バリアフリーリフォームの具体的な内容と業者の選び方|補助金制度も解説

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームを考えているけれど、「どこをどうリフォームできるのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 

この記事ではバリアフリーリフォームのひとつひとつの基本をお伝えします。

また、バリアフリーリフォームは知識と技術がないと難しく、手すりひとつ設置する場合も下地工事をして、使う人に合った場所に設置しなければ意味がありません。そのためリフォーム会社選びは慎重に行う必要があります。会社の選び方もお伝えしますので、参考にしてみてください。

※「介護する・される」に特化したバリアフリーリフォームは「必ず知っておきたい!介護リフォーム成功のための基礎知識」の記事へお進みください。


1.バリアフリーリフォームの基本

バリアフリーリフォームをする際には将来を見据えたリフォームを心掛けることが大切です。バリアフリーが必要になってからリフォームをするのでは遅いことも十分考えられるからです。

ここでは、バリアフリーリフォームの基本をお伝えします。

それぞれの項目で抑えるべきポイントがありますので参考にしてください。

1-1.手すりの設置

手すり

階段を上がる時、廊下を歩く時、ちょっとした段差の昇降で壁などに捕まっていませんか?壁をつたって歩くのは安全とは言えません。身体を支える為の手すりの設置をお勧めします。

階段や段差などバランスを崩しやすい箇所には前もって設置しておくと良いです。

手すりの設置にあたっては、しっかり壁の下地工事を行い、丈夫な手すりを設置しましょう。また、設置する高さや位置も使う人に合わせてつけることが大切です。

手すり設置のポイント

  • 使う人にとって握りやすい手すり(形・種類)を選ぶ
  • 使う人にとって使いやすい位置に設置する
  • 下地工事をしっかり行う
  • 上記をしっかり行ってくれる業者を選ぶ

手すりの取り付けの費用例

I型手すり(1本)の取付け費用例:

 I型手すり(1本)の取付け費用例
※L型手すりの場合は4万5千円程度、回り階段に設置した場合は16万円程度です。

1-2.段差の解消

次に、段差の解消リフォームです。ほんのわずかな段差であっても、つまずく原因になり足腰の弱い方にとっては負担になります。出来るだけ段差のないようリフォームするよう心掛けましょう。

段差の解消方法は、スロープの設置や床のかさ上げ、式台などを設置して段差を小さくする方法があります。段差の解消については、解消箇所に合わせた適切な方法をとる必要があります。

段差解消リフォームのポイント

  • スロープの勾配は急になりすぎないよう注意する
  • スロープは長すぎないこと
  • 式台などの設置はしっかり行う(動かないよう固定する)

段差解消リフォームの価格

参考価格.

段差をなくすリフォームの方法と費用は?補助金・実例も紹介
段差をなくすリフォームの方法と費用は?補助金・実例も紹介