スケルトンリフォームとは?どんな時に選ぶ?費用・事例など徹底解説

スケルトンリフォームとは、骨組みだけを残して住宅を解体し、内装・外装をすべて新しく作り直すリフォームのことをさします。(マンションの場合は一室をコンクリートが見える状態まで全て解体し内装を作り直すリフォーム)

こちらの記事では、スケルトンリフォームにまつわる基本的な情報をわかりやすく解説しています。

スケルトンリフォームの費用相場や実際に行われた施工事例など詳しくご紹介していますので、ご自身のリフォームにぜひ役立ててください。

最後までじっくり読むことで、あなたに必要なリフォームがスケルトンリフォームであるかどうかわかります。


1.スケルトンリフォームは骨組み以外のすべての箇所を作り直す工事のこと

スケルトンリフォームとは、骨組み以外の全ての箇所を作り直す工事のことを指します。
内装や壁まで全て撤去するため、水回りの移動や間取りの作り直しなど可能な工事の幅が広く、ご自身のライフスタイルにあわせた住まいを実現することができます。

スケルトンリフォームとは

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/381(戸建て) / 提供:あなぶき興産(マンション)

戸建てのスケルトンリフォームの場合、内装と外装はすべて壊して基礎・骨組みだけ残し、一から内装・外装を作り直します。間取りや内装・外装デザイン、設備等全てご自身の家族構成・ライフスタイルにあわせて自由にカスタマイズ可能です。
また、築年数の古い物件でも耐震や断熱など機能性にかかわる工事が可能となり、新築同然の仕上がりが期待できます。

マンションのスケルトンリフォームでは、間仕切りや水回り設備などの内装をコンクリートが見える状態までに解体・撤去し、一から作り直します。
マンションの場合、窓サッシや玄関ドアなど「共有部」のリフォームは不可能ですが、断熱工事・配管交換などはできるため、見た目だけでなく建物の性能面も刷新することが可能です。

マンションのスケルトンリフォームとは?間取り事例やメリットを解説
マンションのスケルトンリフォームとは?間取り事例やメリットを解説
マンションのスケルトンリフォームとは?間取り事例やメリットを解説