【2024年最新版】先進的窓リノベ事業で最大200万円のリフォーム補助金がもらえる!

2024年に実施されている「先進的窓リノベ事業」は、住宅の断熱性能を高めるための窓リフォーム工事で最大200万円の補助金を受け取ることができます。

申請条件、対象者、補助金額の詳細などをわかりやすく表でまとめてご紹介いたします。

・既存住宅の断熱性能を高めるリフォームをお得にしたい
・「先進的窓リノベ事業」の知識を身につけてスムーズに工事を依頼したい

という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


1.先進的窓リノベ事業の対象工事と補助額

「先進的窓リノベ事業」は、既存住宅の断熱性能を高めるために、窓のリフォームに対して補助金を支給する事業です。
2030年度の仮定部門からのCO2排出量約7割削減、2050年ストック平均でZEH基準の省エネ性能確保を目的としています。

先進的窓リノベ2024事業公式サイト

補助額の上限は1戸あたり200万円で、工事内容によりそれぞれ補助額の上限が定められています。

以下で、先進的窓リノベの対象工事と補助額について解説します。

補助対象の窓リノベ工事内容と補助上限額
工事内容1箇所あたりの補助上限額*工事詳細
ガラス交換55,000円既存サッシはそのままで、
複層ガラスなどに交換
内窓設置112,000円既存窓の内側に、新しい内窓を
新設または交換
外窓交換カバー工法220,000円既存窓のガラスを外し、既存窓枠の上から
新しい窓枠を被せ、複層ガラスなどに交換
はつり工法183,000円既存窓のガラスおよび窓枠を外し、
新たな窓枠を取り付け、複層ガラスなどに交換
ドア交換カバー工法220,000円既存ドアについて枠を残して取り除き、
既存枠の上から新たな枠を取り付け、​ドアを交換
はつり工法183,000円既存ドアを枠ごと取り外し、
新たな枠を取り付け、​​ドアを交換

*住宅の建て方、窓の性能、サイズによって補助額が変わります

補助額を決める3つの要素

対象工事の補助額は、下記3つの要素で決まります。

①住宅の建て方
・戸建て住宅
・低層集合住宅(3階以下の建物)
・中高層集合住宅(4階以上の建物)

②設備の性能区分(熱貫流率)
対象製品に対してメーカーが発行する「性能証明書」に記載されており、性能区分はP(SS),S,A,Bで表示されています。
・P(SS) Uw(Ud)・1.1以下
・S Uw(Ud)・1.5以下
・A Uw(Ud)・1.9以下
・B Uw(Ud)・2.3以下
*Uw/Ud:熱貫流率の1つの指標。Uwは窓、Udはドアに用いられ、値が低いほど高い断熱性能を表します。

③設備のサイズ
ガラス(窓)
・大(L) 1.4㎡以上
・中(M) 0.8㎡以上1.4㎡未満
・小(S) 0.1㎡以上0.8㎡未満
・極小(XS) 0.1㎡未満
ドア
・大(L) 2.8㎡以上
・中(M) 1.6㎡以上2.8㎡未満
・小(S) 1.0㎡以上1.6㎡未満

以下で各工事の補助額についての詳細を表にまとめます。

1-1.ガラス交換

ガラス交換 *建て方の違いによる補助額の違いはありません。
ガラスのサイズ窓の性能区分
P(SS)SAB
55,000円36,000円30,000円0円
34,000円24,000円19,000円0円
小・極小11,000円7,000円5,000円0円

1-2.内窓設置

内窓設置 *建て方の違いによる補助額の違いはありません。
ガラスのサイズ窓の性能区分
P(SS)SAB
112,000円68,000円52,000円0円
76,000円46,000円36,000円0円
48,000円29,000円23,000円0円

1-3.外窓交換

カバー工法の場合

窓のカバー工法とは

既存サッシの上に新しいサッシを被せる方法です。外壁に手を加える必要がないため、1日で工事が終わる場合が多いです。

外窓交換(カバー工法):
戸建て住宅・低層集合住宅(3階建て以下の建物)
ガラスのサイズ窓の性能区分
P(SS)SAB
220,000円149,000円117,000円0円
163,000円110,000円87,000円0円
小・極小109,000円74,000円58,000円0円
外窓交換(カバー工法):
中高層集合住宅(4階以上の建物)
ガラスのサイズ窓の性能区分
P(SS)SAB
266,000円180,000円148,000円102,000円
181,000円122,000円101,000円70,000円
小・極小112,000円75,000円62,000円43,000円

 

はつり工法の場合

はつり工法とは

既存サッシを取り外してサッシごと交換する方法です。サッシ自体を交換するため、段差を作りたくない場合(掃き出し窓の交換など)や、ガラス面を小さくしたくない場合などに用いられます。
ただし外壁工事を伴うため、カバー工法に比べ日数や費用がかかったり騒音がともないます。

外窓交換(はつり工法):
戸建て住宅・低層集合住宅(3階建て以下の建物)
ガラスのサイズ<