費用対効果を最大に!ワンルームのリフォームに関する費用を完全解説

アイキャッチ画像

「ワンルームの部屋をリフォームするのにいくらくらいの費用がかかるのだろうか?」
このようなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

ワンルームのリフォーム費用は6万円~ですが、施工内容やみなさんの状況によって費用は大きく異なってくるものです。

そこで今回は、ワンルームをリフォームする費用をご紹介するとともに、実際の施工事例を取り上げました。

また、費用対効果を上げるにはどのようにリフォームを考えるべきか、費用をかけることで空室対策以外の費用面での良い点は何かなど、費用の観点から賃貸オーナーさんが知っておくべきワンルームリフォームについてもご紹介いたします。

この記事を読むことで、ワンルームリフォームの費用がわかるだけでなく、費用の観点からどのようにワンルームをリフォームすべきかまで理解することができます。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.ワンルームのリフォーム費用はいくらか?

ワンルームをリフォームする上で「原状回復のためのリフォーム」と「部屋全体を一新するリフォーム」の2種類があります。それぞれの費用相場は次の通りです。

ワンルームのリフォーム費用

それぞれについて詳しく説明していきます。

1-1.原状回復のためのリフォーム費用について

原状回復のためのリフォーム費用は次の通りです。

原状回復のためのリフォーム費用相場

ミニキッチンアクセントとクロス

アクセントクロスやダイノックシートにする上では、デザインや機能性が一般的なものとは異なってくるためどうしても費用はかかってきます。

費用面においては、普通のクロスに張り替えるのではなくアクセントクロスでの張替えをオススメします。手軽な価格で入居率を上げることにつながるため費用対効果を上げるリフォームになること間違いなしです。是非とも検討してください。

1-2.部屋全体を一新するリフォームの費用について

部屋全体を一新するリフォーム費用は次の通りです。

3点ユニットバスの場合

3点ユニットバスでない場合

3点ユニットバス
出典:http://musashino-nikka.com/blog/oda_h/3-27.html

費用内訳は、原状回復のためのリフォーム(1-1.参照)で20~23万円、3点ユニットバス交換47万円、ユニットバス交換42万円、トイレ交換17万円です。

部屋全体を一新するとなるとさすがに大規模な間取り変更は収益上ふさわしくないものの、最低限水回り交換を行うべきでしょう。

費用面の観点から、ウォシュレットの設置は検討すべきといえます。
そこまで費用がかかることなく、今のワンルームにおいて当たり前であるウォシュレットを取り入れることができます。ぜひとも検討すべきです。

(補足)借り手が付いていないと借りないと思う機能は?

みなさんの近隣物件の競合によっては「3点ユニットバス分離」も考慮しなければなりません。

トイレ・バス

これを見て分かるように半数以上の人は3点ユニットバスの物件に住みたくないと思っています。競合する相手が多ければ多いほどますます選ばれることはなくなってしまいます。

分離費用は高額になるため、維持費・利回り率を考慮したうえで検討するのがいいでしょう。

 

2.費用対効果を考慮した上でどちらのリフォームをすべきか?

リフォームにかける投資が割に合わないようなことは何としても避けなければなりません。どのリフォームをやればいいかは周囲の相場次第で、近隣の物件との比較がすべてです。

そのため、どのリフォームをやればいいかは一概には言うことはできません。

一般的に考えられるのは次の通りです。

どちらのリフォームでやるべきか

賃貸経営で最も損失が生まれるのは長い間空室が生まれることです。収益が得られないだけでなく、固定資産税などの維持費もかかり負の面しかありません。
そのため、何としても空室をなくしていかなければなりません。

これらを踏まえると、長期的な空室リスクが高い場合には「原状回復リフォーム」ではなく「部屋全体を一新するリフォーム」をすべきです。

また、どの程度リフォームしていけばいいかは回収期間を考慮した上で、近隣の不動産会社の話を聞きながら検討していってください。

(補足)費用シュミレーション

次の条件でどれだけで元がとれるか、リフォームしない場合より多くの収益が得られるか説明します。

  • 「部屋を一新するリフォーム」をする
  • ワンルームリフォーム費用は200万円
  • 家賃を5万円から6万円に
  • 維持費(固定資産税等)が8万円/年かかる
  • リフォーム後、すぐに入居者が入る

回収期間等

これらから長期的な視点で考えると、リフォームしないで空室にするよりもリフォームをして入居を募る方が収益を多く得られることが分かります。

 

