【30事例つき】あなた好みのおしゃれな内装を実現するポイントは3つ!

おしゃれな内装

「せっかくのリフォームだから、憧れのあのカフェみたいなおしゃれな内装にしたい!」
「いざ内装リフォームをするとなると、迷って方針が決められない!」

と、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

こんにちは、リフォームガイドです。リフォームガイドでお受けするご相談でも、フルリフォームなどの機会に「せっかくだからとことんおしゃれにしたい」という要望は多いです。

そのような要望にお応えして、

  • おしゃれな内装を実現するために押えるべき3つの秘訣
  • 最近のおしゃれな内装のトレンド5パターン

をご紹介します。

この記事を読めば、おしゃれな内装にするためのポイントがわかります。さらに、最新トレンドを押さえた真似したくなるおしゃれな内装が見つかります。


1.失敗しない!おしゃれな内装3つの秘訣!

「おしゃれ」といわれる内装の事例を数多く見ていると、「おしゃれ」とは見た目の美しさだけでなく「この空間にずっといたい」と思わせるような開放感や居心地のよさも「おしゃれ」を構成する要素であることがわかります。

この章では、おしゃれな内装にするための秘訣を以下の3つにわけてご説明します。

おしゃれな内装にするために押さえるべき3つの秘訣

配色2章 配色を制する者が統一感を制す!
間取り3章 間取りを制する者が開放感を制す!
照明4章 光の当て方を制する者が高級感を制す!

2.配色を制する者が統一感を制す!

おしゃれな内装の第一歩は、配色により部屋全体で統一感を出すことです。

どんなにおしゃれにコーディネートしても、アンバランスな色の家具が一つあるだけで「何か違う」「安っぽい」といった印象を与えてしまいます。この章では、絶対外せない配色のポイントを伝授します。

2-1.「7:2.5:0.5」で色を合わせると調和させやすい!

色の組み合わせだけでなく、色の配分によっても印象は大きく変わります。

調和させやすい色の配分として、ベースカラー7割、メインカラー2.5割、アクセントカラー0.5割という数字を押さえましょう。

1

ベースカラーは部屋の印象の基礎となります。明るい感じにするのか、シックな感じにするのかなど、イメージの方向性を決めます。

メインカラーは、部屋の主役になる色です。ソファやカーテン、ラグなどで使います。

最後に、アクセントカラーは、クッションやランプシェードなど、インテリアのポイントや引き締めに使います。アクセントとして使う色なので、メリハリがつく、目が引きつけられる色を使いましょう。

2-2. 明るい色を中心に使うと広く明るく見える!

どんなに見た目が美しくても、閉塞感がある空間は「おしゃれ」と言い難いでしょう。

白など明るい色は「膨張色」です。大きく膨らんで見え、軽やかに見えます。一方、黒など暗い色は「収縮色」です。小さく引き締まって見え、重く見えます。このような色の特徴を活かすと、天井は明るい色を使うのが無難です。

2

出典:http://www.artreform.com/

2-3.家具・建具は床と同色か濃い色にすべし!

木製家具や建具は、床の色との相性によって見え方が大きく異なります。

明るい色の床の上に同色の家具・建具を