階段リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

階段DIY

階段は、豊かな暮らしを支えるうえでたいへん重要なポイントです。
階段の機能性やデザインがすぐれたものであれば、暮らしぶりもおのずと向上するでしょう。

本記事を読んでいる人は、「階段をDIYしてみたい」と考えているはずです。

とはいえ、階段にDIYについては、こんな不安も感じてしまうものでしょう。

  • どれくらいの費用がかかるんだろう?
  • DIYで、どこまでのことができるのだろう?
  • リフォームを依頼したほうがいいのかな?

本記事では、階段との周囲をDIYする場合の費用相場について解説します。
階段のDIYを考えている人は、ぜひ参考にしてください。


1.階段をDIYする際の費用って、どれくらい?

まずは、階段をDIYする場合の費用について知っておきましょう。DIYの内容毎で、おおむね以下のとおりになります。

DIYの内容 費用
滑り止めシートの設置 3,000円〜20,000円
手すりを設置する 5,000円〜50,000円
踏板(階段の段差)の交換 20,000円〜50,000円
踏板のシートを張り替える 6,000円〜10,000円
階段にライトを設置する 3,000円〜8,000円
3,4段程度の階段を作る 7,000円〜30,000円

階段とその周囲をDIYする費用の幅はやや広くなっています。
安ければ3,000円、高ければ50,000円くらいかかるでしょう。

とはいえ、リフォームする場合と比較すれば、グッと安くなる部分は強烈なメリットです。
階段のDIYは少しむずかしい部分もありますが、技術さえあれば安い費用でリフォームできてしまいます。


2.階段リフォームは、DIYと業者依頼どっちがいい?

冒頭でも触れましたが、階段のDIYは、内容によってはとても難しいものです。
DIYするのであれば、ちょっとしたシートの張り替えなどにおさめておきましょう。DIYに不慣れな人は、作業自体は簡単なものでもリフォーム業者へ依頼した方がよいでしょう。

下記では、

  • 業者にリフォームを依頼すべき人・ケース
  • 自分でもDIYしてもよい人・ケース

について解説します。

2−1.業者にリフォームを依頼すべき人   

以下のような場合、業者へのリフォームを依頼するのがおすすめです。

  • 本格的な階段を作りたい人
  • 安全性を追求したい人
  • 材料や道具を揃えるのがめんどうな人

まず、1階から2階までつながるような長い階段を作るなら、リフォーム業者へ頼みましょう。
なぜなら、長い階段を作るのは難易度が高く、時間と手間も相当にかかるからです。
こういったケースでは、階段はDIYせず、費用をかけてでもリフォーム業者へ依頼するのが無難です。

また、「天井に穴を開ける必要がある」「電気配線を引いてこなければいけない」といった場合は、DIYできません。
難易度はもちろんですが、このあたりは有資格者でなければできない施工内容です。

また、安全性を追求したい人も、DIYではなく業者へ依頼するのがよいでしょう。

階段は、きちんとした設計に基づいて作られていないと、倒壊して落下や転倒に繋がります。
安全性をしっかり保った階段をDIYするのは、相当むずかしいことです。
よって安全性を追求したいなら、DIYするよりもリフォーム業者へ依頼することをおすすめします。

また、材料や道具を揃えるのがめんどうな人も、階段のDIYはおすすめできません。階段のDIYでは、のこぎりや電動ドライバーなど、本格的な工具がいくつか必要です。こういったものを用意する手間が気になるなら、リフォーム業者への依頼がおすすめします。
DIYするにしても材料・道具を買い揃える費用がかかったりします。その部分を考えれば、業者に頼んでリフォームする方がコストパフォーマンスはよいのかもしれません。

2−2.自分でDIYしてもよい人  

一方で、以下のような場合は、階段のDIYにチャレンジしてもよいでしょう。    

  • DIYの経験が豊富な人   
  • さほどむずかしいDIYを必要としないケース
  • 自分自身のイメージどおりにDIYしたい人

階段のDIYは、内容次第ではDIY技術が求められるものです。

しかし、「自分のはDIYをたくさん経験しているし