【予算終了】「こどもエコすまい支援事業」のリフォームで最大60万円の補助がもらえる!

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、予算上限(100%)に達したため、2023年9月28日を持ちまして、交付申請(予約含む)の受付を終了しました。
2024年度は後継事業として「子育てエコホーム支援事業」が新たにスタートしています。くわしくはこちらをご覧ください。

【2024年補助金】子育てエコホーム支援事業で賢くリフォームする方法
【2024年補助金】子育てエコホーム支援事業で賢くリフォームする方法
【2024年補助金】子育てエコホーム支援事業で賢くリフォームする方法
記事を読む

「こどもエコすまい支援事業」は、2023年(令和5年)に新しく始まる住宅に対する補助金事業です。注文住宅の新築や新築分譲住宅の購入のほか、既存住宅に対するリフォームも事業の対象とされています。

「こどもエコすまい支援事業」(リフォームの場合)の対象となるのは、

  • リフォームする住宅の所有者(法人を含む)や居住者
  • 管理組合・管理組合法人

が、工事施工業者と工事請負契約を結んで実施するリフォーム工事です。

補助額の上限は、世帯の属性や既存住宅の購入の有無などによって以下のように異なります。

こどもエコすまい支援事業(リフォームの場合)

この記事では、「こどもエコすまい支援事業」ではどのようなリフォーム工事でいくらの補助がでるのかを、補助対象となる条件、申請の流れとあわせて詳しく解説していきます。


1.こどもエコすまい支援事業(リフォームの場合)の概要

こどもエコすまい支援事業」とは、エネルギー価格高騰の影響を受けやすい子育て世帯や若者夫婦世帯が、より高い省エネ性能を有する住宅への改修などをおこなう場合に補助金を交付し、サポートする事業です。政府は現在、2050年のカーボンニュートラル*実現に向けて取り組んでおり、その実現を図る目的もあります。

ここでは具体的に

  1. 補助対象の工事と補助額
  2. 補助金がもらえる人の条件
  3. その他の要件
  4. 補助金の申請期間

と分けてみていきます。

*二酸化炭素などの温室効果ガスの、大気中に排出される量と大気中から吸収される量の差をゼロとすること

1-1.補助対象の工事と補助額

補助額は、下記①〜⑧のリフォーム工事などに応じて設定されている補助額の合計となります。

補助対象リフォーム工事と補助額

上記①〜⑧までの合計補助額が5万円未満の場合は、補助申請できません。(例外として、「先進的窓リノベ事業」または「給湯省エネ事業」において補助申請が受理される場合は、1申請あたりの合計補助額が2万円以上であれば申請可能です。)

具体的な工事内容や補助額を見ていきましょう。

1-1-1.①開口部の断熱改修と補助額

窓やドアなど開口部の断熱改修とは、以下のような工事を指します。

  • ガラス交換(既存の窓を利用し、複層ガラスなどに交換する工事)
  • 内窓設置(既存窓の内側に新たに窓を新設する、および既存の内窓を新たなものに交換する工事)
  • 外窓交換(既存窓を取り除き新たな窓に交換する、および新たに窓を設置する工事)
  • ドア交換(既存のドアを取り除き新たなドアに交換する、および新たにドアを設置する工事)

補助額は、ガラスの大きさや省エネ基準レベルによって以下のように異なります。