ガレージのリフォームを完全解説!費用相場や費用を抑える方法など

ガレージのリフォームを完全解説

“ビルトインガレージで愛車のメンテナンスをしたい”“愛車の防犯を強化したい…”

こんな悩みはありませんか? 新築時に必要ないと思っていたビルトインガレージも実際に住み始めてみると必要に感じることもあると思います。

この記事ではビルトインガレージの増設リフォームにかかる費用の相場や具体的な事例などを紹介していきます。また、費用を抑えるコツや反対に費用が高くなってしまう場合なども書いていますので是非最後まで読んで満足いくリフォームをして下さいね。


1.ビルトインガレージの増設リフォームでかかる費用の相場

まずはビルトインガレージのリフォームにかかる費用の相場を見てみましょう。車1台が入るガレージを5坪、2台で10坪として考えています。

ガレージリフォーム費用

こうしてみるとビルトインガレージの増築のリフォームは比較的高額な部類に入ると分かります。また、これはシャッターなどを計算に入れていない価格でありシャッターや内装などにもこだわることでさらに費用はかかります。

シャッター内装の費用


2.ビルトインガレージを安くするポイント

電動シャッターは手動シャッターに比べ騒音も少なく使い勝手も良く便利ですが、電気の工事などもする必要があるため手動シャッターに比べるとどうしても高価になってしまいます。ご自身の経済的な余裕と利便性を天秤にかけて考えてみてください。

この章ではビルトインガレージの増築を安く済ませる方法について紹介していきます。

2-1.安く施行してくれる業者を見つけること

ビルトインガレージの増築を安く済ませる方法は何といっても業者選びをきちんとすることです。ビルトインガレージの増築は坪ごとで費用を設定している業者が多いです。

そのため坪単価の安い業者に依頼することで費用を抑えることが可能です。しかしあまりにも安すぎる業者は手抜き工事などの悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

適正な業者を選ぶためには当サイトのサービスを利用するのも便利です。

2-2.維持費を安くすること

維持費を安くすること

ビルトインガレージも建築物になるので固定資産税がかかります。しかしもともとあった部屋などをガレージに変える場合には建物の評価額が下がり結果として安くなるということも珍しくありません。

また、ビルトインガレージの床面積は延べ床面積の5分の1までは床面積に入らないという決まりがあります。リフォーム業者と相談してなるべく固定資産税も抑えられるようにしてみてください。

 

▼関連記事

【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
【プロが解説】