データで見る
洗面所リフォームの
費用と相場

平均費用

30 万円

相場

23.9 万円 ~ 40.5 万円

洗面所リフォームの費用と相場

洗面所リフォームの価格分布

そろそろ洗面所のリフォームをしようと考えてはいるものの、どの程度の費用がかかるのか不安に思っていたりしませんか?
もしくは、見積もりを取ってみたものの、金額が妥当なのかどうか判断にまよってはいませんか?

1.洗面所のリフォームにかかる一般的な費用について

なぜリフォーム費用に差があるか、実例を見ていきましょう。安く抑えるなら・・・10万円から、良いものにするなら・・・25万円から

「洗面所のリフォームの費用はどの程度ですか?」非常によく聞かれる質問ですが、それに対する答えは「安く抑えるならば10万くらいから、少し良いものにする場合は25万円くらい」という回答になります。

洗面所リフォームの場合、洗面台のグレードはどのタイプにするか、また洗面台を交換するだけなのか、それとも洗面所全体のリフォームかによって費用は変化していきます。

グレード サイズ 費用相場
ロー 50cm 8~9万円
60cm 10~11万円
75cm 12~13万円
ミドル 60cm 12~13万円
75cm 17~18万円
ハイ 75cm 22~23万円
90cm 23~25万円

洗面台のほかに収納を充実させたい、内装にこだわりたい、造作で洗面台をつくりたい、などの場合は別途で費用がかかります。

それでは、実際にどれくらい費用がかかるものか次の章でご説明いたします。

2.洗面所のリフォーム事例と実際にかかった費用

実際に洗面所をリフォームした事例をご紹介します。

2-1.洗面化粧台を交換したリフォーム事例

■洗面台を交換し、機能性UPを実現したリフォーム

洗面台を交換し、機能性UPを実現したリフォームの事例写真

高さが低く腰に負担がかかる洗面台であったものを、使用者にあった高さの洗面台に交換しました。鏡の裏に収納を設置し、さらに壁付け水栓にすることで掃除が楽になるなど機能性を高めることができました。

リフォーム費用 ¥150,000
住宅種類 戸建て

■白を基調とした明るい三面鏡タイプの洗面台に交換

白を基調とした明るい三面鏡タイプの洗面台に交換の事例写真

老朽化しており、収納スペースがほとんどなかった洗面台から、白を基調にした洗面台に交換しました。収納スペースが豊富で、物が溢れることなく明るい空間になりました。

リフォーム費用 ¥300,000
住宅種類 戸建て

2-2.収納力の高い洗面所にリフォームした事例

■収納力の高い洗面台にリフォーム

収納力の高い洗面台にリフォームの事例写真

収納スペースが多く、鏡も大きくスペースが大きいため、洗面台を広く使えるようになりました。収納が多いので、家族が多い方も安心の設計です。

リフォーム費用 ¥580,000
住宅種類 マンション
その他 LIXIL ルミシス ベッセルタイプ

■老朽化したマンションの洗面台リフォーム

■老朽化したマンションの洗面台リフォームの事例写真

中古マンションの老朽化した洗面台を新しくリフォームしました。収納スペースも多いため、家族構成が増えた時も便利な作りになっています。

リフォーム費用 ¥500,000
住宅種類 マンション

2-3.デザイン性を重視した洗面台リフォーム事例

■特注オーダーで作った特別な洗面台で高級感溢れる空間に

特注オーダーで作った特別な洗面台で高級感溢れる空間の事例写真

形が独特な形状の洗面台のため、オーダーメイドにて洗面台を作り取り入れました。さらに、大理石カウンターを取り入れ、費用は多くかかったものの高級感溢れる洗面所を作ることができました。

