入居者続出!アパートリフォーム成功のための費用・ノウハウ解説

アパートリフォーム

「アパートのリフォームを考えているけれど、一体どれくらい費用がかかるの?」
「費用を抑えつつ、自分も入居者も満足のいく仕上がりにしたい!」
このようにお考えではありませんか?

この記事では、アパートのリフォームにかかる費用相場やリフォーム成功に繋がるノウハウをプロの視点から解説していきます。

賃貸物件のリフォームの場合、限られた予算の中で入居者獲得に繋がるような仕上がりを実現できるリフォームをする必要があります。
リフォームを成功させるには、リフォームの必要な箇所・不要な箇所を洗い出し、物件の築年数に応じて適切な補修を行うことも大切です。

アパートリフォームに関する基礎的知識を身に着けながら、リフォーム依頼ができるようにプランを考えていきましょう。


1.アパートのリフォームを成功させるには?

はじめに、アパートのリフォームを成功させるためにしておきたいことについて解説します。

賃貸物件のリフォームは、通常の物件とは異なりかかった施工費用を回収できるよう費用対効果を考慮してリフォーム計画する必要があります。以下の二点はリフォームおよびアパート経営を成功させるための大切なステップになりますので、しっかりと考えておきましょう。

1-1 費用回収のプランを入念に計画する

まずは、想定している家賃で運用した場合、何年でどれくらいの費用が回収できるのかシミュレーションしてみましょう。シミュレーションが重要となる理由としては、以下の2点が挙げられます。

  • リフォーム費用が高額過ぎると、回収に時間がかかり利益が上がらなくなってしまう
  • リフォーム後も定期的なメンテナンスが必要なため、メンテナンス費用も念頭に置いたリフォームをしなければならない

現実的な入居率と家賃を設定しシミュレーションするようにしましょう。

1-2 入居者のターゲットを絞る

リフォームに加えて、どのような入居者に向けた物件にするか想定することも重要です。特定の入居者に絞って需要を洗い出すことによって、最適な工事は異なります。

例えば、一人暮らしの女性をターゲットとした場合、防犯効果の高さや水回りの清潔感などが求められると考えられます。
また、物件の建つ地域や近隣住民の年齢層、世帯構成などからも入居者になりうる人物像は想定できます。

あらゆる可能性を考えながら、リフォームプランをより明確にしていきましょう。


2.【箇所別】アパートのリフォームにかかる費用の相場

ここからは、アパートのリフォームにかかる費用相場を箇所別に紹介していきます。

下記では箇所別にリフォーム費用をまとめていますので、あなたのリフォームプランに合わせて費用概算を求めることができます。ぜひ参考にしてください。

2-1 水回り

■キッチン

システムキッチン交換60~100万円
ミニキッチン交換30~50万円

■洗面室・浴室

浴室
浴槽交換20~40万円
浴室再生塗装15~20万円
浴室内パネル貼り20~25万円
バランス釜からガス給湯器に交換20~30万円
ユニットバスへリフォーム45~60万円
3点ユニットバス交換50~65万円
3点ユニットバスを分離する120~150万円
洗面室
洗面化粧台交換13~30万円

■トイレ

トイレ交換12~30万円
和式トイレから洋式トイレへ35~50万円

以下の記事も参考にしてください。

▼キッチンリフォーム

キッチンリフォームで失敗しない全知識【費用・手順・使いやすさのコツ】
キッチンリフォームで失敗しない全知識【費用・手順・使いやすさのコツ】