3.ワンルームをリフォームした実際の施工事例と費用

ここでは、実際にワンルームをリフォ―ムした際の施工事例をご紹介いたします。

施工事例を通して具体的な費用感を養ってください。

3-1.クロスの張替え、トイレ・独立洗面台の入替えした事例(費用:55万円)

  • トイレはTOTOピュアレストQR、独立洗面台はTOTOVシリーズ(W75)を取り入れる
  • トイレはウォシュレット付き
  • クロス、フロアタイルはサンゲツ製を使用

ビフォーアフター1
出典:http://musashino-nikka.com/works/naiso/20150122110343.html

3-2.アクセントクロスへ張替え、3点ユニットバス分離、フローリング張替えした事例(費用:142万円)

  • 14室中12室空き部屋だったものの、リフォームしてすぐに入居率が大幅向上
  • トイレはLIXIL製、ユニットバスはTOTO製を使用
  • クロス・フローリングはサンゲツ製
  • 押入れをクローゼットに変更

ビフォーアフター2
出典:http://tachikawa-nikka.com/works/mansion/20170313010806.html

3-3.水廻りの交換、壁紙・フローリングの張替え、給湯器交換した事例(費用:205.2万円)

  • キッチンはLIXIL製、ユニットバス・トイレはTOTO製を使用
  • 給湯器はリンナイ製を使用
  • 一度部屋を解体した後、浴室・トイレを作り直す
  • おしゃれなアクセントクロス、フローリングを取り入れる

ビフォーアフター3
出典:http://machida-nikka.com/works/mansion/20171015195121.html

 

4.ワンルーム物件をリフォームするのは節税効果にもつながる!

リフォームすることで支払う所得税の額を減らすことが可能になります。

所得は、「収入-必要経費」で表されますが、リフォーム費用はすべて必要経費に加算され、納税額が少なくなるからです。リフォーム費用は修繕費、もしくは資本的支出として計上することができます。

一つ注意すべき点を申しますと、修繕費は全額経費にすることができるものの、資本的支出は減価償却扱いになり一度に全額を経費とすることができないことです。

しかし、どちらにしろ所得税の節税対策として有効なのは間違いありません。

 

5.費用を抑えて満足度も高い!最適なリフォーム業者の選び方は?

「できるだけ費用を抑えてリフォームできたら…」とお考えの方は業者を探すことから始めましょう。

ここでは、費用を抑えながらもみなさんが満足のいくリフォームを行うことのできるリフォーム業者の選び方をご紹介いたします。

5-1.費用を抑えるために地元の工務店を選ぼう!

リフォーム業者によって、得意とする工事や特色には大きな違いがあります。費用にも仕上がりにも納得できるワンルームのリフォームをするなら、ご自身の趣向に合った施工ができる業者選びが重要になってきます。

22

それらを踏まえてワンルームのリフォ―ムでおすすめしたいのは、地元の工務店です。
ワンルームのリフォ―ムをする際はやるべきリフォームがあらかじめ分かっているケースが多く、デザインやプランをそこまでこだわる必要がありません。
そのため、極力費用を抑えるという観点でリフォーム業者を選んでも差支えありません。

23

5-2.紹介サイトを利用してあなたに最適なリフォーム業者を見つけよう!

業者次第でお客様の満足度が大きく変わってくるリフォーム。

しかし、「ワンルームのリフォームが上手で、しかも費用をできるだけ抑えることができる会社をどうすれば見つけられるの?」と思われる方も多いでしょう。

業者の善し悪しの見極めは、一般の方には難しいものです。

だからこそ、紹介サイトなどを上手に活用して、時間と労力をかけずに優良業者を紹介してもらいましょう。

24

お客様の口コミやサイトの独自取材で得た情報など、紹介サイトにはリフォーム業者のホームページや宣伝では知ることのできない情報が集まっています。

さらに、条件に合う業者を一括で案内してくれるため、自分に合う業者かどうかを比較検討することができます。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめてご紹介しています。

25

リフォームガイド:無料見積もりの申し込みはこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

6.まとめ

いかがだったでしょうか。

ワンルームをリフォームする際の費用相場から高い費用対効果を得られるやり方まで理解していただけたと思います。

また、みなさんが費用を抑えて満足のいくワンルームリフォームにしていくには業者の選び方が大切であるということも理解されたと思います。

皆様が本当に良いリフォーム会社を見つけ、満足のいくリフォームをしていただくために、リフォームガイドは皆様のリフォーム会社選びを誠心誠意お手伝いさせて頂きます。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。