リフォーム費用 ¥600,000
住宅種類 マンション
その他 TOTO製使用

■デザイン性を重視したシンプルな洗面台にリフォーム

デザイン性を重視したシンプルな洗面台にリフォームの事例写真

洗面台が小さく使いにくかったものを、サイズアップした洗面台にリフォームしました。内装工事も行い空間がワンランクアップしています。

リフォーム費用 ¥490,000
住宅種類 戸建て

2-4.洗面所の部分的なメンテナンスリフォームした事例

■水栓のみを交換し、水漏れ修繕を行うリフォーム

水栓のみを交換し、水漏れ修繕を行うリフォームの事例写真

洗面化粧台水栓のレバーハンドルから水漏れをしていたため、それの修理のみのリフォームとなります。機能は修繕前と変わらず、費用を抑えながら水漏れ修繕ができる施工となっています。

リフォーム費用 ¥33,000
住宅種類 マンション
その他 LIXIL製水栓使用

3.洗面台リフォームの見積から分かる費用詳細

実際の洗面台リフォームの見積もりをいくつか公開します。

いくつかの見積もりを見ることで、洗面台のリフォームではどんな工事が発生するのか、大体それぞれの工事にいくらかかるのかが分かってきます。

見積例①【31万円】洗面台交換+クッションフロア交換

洗面化粧台を交換し、クッションフロアの張り替え、洗濯機用防水パンの交換のお見積もりです。

見積例②【11万円】洗面化粧台交換等

パナソニックの洗面化粧台の取り付けなどを行なったお見積もりです。

見積例③【94万円】洗面台交換+浴室交換工事

TOTOサクアでの洗面台交換工事(約20万円)、浴室交換工事を行なったお見積もりです。

4.費用を抑えて満足度の高い洗面所リフォームをするには?

この記事をご覧の方は、「リフォーム費用は抑えながらも、一定の質にはこだわりたい」とお考えの方が多いのではないでしょうか。この章では、それらを達成するための方法をご紹介いたします。

4-1.見積もりは2,3社からとるようにする

これは、比較検討ができみなさんが求めるリフォームの適正価格が知れるといった利点もありますが、費用を抑える上でも効果的です。なぜなら、リフォーム会社から他社の見積もりを意識したプランで提出してもらえるからです。
そのため、担当者の方とお話しする際に「数社見積もりを依頼しています」と伝えると、費用を少し抑えた見積もりが出てくる可能性が高くなります。

一方、4社以上の相見積もりは厳禁です。どの情報が正しいかわからなくなってしまうだけでなく、業者側が勝ち目のない競争から諦めて手を抜いた見積もりが出る、最悪見積もりを出してもらえない恐れがあります。

相見積もりは2,3社程度にとどめておきましょう。

4-2.地元の工務店に依頼しよう!

地元の工務店の多くは、専任の営業マンやデザイナーを置かず、広告宣伝費もかけません。価格に上乗せされるコストが少ないので、費用を抑えることができます。

ただし、「価格で勝負する地元のリフォーム会社」は、社長によって工事の品質に大きな差があります。リフォーム会社の技術力や担当者の人柄などを見極めて、実力のある会社を選んで発注することが重要です。

4-3.メーカーにはこだわらない!

リフォーム会社では、定価よりも安い価格で商品を提供するのが当たり前になっていますが、その割引率はメーカーごとに差があります
例えばある工務店では、リクシルは比較的割引率が高いため、同グレードでもTOTO商品より低価格で提供することができるなどリフォーム会社によって様々です。
費用にこだわりの方は、リフォーム会社の仕入れ力が強いメーカーの商材を使うといいでしょう。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。洗面所リフォームの費用についてざっくりと理解していただけたのではないでしょうか。

洗面所リフォームにかかる費用相場は、一般的な洗面台交換なら15~20万円、洗面所全体のリフォームなら25~35万円となります。

また、洗面台のグレードやオプション設置によってさらに費用がかかることとなります。

この記事を通して洗面所のリフォーム費用をつかみ、皆さまが良い決定をされることを願っています。

洗面所リフォームを成功させる全ノウハウを知る

絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。