屋根工事の見積りで知らないと損する6つの注意点と費用相場

「屋根の見積りのコツを知りたい」
「屋根工事の見積りをする手順を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、屋根工事における見積り工事での注意点などを紹介します。
具体的には以下の内容を解説します。

● 屋根工事の見積りで知らないと損する6つの注意点
● 屋根工事で見積りをする手順
● 屋根工事に必要な費用の目安

屋根工事の見積りの注意点を知ることで、詐欺を回避して費用を抑えることが可能となるでしょう。


1.屋根工事の見積りで知らないと損する6つの注意点

屋根工事の見積りで知っておきたい注意点は以下の6つです。

1. 相見積りで業者を探す
2. 見積書の内容が他社と違いすぎていないか確認する
3. 自社施工の会社で費用を抑える
4. 有資格者がいるかどうかを確認する
5. 保険や補助金が使えるか確認する
6. 訪問営業をする業者は選ばないようにする

それぞれのポイントを詳しくチェックしていきましょう。

1-1.相見積りで業者を探す

屋根工事は相見積りがおすすめです。
相見積りとは、複数の業者に見積りを依頼して比較する手法です。

1社だけの見積りで決めてしまうと、相場より高額な請求をされても気づきません。
複数社を比較することで適切な工事内容や金額がわかるでしょう。

1-2.見積書の内容が他社と違いすぎていないか確認する

相見積りをした際に、他社と内容が違いすぎないかをチェックすることも重要です。

施工面積が極端に大きかったり工事単価が高すぎたりすることも珍しくありません。
金額や工事内容に差がありすぎるのがいけないわけではありませんが、なぜ他社と違うのか明確な理由を業者に確認しておきましょう。

納得できる理由でなければ依頼を避けるのもひとつの手です。

1-3.自社施工の会社で費用を抑える

屋根工事では、自社で職人を抱えて作業をする業者と、下請け会社に作業を委託する業者の2種類があります。

下請けに委託する業者の場合、中間マージンが発生するため