知っておきたいキッチン寸法の基礎知識!

キッチン寸法

「キッチンの寸法」こう聞くと、システムキッチンその物のサイズの他に、キッチンスペース自体、部屋としての空間のサイズを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれせん。快適なキッチンづくりに役立てていただけるよう、ここだけ考慮すれば大丈夫という12の寸法について紹介させていただきます。

キッチンリフォームの費用と相場


1.キッチンスペース・部屋自体の寸法

まず、現在のキッチンの寸法を把握しましょう。

キッチンの寸法には、「部屋としての空間の寸法」とシステムキッチンなど設備機器の寸法が存在します。快適で使いやすいキッチンは、適切な寸法を知ることから始まります。イラストとともに、まずは空間の寸法から説明させていただきます。

参考画像➁

※キッチン寸法の概念を示す立体イラスト(イラスト2点(立体・平面)と文章中の①〜⑫の番号は連動しています)

参考画像⑥

イラスト中の①〜⑫の番号に則ってご説明します。

「寸法」にはまず、キッチンスペース自体の広さである、①床から天井までの高さと、キッチン自体の部屋の寸法である②縦と②横があります。

部屋自体の寸法を把握することで、ご自身のキッチンスペースにどのくらいの寸法のシステムキッチンやその他の収納家具などを設置できるのかが把握できます。言うまでもないかもしれませんが、こちらは全て設備機器や家具設置の基本となります。

キッチンスペースの寸法に対してシステムキッチンの寸法である③幅や④高さや⑤奥行き、⑥調理スペースのサイズ、⑦シンクのサイズといった設備機器のサイズ、あるいは、空間のサイズとして、システムキッチンと壁の間に確保される⑧通路の寸法などがあります。


2.システムキッチンなど設備機器の寸法

2.システムキッチンなど設備機器の寸法

次は、システムキッチンなど設備機器自体の寸法についてご説明します。次項の2-1で解説するサイズなどを目安にしていただければと思います。

2-1. システムキッチンの各パーツで作業しやすい寸法を知る

システムキッチンの調理台と言われるカウンタートップには、調理の際に材料を用意する準備スペースとまな板や包丁などを使うための調理スペース、洗い物になどをするシンクが必要となります。

それぞれに必要な広さ、間口寸法(③キッチンの幅寸法)は、目安として以下となります。

参考画像③

⑩準備スペース /30cm~60cm
⑪シンク/60cm~120cm
⑫調理スペース /60cm~90cm

調理スペースは、食材やボウル、まな板などの調理器具を置けるゆとりがあるかどうかをよく検討しておくことが大切です。実際の調理の際などの動作をイメージしながら確認すると良いと思います。

③間口にゆとりがない場合は、⑤奥行きにゆとりをもたせる方法もあります。どちらにしてもキッチンスペースの中でどれだけのサイズが可能か、検討を重ねていただきたいと思います。こちらの寸法確認は、後々のキッチンの使い勝手に大きく影響してくる部分となります。

2-2.身長に合わせた寸法選び

こちらでは「高さ」のお話しです。全てのタイプのキッチンにおいて重要なのが調理台ともなる、キッチンカウンターの高さです。調理台の高さは作業効率や疲労感などに深く関わってきます。

高すぎると腕が疲れますし、低すぎると腰が疲れます。キッチンカウンターの高さは、JIS規格で80cm、85cm、90cm、95cmと規定されています。ですが、現状はどのメーカーでも希望に合わせて高さの調整に対応してくれていますので、そのシステムをぜひフル活用して使いやすい高さを探していただきたいと思います。

身長に合わせた寸法選び
出典:http://www.lixil-reform.net/

使いやすい高さの目安として、一般的には調理台を最も使う方の身長に合わせた高さで選ぶと良いとされています。その目安は
キッチンの高さ=身長÷2+5 cm(160cmの場合は160÷2+5=85cmが目安)
となります。ただし個人差もあり、あくまで目安となるので可能な限り、ショールームやご自宅のキッチンでの実際の使用感などを基に選ぶと良いと思います。

使いやすいキッチンの高さとキッチン選びの全手順