【30事例付き】あなた好みのおしゃれな内装にする3ポイント

「せっかくのリフォームの機会だから、憧れのあのカフェのようなおしゃれな内装にしたい!」「でもいざ考えると、どんな内装にリフォームしようか。」と悩まれる人も多いのではないでしょうか。

こんにちは、リフォームガイドです。リフォームガイドでも、マンションのフルリフォームなどの機会に、「せっかくだからとことんおしゃれにしたい」という要望を多く受けます。

そこで、そのような要望にお応えして、おしゃれな内装を実現するために押えるべき3つの秘訣と、最近のおしゃれな内装のトレンド5パターンをご紹介します。

これを読むことで、おしゃれな内装にするために押えるべきポイントが分かるだけでなく、最新トレンドを押さえることで、みなさまがマネしたいおしゃれな内装が見つかります。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.失敗しない!おしゃれな内装3つの秘訣!

たくさんの「おしゃれ」と呼ばれる事例を分析すると、「おしゃれ」とは見た目の美しさだけでなく、「この空間にずっといたい」と思わせるような広々とした開放感や使い勝手のよさも「おしゃれ」を構成する要素だと考えることができます。

ここでは、おしゃれな内装にするための秘訣を次の3つに分けてご説明します。

1

 

2.配色を制する者が統一感を制す!

おしゃれな内装の第一歩は、配色により部屋全体で統一感を出すことです。

どれだけ全体が良くても、アンバランスな色の家具が一つあるだけで、「何か違う」「安っぽい」のような印象を与えてしまいます。ここでは、配色で外してはならないポイントを伝授します。

2-1.「7:2.5:0.5」で色を合わすと、調和させやすい!

色の組み合わせだけでなく、色の配分によっても大きく印象は異なります。

調和させやすい色の配分として、ベースカラー7割、メインカラー2.5割、アクセントカラー0.5割という数字を押さえておきましょう。

1

ベースカラーは部屋の印象の基礎を作ります。明るい感じにするのか、シックな感じにするのか、イメージの方向性を決めます。メインカラーは、部屋の主役になる色です。ソファやカーテン、ラグなどで使います。

最後に、アクセントカラーは、クッションやランプシェードなどインテリアのポイントや引き締めに使われます。アクセントとして使う色なのでメリハリがつく、目がひきつけられる色を使いましょう。

2-2. 明るい色を中心に使うと広く明るく見える!

どんなに見た目が美しくとも閉塞感を感じる空間をおしゃれと言い難いかと思います。

白など明るい色は「膨張色」で、大きく膨らんで見え、軽く見えます。一方で、黒など暗い色は「収縮色」で小さく引き締まって見え、重く見えます。このような色の特徴を活かし、天井は明るい色を使う方が無難と言えるでしょう。

2

2-3.家具・建具は床と同色か濃い色にすべし!

木製家具や建具は、床の色との相性によって見え方が大きく異なります。

明るい色の床の上に同色の家具・建具を置く場合、部屋を広々と見せます。さらに木部の色が揃うことで、小物などでアクセントがつけやすくなります。

また、明るい色の床の上に、濃い色の家具を置くと、家具が強調されます。さらに、濃い色には重厚感があるため、家具が高級品のように見えます。

3

4

なお、各種家具や建具の木部の色の使い過ぎには注意しましょう。

特に、木部で薄茶色、赤茶色、こげ茶色を使ったら、既に3色使っているという認識をお持ちください。家具や、床、建具の色を揃えることで、すっきりとした印象を与えることができます。

2-4.配色の3つの基本パターンを押さえよう!

どれだけ内装に凝ろうと、色の組合せ次第で、おしゃれな雰囲気にもなれば、落ち着きのない雰囲気になることもあります。

しかし、配色における3つの基本パターンを押さえることで、最低限失敗しない色合わせをすることができます。

5

一つ目は、類似色です。暖色系や寒色系など色味が似た色を使うことで、安心感のある雰囲気を出すことができます。

二つ目は、同系色です。同じ色相の明度や彩度が異なる色を組み合わせる方法です。

三つ目は、同一トーンです。同じ明度・彩度で異なる色相のものを組み合わせる方法です。

■類似色の事例

ソファのオレンジ色とキッチンカウンターやその他棚で赤色を組み合わせたパターンになります。床や壁、天井の白色とコントラストが利き、カジュアルな印象を与えております。

