階段リフォームを完全解説!事例や費用相場、押さえるべきポイントも

階段リフォーム

「階段をリフォームしたいけど何を基準に考えたら良いのかわからない」

リフォームする際、このような戸惑いを覚える方は多いのではないでしょうか。

こちらでは、その戸惑いを少しでも解消できるよう、階段リフォームの前に知っておきたい考え方や、選び方の基準となる知識や費用について紹介させていただいております。


1.階段リフォームの前に知っておくべきポイント

具体的な階段リフォームの検討に入る前に、まず抑えておきたい基本的なポイントをまとめております。具体的な事例を参考に、費用を検討する前の情報としてお役立ていただければと思います。

1-1.階段リフォームで知っておくべきこと

階段リフォームの前に最低限知っておきたい事として、建築基準法上の階段の各パーツのサイズがあります。階段は昇り降りのしやすさや安全面などを配慮し法律上、規定のサイズが定められています。

階段の各パーツの名前

  • 階段の横幅75㎝以上
  • 蹴上げ(ケアゲ:一段の高さ)23㎝以下
  • 踏み面(フミズラ:足をのせる部分の奥行き)15㎝以上

※建築基準法「階段の蹴上げおよび踏面の寸法についての規定」の第23条にて規定されています。

参考までに、昇りやすい階段のサイズとして、「蹴上げ18〜20㎝、踏み面20〜22㎝」との基準が一般的です。駅の階段の蹴上げは17㎝に設定してあるそうです。足への負担を心配する方、体力のない方であれば18㎝がちょうど良いでしょう。

階段は、傾斜が緩いほど昇りやすいと思われがちですが、蹴上げと踏み面のサイズの関係がとても重要です。サイズに関してはリフォーム会社との打ち合わせを重ね、よく検討する必要があると言えます。また、手すりに関しても同様に以下のように義務づけられています。

  • 手すりの設置を義務づけ
  • 手すりのない側は側壁その他これに代わるものとすること

ご自宅の階段といえ、この規定に則りデザインやサイズなどを決定する必要があるこことを覚えておいてください。

1-2.階段リフォームの安全面に配慮するポイント

滑りにくさに関する注意点

階段の床材はフローリングやカーペット、人造大理石などを使う場合や、踏み面の部分を木製など滑りにくい素材を使用しましょう。安全面を特に重視するなら木材やコルク、カーペットなど滑りにくく柔らかい物を選ぶと安心です。

階段の暗さに関する注意点

段差が多く勾配のある階段は足元が暗くなりがちで、躓いたり踏み外したりして転倒する恐れがあります。それらに対する安全対策として階段自体の暗さを解消するために照明器具を増やしたり、採光のための窓を設置したり、床材自体を明るいトーンにすると良いでしょう。


2.階段リフォームの目的別に応じた事例と費用について

こちらでは、階段リフォームの目的別に事例と費用を紹介いたします。安全性や見た目へのこだわり、収納を増やしたいなど、階段に求める具体的なニーズがそれぞれのリフォームプランとなっています。

2-1.勾配を緩やかに安全な階段へリフォーム

階段の数を増やすリフォーム費用:20万円台半ば〜50万円
階段を撤去し勾配をゆるめて再構築する費用:100万円〜150万円

階段の昇り降りが辛い、転倒の危険を感じるなどで階段の勾配を緩やかにしたいとお考えの方は少なくないでしょう。勾配を緩やかにするリフォームにはスペースが必要となります。現状の階段スペースを活かしながら勾配を緩やかにするリフォームは蹴上げ寸法を見直し、階段の段数を1〜2段増やすケースがあります。

これ以外には、今ある階段を一度撤去して勾配をゆるめて設計・構築するケースがあります。費用の差額は勾配を緩くする際の段数の増減の状態や使用する床材のグレードなどによるものです。

また階段の勾配は緩ければ緩いほど良いかというと、実はそうでもありません。勾配が緩いということは蹴上げが短くて踏面が長いということになりますが、蹴上が短いということは、段数が多くなるので、2階に到達するまでの歩数が増えてしまいます。加えて踏面が