新しくし、快適な自宅にすることができました。

リフォーム費用 ¥16,500,000
住宅種類 戸建て
その他 104.4㎡の2階建て戸建て

2-4.二世帯住宅にするために間取りを大幅に変えた全面リフォ―ム

二世帯住宅にするために間取りを大幅に変えた全面リフォ―ムの事例写真

元々1世帯しか住んでいなかった住宅を、1階が親世帯、2階を子世帯といった2世帯が住めるよう間取りを大幅に変更してリフォームを行いました。単に機能を揃えるだけでなく、それぞれの世帯の動線や現状に配慮した形のデザインをとることで、費用はかかるものの、満足いく施工をすることができました。

リフォーム費用 ¥25,500,000
住宅種類 戸建て

3.費用を抑えて満足度の高い全面リフォームをするには?

この記事をご覧の方は、「リフォーム費用は抑えながらも、一定の質にはこだわりたい」とお考えの方が多いのではないでしょうか。この章では、それらを達成するための方法をご紹介いたします。

3-1.地元の工務店に依頼しよう!

地元の工務店の多くは、専任の営業マンやデザイナーを置かず、広告宣伝費もかけません。価格に上乗せされるコストが少ないので、費用を抑えることができます。

ただし、「価格で勝負する地元のリフォーム会社」は、社長によって工事の品質に大きな差があります。リフォーム会社の技術力や担当者の人柄などを見極めて、実力のある会社を選んで発注することが重要です。

3-2.補助金・減税を活用しよう!

全面リフォ―ムでは、対象となる減税・補助金制度が存在します。

補助金については、耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しております。
詳細な内容については、各自治体に応じて異なるため、それぞれの自治体でどんな制度を実施しているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

また、減税についても所得税や固定資産税、贈与税が一部全面リフォ―ムによって受けることができます。
以下に代表的なリフォーム減税についてまとめましたのでご確認ください。

所得税の減税額まとめ 耐震リフォーム、省エネリフォーム、バリアフリーリフォームといったリフォーム内容に応じて投資型減税・ローン型減税・住宅ローン減税がある。

3-3.ローンは住宅ローンを活用しよう!

全面リフォームでは、リフォームローン(金利2.5~4.5%、無担保)もしくは、住宅ローン(金利0.5~2.5%、有担保)のどちらかを活用できます。

中古住宅の購入に合せてリフォームを行う場合、住宅ローンを活用しましょう。なぜなら、中古住宅の購入費と合せても申請できるためです。

リフォームローンと住宅ローンの違いをまとめた表。リフォームローン(担保なし)の場合 初期費用なし,金利相場2.5~4.5%,借入限度 500万or1000万が多い,借入期限 最長5年or10年が多い,団体信用保険 原則なし,手続き 簡単・審査短い(当日~2日)  住宅ローン(担保あり)の場合 初期費用20万円ほど 担保設定のための事務手数料・保証料,金利相場0.5~2.5%,借入限度 1億円が多い,借入期限 最長35年が多い,団体信用保険 原則あり,手続き 煩雑・審査長い(4~7日)  団体信用保険とは契約者が死亡した時にローン残高で保険金を賄える保険

4.まとめ

いかがだったでしょうか。戸建ての全面リフォームの費用についてざっくりと理解していただけたのではないでしょうか。

戸建ての全面リフォームにかかる費用相場は、大きな間取り変更を伴わない全面リフォ―ムなら1000~1250万円、大きな間取り変更を伴う全面リフォームなら1500~2000万円となります。

また、耐震・介護リフォームまで考慮した全面リフォ―ムとなるとさらに費用はかかってきます。

この記事を通して戸建ての全面リフォーム費用をつかみ、皆さまが良い決定をされることを願っています。

絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。