6
出典:http://www.8044.co.jp/

■同系色の事例

アクセントクロスで薄水色、ソファで濃い青色と寒色系の色中心で全体の色合いを構成することで、落ち着いた印象を与えております。観葉植物自体も青色に近い色になるため、調和がとれた空間になっております。

7

■同一トーンの事例

和室の夕日のようなデザインが映えるのも畳やクロス、照明も含めて、渋めのトーンで統一されたからに他なりません。もし畳が明るめのものを使っていたら全く違った印象になっていたでしょう。

8
出典:http://www.artreform.com/

 

3.間取りを制する者が開放感を制す!

「開放感のあるリビングにしたい」
「圧迫感をなくしたい」

おしゃれな内装について考える際、このような思いを持たれる人も多いかと思います。

ここでは、間取りという観点から、開放感を得られる空間づくりのポイントを伝授します。

3-1.壁や建具は極力取っ払うべし!

視線が奥まで届き、行き止まりを見通せない間取りにすることで、開放感のある雰囲気を演出することができます。

そのためには、間仕切りを減らし、建具も極力設けない間取りにしましょう。

さらに、間仕切りや建具がない間取りにすることで、家の奥まで光や風が届くようになり、通気性も上げることができます。

■土間を活用し回遊性を向上した事例

廊下やLDKといった概念に縛られず、土間の回廊で家中どこでも行ける大胆なリノベーション事例になります。

建具は引き戸にすることで、通常は大きなLDKとして使いながらも、状況に応じて小部屋を作ることができます。

9
出典:http://www.balleggs.com/

■古い和室をつぶし、大きなLDKにした事例

使わなくなった和室をリビングの一部として取り込むという典型的なリフォーム事例になります。

耐震の観点から筋交い(バッテンになっている柱)は抜くことができませんが、袖壁としてそのまま残すよりも断然開放感を出すことに寄与してくれます。

10
出典:http://www.artreform.com/

3-2.窓枠やドア枠を大きく確保して、開放感を得るべし!

窓枠を大きく確保したり、建具の上の垂れ壁や袖壁をなくしてドア枠を大きく確保したりすることで、より一層開放感のある雰囲気を演出することができます。

窓枠やドア枠を大きく確保して、開放感を得るべし!

3-3.家具や照明は等間隔で配置すべし!

家具や照明などを等間隔で配置すること空間をきれいに整えることができます。縦や横、高さのバランスを意識して配置を考えていきましょう。

家具や照明は等間隔で配置すべし!

複数の家具を並べるときは、基準線を設け、家具の中心または端のラインを揃えるときれいに見えます。さらに、その基準線を壁や窓の中心に揃えるとより一層きれいに見えます。

 

4.光の当て方を制する者が高級感を制す!

カフェやホテルなど商業空間で得られる高級感を実現する場合、照明に対しても配慮が必要になります。

高級感を与えるためには、ダウンライトや間接照明を組み合わせて使いましょう。

ダウンライトが照らしたい部分の床を照らし、間接照明が天井の端を明るくすることによって、メリハリが利いて、かつ広々と感じられる光環境を作ることができます。

一方で、一般家庭でよく使われているシーリングライトは、部屋全体が明るくなりすぎる傾向にあり、安っぽく見えてしまいます。

12

なお、光の感じ方は人それぞれであるため、実際に設置をした後に、「暗すぎる」「明るすぎる」とイメージのギャップに嘆く人が多くいます。

そうならないためにも、明るめのワット数の照明を選んでおき、調光器で調整することが望ましいことを念頭に置いておきましょう。

 

5.おしゃれな内装の最新トレンド5パターン

人によって好みは千差万別ですが、時代時代でトレンドは存在します。

近年は経済情勢の変化も影響し、おしゃれな内装のトレンドは、生活感のない洗練されたシンプルなデザインか、古民家風でレトロな雰囲気を残したデザインか、このどちらかに寄る傾向にあります。

