費用対効果を最大に!ワンルームのリフォームに関する費用を完全解説

アイキャッチ画像

「ワンルームの部屋をリフォームするのにいくらくらいの費用がかかるのだろうか?」
このようなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

ワンルームのリフォーム費用は6万円~ですが、施工内容やみなさんの状況によって費用は大きく異なってくるものです。

そこで今回は、ワンルームをリフォームする費用をご紹介するとともに、実際の施工事例を取り上げました。

また、賃貸マンション・アパートのオーナーさん向けに、費用対効果を上げるにはどのようにリフォームを考えるべきか、費用をかけることで空室対策以外の費用面での良い点は何かなど、費用の観点から知っておくべきワンルームリフォームについてもご紹介いたします。

この記事を読むことで、ワンルームリフォームの費用がわかるだけでなく、費用の観点からどのようにワンルームをリフォームすべきかまで理解することができます。


1.ワンルームのリフォーム費用はいくらか?

ワンルームをリフォームする上で「原状回復のためのリフォーム」と「部屋全体を一新するリフォーム」の2種類があります。それぞれの費用相場は次の通りです。

ワンルームのリフォーム費用相場まとめ

リフォーム内容 費用相場
原状回復のためのリフォーム
(クロス張替え、仕上げ中心)
6~23万円
部屋全体を一新するリフォーム
(水回り入替え、3点ユニットバス分離など)
67~227万円

それぞれについて詳しく説明していきます。

1-1.原状回復のためのリフォーム費用について

原状回復のためのリフォーム費用は次の通りです。

原状回復のためのリフォーム費用相場

リフォーム内容 単体費用 合計費用
クロス(壁紙)張替え 6~7万円 6~7万円
+アクセントクロスにする 1万円程度 7~8万円
+ダイノックシートによる仕上げ 3万円程度 10~11万円
+床の張替え 10~12万円 20~23万円

アクセントクロスやダイノックシートにする上では、デザインや機能性が一般的なものとは異なってくるためどうしても費用はかかってきます。

費用面においては、普通のクロスに張り替えるのではなくアクセントクロスでの張替えをオススメします。手軽な価格で入居率を上げることにつながるため費用対効果を上げるリフォームになること間違いなしです。是非とも検討してください。

広さ別の壁紙張替え費用など、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>>壁紙(クロス)張り替えの費用相場を徹底解説!お得な業者選びも

1-2.部屋全体を一新するリフォームの費用について

部屋全体を一新するリフォーム費用は次の通りです。

3点ユニットバスの場合

リフォーム内容 単体費用 合計費用
最低限必要な部屋一新リフォーム
 ・クロス・床張替え
 ・ダイノックシートによる仕上げ
 ・3点ユニットバス入れ替え
67~70万円 67~70万円
+ミニキッチンの入れ替え 27万円程度 94~97万円
+ウォシュレット設置 8~10万円 102~107万円
+3点ユニットバス分離 80~120万円 182~227万円

3点ユニットバスでない場合

リフォーム内容 単体費用 合計費用
最低限必要な部屋一新リフォーム
・クロス・床張替え
・ダイノックシートによる仕上げ
・ユニットバス・トイレ入れ替え
79~82万円 79~82万円
+ミニキッチンの入れ替え 27万円程度 106~109万円
+ウォシュレット設置 8~10万円 114~119万円

※クロス・床は一般的なタイプを使用
※玄関ドア・キッチン扉・収納扉仕上げはダイノックシートでの直張りの前提
※水まわりはシンプルなタイプを使用