リフォームか建て替えか?どちらがいいか徹底比較|費用・寿命・工事制限など

アイキャッチ

築古の家にこれからも住もうとする時、
「大規模なリフォームをするなら、建て替えてしまったほうがいいのでは?」
「それともリフォームのほうがかなり安いのだろうか?」
という疑問にぶつかるのではないでしょうか。

一生に二度もない大きな決断ですので、判断は慎重になりますよね。

基本的には、リフォームのほうが解体費用や廃材処分費用がかからない分、建て替えるより安いです。
ただ、リフォームでは劣化部分をひとつひとつ修復していくため、作業効率が悪くなります。そのため家の状態によっては建て替えたほうが手っ取り早く、場合によっては安く済むこともあります。

また、リフォームか建て替えどちらが良いかは価格の安さで判断できるものではありません。
例えば、「今後どのくらいの期間住み続けるのか」、「そもそも建て替えができる建物なのか」など、リフォームか建て替えかを選ぶうえで考えるべきことはたくさんあります。

こちらの記事では、リフォームと建て替えとの違いを徹底比較するほか、リフォームと建て替え両者の費用相場も詳しく解説しています。
ご自身のお住まいがリフォームと建て替えどちらに適しているか判断するために、ぜひ参考にしてください。

>>実際の見積もりデータから算出した「リフォームの費用と相場」をチェック!


1.【築年数別】「リフォーム」と「建て替え」どっちがお得?建物の状態/費用で考える

建物の築年数が古く、リフォームと建て替えどちらにすれば良いか悩んでいる、という方は多いのではないでしょうか?

こちらの章では、築30・40・50年それぞれの建物がリフォームもしくは建て替えのどちらに適しているか解説していきます。

築30年内装や水回り中心のフルリフォームがおすすめ
築40年スケルトンリフォームがおすすめ
築50年基本的に建て替えがおすすめ

工事を検討している建物の築年数だけでなく、劣化状況にも応じてリフォーム/建て替えのどちらにするか決定しましょう。

1-1. 築30年:全面リフォームがおすすめ

築30年の建物は、内装や水回り中心のフルリフォームを行うのがおすすめです。

劣化状況は建物によって異なりますが、築30年であれば設備交換や内装貼り替えなどのリフォームで対応が可能です。

具体的には、水回り等設備の交換、内装の張り替え、外壁塗装などです。

また、費用の面でも築30年の物件はリフォームの方がお得になります。

反対に、築30年ほどの物件であれば構造部分の劣化も少なく、解体や廃材処分など工事にかかる費用がかさんでしまうため、建て替えはおすすめできません。

<築30年のリフォームと建て替え相場>
リフォーム建て替え
500~3000万円2500~5000万円
ただし、建物の状態が著しく悪い場合は、スケルトンリフォームで柱や基礎のみを残して耐震性を上げたほうが良い場合もあります。
回答
築30年のリフォーム完全解説-費用相場やおすすめリフォーム-
築30年のリフォーム完全解説-費用相場やおすすめリフォーム-
築30年のリフォーム完全解説-費用相場やおすすめリフォーム-