この軸で「おしゃれな内装」を分類すると、以下の図のように5パターンに分類できます。

13

ご覧のように、シンプルモダンでは、白をベースカラーとしてくっきりとした原色との組合せでコントラストを利かす一方、古民家風モダンでは、色調のものも渋めのもので統一することで、レトロな雰囲気を出しております。

5-1.シンプルモダンの特徴と事例のご紹介

シンプルモダンは、シックな高級デザイナーズマンションのような内装にしたい方におすすめです。床や壁など「全部白」を基調としたデザインになります。

照明や幅木などその他の飾り付けの要素も極力存在感がないようにまとめる一方、家具や壁紙で黒色をアクセントとして取り入れることで、白と黒のコントラストがきれいに効いたおしゃれな内装を実現できます。

■高級デザイナーズマンションのような内装の事例

床・壁・天井を白色で統一。ソファなどにアクセントカラーとして黒色を使用することで引き締まった空間に。照明はダウンライト中心に構成し、間接照明も使用することで空間を明るく、広く感じさせております。

14

■アクセントカラーを変えるだけでカジュアルな雰囲気に!

家具などで黒色以外のオレンジなど濃い色を取り入れることで、シックからカジュアルに雰囲気を変えることもできます。

15
出典:http://www.8044.co.jp/

■その他のシンプルモダンの事例    

16
出典:http://www.artreform.com/

17
出典:http://www.artreform.com/

タイトルなし18

5-2.北欧風モダンの特徴と事例のご紹介

北欧風モダンはまるでIKEAや無印良品のカタログに出てきそうなおしゃれなカフェのような空間にしたい方におすすめです。

白木の床と白い壁を基調とし、薄明るいピンクや水色のアクセントウォールを取り入れたデザインになります。全体的に甘くなり過ぎず、洗練された印象を与えることができます。

なお、床材は親しみやすい雰囲気を出すために、あえて節ありのパイン材を用いることでカジュアルな雰囲気を出すことができます。

20

■まるで北欧のカフェのような内装にした事例

全体的に白色で統一し、ソファなどの家具で明るめのアクセントカラーを取り込むことで、北欧風な雰囲気を演出しております。

シンプルモダンと同様、幅木・廻り縁の要素は見せないことで、すっきりとした印象を与えることができます。

19

■ワンポイントで原色・柄物のファブリックを取り入れた例

北欧風モダンでは、名前の通り、北欧で生まれたマリメッコのような原色系の柄もののファブリックをワンポイントで取り入れると、アクセントが利いておしゃれな空間を演出できます。

カーテンなどでマリメッコなど北欧ものの色柄が強調されたものを使用することで、楽しい雰囲気を演出することができます。

21
出典:http://www.8044.co.jp/

タイトルなし22

5-3.和風モダンの特徴と事例のご紹介

和風モダンでは、白色の壁紙に対して、床材はスギが使用されます。

このようなベースに対して、縁のない半畳やすっきりとした障子を取り込むほか、家具の高さは低めに抑えることで、洗練された「和」の雰囲気を感じることができます。

■和風モダンの事例

23

24

25
出典:http://www.balleggs.com/

タイトルなし27

5-4.ナチュラルモダンの特徴と事例のご紹介

新築・リフォームともに最も一般的なデザインで、おしゃれな内装を志向しつつも、失敗したくない人におすすめです。

ナチュラルモダンは、針葉樹の無垢フローリングや白い壁を基調に、梁や幅木、廻り縁を目立たせることで、「木の家」であることを強調するデザインになっております。

■床と同系色の家具で統一感をアップした事例

建具や家具(テーブル・椅子など)は木製で揃えるだけでなく、その木材の種類も揃えた方が、インテリア全体としてフィット感を出すことができます。

28

■和モダンと組合わせた事例

日本に昔からある「木の家」の雰囲気を醸し出すため、他の基本パターンと比較して「和風モダン」との相性がよいデザインになります。

29
出典:http://www.artreform.com/

タイトルなし30

5-5.古民家風モダンの特徴と事例のご紹介

古民家風モダンは、レトロな雰囲気を醸し出すカフェのような雰囲気にしたい人におすすめです。古材やアンティークなど色の濃い材料を使用することで、レトロ感をアップすることができます。

