洗面台の最適な寸法の見つけ方~快適な寸法を解説~

洗面台の寸法

洗面台の交換をお考えの皆さん、洗面所を快適な空間にするために重要なポイントは洗面台の寸法です。”洗面所にはいりきらなかった”、”洗面ボウルまでの高さが合わず使いづらい”などといったことにならないためにも、しっかり寸法を測って最適な寸法の洗面台を選びましょう。

こちらではどこを測ったら良いのか、それによってどんな寸法のものを選べばよいのかを解説していきます。


1.一般的な洗面台の寸法について

洗面台はオーダーメイドすることもできますが、多くの人は売られている洗面台の中から選ぶのではないかと思います。一般的な洗面台にはどんな寸法があるか紹介していきます。

一般的な洗面台の寸法
出典:http://www.lixil.co.jp/

①間口(幅):600、750、900mm
②全体の高さ:1900mm程度
③奥行き:400~600mm程度
④洗面ボウルまでの高さ:750、800、850mm

間口の主流は600、750、900mmで、その他コンパクトな500mmや広々使える1000mm、1200mmなどがあります。間口や奥行きは様々な大きさがありますが、高さはあまり変わりません。全体の高さに関してはほとんどのものが1900mm程度で作られています。


2.洗面台のどこを測ればよいのか?

寸法を決めるにあたって、既存の洗面台やその周辺の寸法を測る必要があります。具体的にどこを測ればよいか解説していきます。寸法を測る場所は以下の通りです。

洗面台
出典:http://www.lixil.co.jp/

設置可能な寸法を知る
間口
全体の高さ
左右に空いているスペース
立体的に大きさをイメージする
天井(梁)までの空いているスペース
奥行き
洗面ボウルまでの高さ

寸法を決めるにあたって、設置可能な寸法を知ることは絶対条件です。左右や天井(梁)までにスペースが開いていなければ普通は既存の洗面台と同じ寸法で交換をします。

続いて大切なのが立体的に大きさをイメージしておくことです。「実際に洗面台が家に来ると、思ったより大きく感じた」というように、ショールームなどで見るのと家で見るのでは感じ方が違います。そのギャップを埋めることがリフォームの成功につながります。