データで見る
全面リフォームの
費用と相場

平均費用

667.3 万円

相場

516.5 万円 ~ 1173 万円

全面リフォームの費用と相場

全面リフォームの価格分布

そろそろ全面のリフォームをしようと考えてはいるものの、どの程度の費用がかかるのか不安に思っていたりしませんか?
もしくは、見積もりを取ってみたものの、金額が妥当なのかどうか判断にまよってはいませんか?

1.全面リフォームにかかる一般的な費用について

なぜリフォーム費用に差があるか、実例を見ていきましょう。安く抑えるなら・・・300万円から、良いものにするなら・・・1500万円から

「全面リフォームの費用はどの程度ですか?」非常によく聞かれる質問ですが、それに対する答えは「安く抑えるならば300万くらいから、少し良いものにする場合は1500万円くらい」という回答になります。

全面リフォームの場合、戸建てかマンションかによって費用は異なってきます。つまり、平米数の大きさによって費用は変化していきます。
その他にも、スケルトンリフォームを行うか、耐震リフォームも含むかなどによって費用は変化していきます。

それでは、実際にどれくらい費用がかかるものか次の章でご説明いたします。

2.事例でわかる全面リフォームの費用

今までグラフにて説明してきましたが、具体的にどんなリフォームにどれくらい費用がかかるかはつかみきれていないのではないでしょうか。
この章では実際の施工事例をご紹介し、具体的な費用感をつかんでいただければと思います。

2-1.間取りを変えず和モダンな住宅に全面リフォ―ム

間取りを変えず和モダンな住宅に全面リフォ―ムの事例写真

既存のマンション一室と間取りは変更せず、内装・水回りの全面リフォ―ムを行いました。内装のデザインはもちろんのこと、水回りのグレード・デザインにもこだわり機能性に優れた住宅になりました。

リフォーム費用 ¥4,330,000
住宅種類 マンション
その他 82㎡(3LDK)のマンション一室

2-2.スケルトンリフォームで間取りを大きく変えた全面リフォ―ム

スケルトンリフォームで間取りを大きく変えた全面リフォ―ムの事例写真

間取り変更に伴って水回りの位置変更をするためにスケルトンリフォ―ムによる全面リフォ―ムを行いました。骨組みまで解体して一から作り直したため費用はかかるものの、現在の状況にあわせた家づくりをすることができました。

リフォーム費用 ¥7,000,000
住宅種類 マンション
その他 56㎡(3LDK)のマンション一室

2-3.間取りは大きく変えなくても室内全体が明るくなった全面リフォ―ム

間取りは大きく変えなくても室内全体が明るくなった全面リフォ―ムの事例写真

和室部分をリビングスペースに取り込む間取り変更はあったものの、基本的には間取りを変えずに内装・水回り・外装・外構の全面リフォ―ムを行いました。構造上抜けない筋交いをうまくデザインに取り込むなど、大きく間取りは変えなくても元の住宅とは全く違うような自宅にすることができました。

リフォーム費用 ¥12,600,000
住宅種類 戸建て

2-4.間取りを大幅に変え機能的な自宅にする全面リフォ―ム

間取りを大幅に変え機能的な自宅にする全面リフォ―ムの事例写真

洗濯物の運び込みなど不満の多かった自宅をスケルトンリフォ―ムにて施工しました。2階部分にあった物干しスペースを1階の玄関だったスペースへと移すなど家事導線に配慮した全面リフォ―ムとなりました。水回り、内装、外装も新しくし機能的で住み心地のよい自宅にすることができました。

リフォーム費用 ¥17,270,000
住宅種類 戸建て
その他 73㎡の一戸建て

3.費用を抑えて満足度の高い全面リフォームをするには?

この記事をご覧の方は、「リフォーム費用は抑えながらも、一定の質にはこだわりたい」とお考えの方が多いのではないでしょうか。この章では、それらを達成するための方法をご紹介いたします。

3-1.地元の工務店に依頼しよう!

地元の工務店の多くは、専任の営業マンやデザイナーを置かず、広告宣伝費もかけません。価格に上乗せされるコストが少ないので、費用を抑えることができます。

ただし、「価格で勝負する地元のリフォーム会社」は、社長によって工事の品質に大きな差があります。リフォーム会社の技術力や担当者の人柄などを見極めて、実力のある会社を選んで発注することが重要です。

3-2.補助金・減税を活用しよう!

全面リフォ―ムでは、対象となる減税・補助金制度が存在します。

補助金については、耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しております。
詳細な内容については、各自治体に応じて異なるため、それぞれの自治体でどんな制度を実施しているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

また、減税についても所得税や固定資産税、贈与税が一部全面リフォ―ムによって受けることができます。
以下に代表的なリフォーム減税についてまとめましたのでご確認ください。

所得税の減税額まとめ 耐震リフォーム、省エネリフォーム、バリアフリーリフォームといったリフォーム内容に応じて投資型減税・ローン型減税・住宅ローン減税がある。

3-3.ローンは住宅ローンを活用しよう!

全面リフォームでは、リフォームローン(金利2.5~4.5%、無担保)もしくは、住宅ローン(金利0.5~2.5%、有担保)のどちらかを活用できます。

中古住宅の購入に合せてリフォームを行う場合、住宅ローンを活用しましょう。なぜなら、中古住宅の購入費と合せても申請できるためです。

リフォームローンと住宅ローンの違いをまとめた表。リフォームローン(担保なし)の場合 初期費用なし,金利相場2.5~4.5%,借入限度 500万or1000万が多い,借入期限 最長5年or10年が多い,団体信用保険 原則なし,手続き 簡単・審査短い(当日~2日)  住宅ローン(担保あり)の場合 初期費用20万円ほど 担保設定のための事務手数料・保証料,金利相場0.5~2.5%,借入限度 1億円が多い,借入期限 最長35年が多い,団体信用保険 原則あり,手続き 煩雑・審査長い(4~7日)  団体信用保険とは契約者が死亡した時にローン残高で保険金を賄える保険

4.まとめ

いかがだったでしょうか。全面リフォームの費用についてざっくりと理解していただけたのではないでしょうか。

全面リフォームにかかる費用相場は、マンションの全面リフォ―ムなら300~700万円、洗面所全体のリフォームなら1000~1500万円となります。

また、スケルトンリフォームや耐震・介護リフォームまで考慮した全面リフォ―ムとなるとさらに費用はかかってきます。

この記事を通して全面リフォームの費用感をつかみ、皆さまが良い決定をされることを願っています。

絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。