【2024年最新版】先進的窓リノベ事業で最大200万円のリフォーム補助金がもらえる!

2024年に実施されている「先進的窓リノベ事業」は、住宅の断熱性能を高めるための窓リフォーム工事で最大200万円の補助金を受け取ることができます。

申請条件、対象者、補助金額の詳細などをわかりやすく表でまとめてご紹介いたします。

・既存住宅の断熱性能を高めるリフォームをお得にしたい
・「先進的窓リノベ事業」の知識を身につけてスムーズに工事を依頼したい

という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


1.先進的窓リノベ事業の対象工事と補助額

「先進的窓リノベ事業」は、既存住宅の断熱性能を高めるために、窓のリフォームに対して補助金を支給する事業です。
2030年度の仮定部門からのCO2排出量約7割削減、2050年ストック平均でZEH基準の省エネ性能確保を目的としています。

先進的窓リノベ2024事業公式サイト

補助額の上限は1戸あたり200万円で、工事内容によりそれぞれ補助額の上限が定められています。

以下で、先進的窓リノベの対象工事と補助額について解説します。

補助対象の窓リノベ工事内容と補助上限額
工事内容 1箇所あたりの補助上限額* 工事詳細
ガラス交換 55,000円 既存サッシはそのままで、
複層ガラスなどに交換
内窓設置 112,000円 既存窓の内側に、新しい内窓を
新設または交換
外窓交換 カバー工法 220,000円 既存窓のガラスを外し、既存窓枠の上から
新しい窓枠を被せ、複層ガラスなどに交換
はつり工法 183,000円 既存窓のガラスおよび窓枠を外し、
新たな窓枠を取り付け、複層ガラスなどに交換
ドア交換 カバー工法 220,000円 既存ドアについて枠を残して取り除き、
既存枠の上から新たな枠を取り付け、​ドアを交換
はつり工法 183,000円 既存ドアを枠ごと取り外し、
新たな枠を取り付け、​​ドアを交換

*住宅の建て方、窓の性能、サイズによって補助額が変わります

補助額を決める3つの要素

対象工事の補助額は、下記3つの要素で決まります。

①住宅の建て方
・戸建て住宅
・低層集合住宅(3階以下の建物)
・中高層集合住宅(4階以上の建物)

②設備の性能区分(熱貫流率)
対象製品に対してメーカーが発行する「性能証明書」に記載されており、性能区分はP(SS),S,A,Bで表示されています。
・P(SS) Uw(Ud)・1.1以下
・S Uw(Ud)・1.5以下
・A Uw(Ud)・1.9以下
・B Uw(Ud)・2.3以下
*Uw/Ud:熱貫流率の1つの指標。Uw