使いやすいキッチンレイアウトを完全解説!食器棚の配置や収納術も!

使いやすいキッチンレイアウト

キッチンは、レイアウトや配置で使いやすさが大きく変わってきます。使いやすいキッチンを実現するための考え方についてご説明させていただきますので、リフォームのプランを考える際の参考にしてください。

また、キッチンのリフォームをご検討中の方は「キッチンリフォームの失敗例12パターンと対策の全ポイント」も参考にしてください。

キッチンリフォームの費用と相場


1.使いやすいキッチンレイアウトの基本

使いやすいキッチンにリフォームするためには、レイアウトや配置をしっかり考えておく必要があります。まずは、使いやすいキッチンレイアウトの基本を解説していきます。

1-1.調理の流れを考えた配置

調理の流れ

調理の流れを考えると、冷蔵庫から食材を取り出し、洗って、刻んで、加熱調理して、配膳するという一連の流れになります。

また食事後は食器を下げて、食器を洗い、食器棚に戻すという流れです。つまり、右利きの人の場合は、上の図のように冷蔵庫、シンク、調理台、コンロを右回りに配置するのが基本となります。左利きの人は左回りに配置するとよいでしょう。

1-2.キッチンの「ワークトライアングル」

ワークトライアングル

使いやすいキッチンレイアウトのポイントとして、「ワークトライアングル」という考え方があります。

ワークトライアングルとは、「シンク」「加熱調理機器」「冷蔵庫」の3点を結んだ三角形のことです。キッチンの作業効率を上げるには、この三角形の各辺の距離が適切であることが大切と考えられています。各辺の適切な距離(長さ)は以下の通りです。

  • シンクから加熱調理機器まで:120~180cm
  • シンクから冷蔵庫まで:120~210cm
  • 加熱調理機器から冷蔵庫まで:120~270cm

三辺の合計は360cm~600cmが良いとされています。

1-3.通路幅とキッチンの寸法

上記でご説明させていただいた通り、使いやすいキッチンにするためには通路幅とキッチンの高さや寸法を考える必要があります。

通路幅とキッチンの寸法を考えたレイアウト(1)

キッチンの通路幅は1人で利用するならば90cm程度2人で利用することを考えている場合は1m20cm程度の幅を確保するようにしてください。

キッチン内では動きが出るので、使いやすいレイアウトのためにはこれくらいの通路幅が必要になります。

またキッチンの高さはキッチンを最もよく利用する方の身長で計算するとよいでしょう。最適なキッチンの高さは以下の計算式が目安になります。

カウンターの高さ=身長÷2+5 cm(160cmの場合は160÷2+5=85cmが目安です)

通路幅とキッチンの寸法を考えたレイアウト

使いやすいキッチンの高さとキッチン選びの全手順
使いやすいキッチンの高さとキッチン選びの全手順