なお、照明器具はインダストリル・ヴィンテージを使用することでレトロ感を強調することができます。

32

■壁も古材調にすることでレトロ感をアップした事例

床材は古材調フローリングを使用するほか、アクセントウォールや建具も古材調の木材で統一することで、レトロ感をアップすることができます。

31

■その他の古民家風モダンの事例

33
出典:http://www.artreform.com/

34
出典:http://www.balleggs.com/

35
出典:http://www.balleggs.com/

タイトルなし36

 

6.手軽にできる!おしゃれな内装ワンポイントテク

これまでに述べてきたようなおしゃれな内装は、新築や大型リフォームなどの機会に何百万とかける必要があり、自分に関係ないと思われた方もいらっしゃったかと思います。

ここでは、そのように思われたみなさまに費用はかけず、おしゃれな内装を実現するワンポイントテクを伝授します。

クロスや床を張替えるだけで部屋の印象はかなり変わります。また、カーテンなどでおしゃれなファブリックをワンポイントアクセントとして取り入れるだけでかなり部屋の印象は変わります。

37

その際、使いやすいのがダイノックフィルム。接着剤が既にフィルムに付着した状態で販売されているため、張りつけは比較的に容易です。プロに施工を依頼する場合でも通常の壁紙と比べて施工費用を抑えることができます。

タイトルなし50
出典:http://www.mmm.co.jp/cmd/request/case/dinoc/office.html

床については、フローリングを張り替えるとコストがかかりますが、クッションフロアを現状のフローリングの上に上張りすることで費用を抑えることは可能です。

以前は安っぽいといったイメージのあったクッションフロアですが、今では無地調はもちろん、木目調や、タイル、大理石のデザインのものもあります。

39
出典:http://www.toli.co.jp/product_floor/floor_cfh.html

 

7.地域別!おしゃれな内装おすすめリフォーム会社のご紹介

おしゃれな内装にするためには、みなさま自身がおしゃれなこれまで述べてきたようなおしゃれな内装にするための要点を押さえるほか、センスのある施工会社を見つける必要があります。

ここでは、各都市別にセンスのある施工会社をいくつかご紹介します。

7-1.バレッグス キュースタジオ(東京)

バレッグス キュースタジオでは、「作りすぎず、壊しすぎず」をコンセプトに、お求めやすい価格でのリノベーションができます。もともと不動産仲介業として事業を始めているため、物件探しからワンストップで提供できます。

40

41
出典:http://www.balleggs.com/

7-2.タツミプランニング(横浜)

タツミプランニングは、新築も手掛けるリノベーション会社になります。グッドデザイン賞を2度受賞するほか、夏は涼しく、冬は暖かい「魔法びんハウス」という工法を取り入れるなど、機能面でも提案力の高い会社になります。

42

43
出典:http://www.tatsumi-planning.co.jp/

7-3.クラシカホーム(愛知)

クラシカは、自然素材を使った新築・リフォームが得意な会社になります。漆喰などを活用して、体に優しい家づくりを提案できるほか、中二階の活用など機能性の観点からの提案にも定評のある会社になります。

44

45
出典:http://www.classica.co.jp/

7-4.オーバルホーム(大阪)

オーバルホームでは、社長自身でまずデザインを考え手書きのイメージ図でご提案します。近年、3Dパースでのイメージ図が太宗を占める中、非常に暖かみを感じます。以下の施工事例のように、造作家具も得意としております。

46

47

7-5.ジール(神戸)

ジールは、社長自身がデザインへのこだわりが強く、「お客様のご要望に+αの付加価値を付けた提案」をすることにジールの価値を見出しております。打合せ時には、様々な施工事例が載ったインテリアのカタログを持参し、お客様の趣向をヒアリングし、提案内容に反映します。

8

 

8.まとめ

いかがだったでしょうか。おしゃれな内装について最近のトレンドや、自分好みのおしゃれな内装の見つけ方、その他照明や間取りで注意する点について理解が深まったかと思います。

ところで、リフォームでおしゃれな内装を実現する場合、みなさま自身が具体的にどのような内装にしたいかはっきりとした考えを持つだけでなく、しっかりそれをカタチにできるセンスのよいリフォーム会社も必要になります。

そのような場合、みなさまに満足の行くリフォームをして頂くために、リフォームガイドも誠心誠意ご協力させて頂きますのでよろしくお願致します。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。