階段リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

階段は、豊かな暮らしを支えるうえでたいへん重要なポイントです。

階段の機能性やデザインがすぐれたものであれば、暮らしぶりもおのずと向上するでしょう。

本記事を読んでいる人は、「階段をDIYしてみたい」と考えているはずです。

とはいえ、階段にDIYについては、

  • どれくらいの費用がかかるんだろう?
  • DIYで、どこまでのことができるのだろう?
  • リフォームを依頼したほうがいいのかな?

といった疑問を持っている人も多いはず。

本記事では、階段との周囲をDIYする場合の費用相場について解説します。

階段のDIYを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.階段をDIYする際の費用って、どれくらい?

まずは、階段をDIYする場合の費用について知っておきましょう。

DIYの内容ごとで、おおむね以下のとおりになります。

DIYの内容

費用

滑り止めシートの設置

3,000円〜20,000円

手すりを設置する

5,000円〜50,000円

踏板(階段の段差)の交換

20,000円〜50,000円

踏板のシートを張り替える

6,000円〜10,000円

階段にライトを設置する

3,000円〜8,000円

3,4段程度の階段を作る

7,000円〜30,000円

というように、階段とその周囲をDIYする費用はやや幅広くなっています。

安ければ3,000円、高ければ50,000円くらいかかるでしょう。

とはいえ、リフォームする場合と比較すれば、グッと安くなる部分は強烈なメリットです。

階段のDIYは少しむずかしい部分もありますが、技術さえあれば安い費用でリフォームできてしまいます。

2.階段リフォームは、DIYと業者依頼どっちがいい?

冒頭でも触れましたが、階段のDIYは、内容次第ではすごくむずかしくなります。

ちょっとしたシートの張り替えなどであれば、DIYできるでしょう。

しかし、DIYの技術次第では、リフォーム業者へ依頼したほうがよいケースもあります。

下記では、

  • 業者にリフォームを依頼すべき人・ケース
  • 自分でもDIYしてもよい人・ケース

について解説します。

DIYするか、業者にフォームしてもらうか考えている人は、参考にしてください。

2−1.業者にリフォームを依頼すべき人   

以下のような場合、業者へのリフォームを依頼するのがおすすめです。

  • 本格的な階段を作りたい人
  • 安全性を追求したい人
  • 材料や道具を揃えるのがめんどうな人

まず、1階から2階までつながるような長い階段を作るなら、リフォーム業者へ頼むのがおすすめです。

なぜなら、長い階段を作るのは難易度が高く、時間と手間も相当にかかるから。
いくらDIYが好きだ! といってもさすがにむずかしい部分があります。
こういったケースでは、階段はDIYせず、費用をかけてでもリフォーム業者へ依頼するのが無難です。

また、「天井に穴を開ける必要がある」「電気配線を引いてこなければいけない」といった場合は、DIYできません。
難易度はもちろんですが、このあたりは有資格者でなければできない施工内容です。

また、安全性を追求したい人も、DIYではなく業者へ依頼するのがよいでしょう。

階段は、きちんとした設計に基づいて作られていないと、転倒などのリスクがともないます。
しかし、安全性をしっかり保った階段をDIYするのは、相当むずかしいことです。
よって安全性を追求したいなら、DIYするよりもリフォーム業者へ依頼することをおすすめします。

また、材料や道具を揃えるのがめんどうな人も、階段のDIYはおすすめできません。
階段のDIYでは、のこぎりや電動ドライバーなど、本格的な工具がいくつか必要です。
こういったものを用意する手間が気になるなら、リフォーム業者への依頼がおすすめします。

DIYするにしても材料・道具を買い揃える費用がかかったりします。

その部分を考えれば、リフォームの方がコスパはよいのかもしれません。

2−2.自分でDIYしてもよい人  

一方で、以下のような場合は、階段のDIYにチャレンジしてもよいでしょう。    

  • DIYの経験が豊富な人   
  • さほどむずかしいDIYを必要としない人
  • 自分自身のイメージどおりにDIYしたい人

階段のDIYは、内容次第ではDIY技術が求められるものです。

しかし、「自分のはDIYをたくさん経験しているし、技術もある」といいう自信を持っている人も多いでしょう。
もしそのように思うなら、階段のDIYにチャレンジしてもかまいません。
自分の求めるDIYにはどういった技術が必要なのか確認したうえで、チャレンジするかどうか考えてみましょう。

また、シートの張り替えをはじめとしたDIYを予定しているなら、チャレンジしてもかまいません。
手すりなどの取り付けも、少し時間をかければ初心者でもトライできるはずです。
カンタンだと感じるなら、DIYしてみましょう。

