法改正でリフォームできなくなる?2025年建築基準法改正の影響

リフォーム できなくなる

中古住宅購入やリフォームを検討していると「来年になるとリフォームできなくなるかも?」そんな情報を耳にすることがあるかもしれません。リフォームできなくなるのは本当なのか、どのような物件だとリフォームできなくなるのか気になりますよね。

実は2025年4月に建築基準法が改正されることが発表され、リフォームにも影響が出ると予想されています。今回は法改正の内容をわかりやすく解説し、リフォームできなくなる物件やその対策をご紹介します。


1.2025年4月に建築基準法が改正!リフォームできない・しにくい物件が増える

今回「リフォームできない物件が出てくるかも」と予想される話の背景にあるのが、2025年4月の建築基準法改正です。法改正によってリフォームでも建築確認申請が必要なケースが増えるため、工事の可否や費用面などで影響を受けると考えられています。

[参考]建築確認申請とは?

家を新築するときに必要なのが建築確認申請。工事が始まる前に行政へ「このような建築物を建てます」という申請をして許可をもらい、工事が終わったら申請のとおりに正しく建てられているかを確認してもらうという流れです。

この確認申請は「新築だけのもの」というイメージがあるかもしれませんが、実はリフォームでも必要になることがあります。例えば「床面積が10㎡以上増える増築」や「鉄骨2階建てや木造3階建ての大規模リフォーム」では確認申請が必要です。

この建築確認申請が通らないと、工事を行うことができません。住まいの安全のために大事な手続きではありますが、建築確認は、工事の納期に影響したり、そもそも着工ができない要因になったりするのです。
回答

▼関連記事

5分で分かる増築時の確認申請とは!