そして、「自分のイメージどおりに、階段をDIYしたい」と思っている人も多いはず。
だとしたら、業者へ依頼するよりも、DIYしたほうが満足度は高いでしょう。 

素材やデザインはもちろんんこと、スケジュールも自分自身で決めることが可能です。

もちろん技術や経験は必要ですが、「自分でやりたい」という気持ちがあるなら、それを追求してもかまいません。 

3.階段をDIYする際の注意点

ここまでで、階段のDIYに関する基本的な部分を解説しました。

費用はともかくとして、「ちょっとむずかしそうだ」と感じた人も多いはず。

もしそのよう感じたなら、リフォーム業者へ依頼するのが無難です。

いっぽうで、「自分でもできるぞ」と考えている人も多いはずです。

もし階段をDIYする場合、以下のような点に注意しましょう。

3−1.ケガに気をつける

階段のDIYを実施するときは、ケガにはじゅうぶん気をつけましょう。

DIYに夢中な状態だと、転んだり、足を滑らせたりする可能性があります。

特に長い階段を作っている場合などは、高所から転落してしまう恐れもあるでしょう。

DIY中に大きな事故が起こらないように、注意しながら進めてください。

もちろん転落だけではなく、のこぎりで手を切る、金槌で指をはさむといった、よくあるトラブルにも注意してください。

3−2.採寸をしっかり測る

階段をDIYする場合は、採寸にはじゅうぶん注意しましょう。

採寸をきちんと測って設計しておかないと、あとでとんでもない食い違いが生まれるかもしれません。

たとえば、「踏板の間隔がズレていたせいで、全部やり直し」なんてトラブルが考えられます。

こういったことだけは、とにかく避けておきたいところ。

階段のDIYにおける内容が複雑だと、採寸のズレが起こる可能性も高くなっていくものです。

また、段数が多い階段をDIYするなら、基本的には設計図が必要となります。

特に初心者だと、採寸を間違えるケースも多くなるでしょう。

しかし階段のDIYでは、採寸間違いだけは避けなければいけません。

何度も採寸を取るなどして、間違いが起こらないように徹底しましょう。

3−3.安全性を大切にする

そして、階段をDIYする際に注意したいのは、なんといっても「安全性を大切にすること」。

先ほども触れたとおり、階段は転倒などの危険がある場所です。

きちんとした設計に基づいてDIYしていないと、たいへん危険な階段が出来上がってしまうかもしれません。

安全性が高い階段のDIYを実施するためには、

  • 踏板の大きさ・奥行
  • 踏板が耐えられる重量
  • 蹴上(踏板と踏板の間にある高さ)
  • 手すりの高さ・位置
  • 踏板の材質

など、いろんな部分をきちんと計算しておく必要があります。

オシャレに仕上げるだけならむずかしくないかもしれませんが、階段のDIYでは安全性のほうがよほど重要です。

こういった部分はきちんと考えておくようにしましょう。

もし計算が複雑だったり、むずかしかったりしたら、DIYではなくリフォーム業者へ依頼するのがおすすめです。

4.参考にしたい!階段をおしゃれにDIYした事例

というように、階段のDIYについては、いろいろと考えておくことがあります。

上記までを踏まえたうえで、DIYにチャレンジしましょう。

とはいえ、

  • 「実際、どのようなDIYができるのだろう?」
  • 「完成のイメージがいまいちわからない」
  • 「成功の事例を見てみたい」」

という人も多いでしょう。

下記では、階段のDIYを実施した事例について解説します。

DIYのイメージを膨らませたい人は、ぜひ参考にしてください。

また、「こんなDIYの方法もあるのか!」という発見もあるはずです。

<階段に有孔シートを設置したDIY事例>

シンプルな階段のDIY事例。

シートを設置することで、ホコリや猫の毛が溜まらなくなったそうです。

かかった時間としては30分程度とのことなので、気楽にチャレンジできるでしょう。

というように階段のDIYについては、さまざまな事例が投稿されています。

Instagramなどをチェックすれば、他にもさまざまな事例について触れることが可能です。

ぜひ、参考にしておきましょう。

5.まとめ

階段のDIYはデザイン性や機能性において、たいへん効果的なものです。

それだけで暮らしは便利になるし、うまくやればオシャレに仕上げられるのが、なかなかに面白いところ。

とはいえ、階段のDIYはそれなりにむずかしい部分があります。

設計図の作成や採寸などについてある程度慣れていなければ、DIYはちょっと厳しいかもしれません。

また他の場所と比較して、安全性には特別な配慮が必要です。

オシャレさだけではなく、安全性もきちんと確保するようにしましょう。

もし階段のDIYにむずかしさを感じるのであれば、リフォーム業者へ依頼するのが無難です。

(階段リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
階段リフォームを完全解説!事例や費用相場、押さえるべきポイントも

その他関連記事


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。