建具リフォームに悩んでいる人必見!費用や選び方を完全解説

アイキャッチ

「建具リフォームにかかる費用っていくらだろう?」
「建具リフォームをしたいけれど、どんなものを選んだらいい?」
こんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

建具のリフォームでは、建具の選び方とリフォームの方法によって、費用が変わってきます。

また、建具を目的に応じて適切に選ぶことで失敗のないリフォームができます。

この記事では、建具リフォームを行う方の多くが悩む費用や建具の選び方に加えて、お得にリフォームできる方法をご説明します。


1.建具リフォームの費用

どんなリフォームでもまず気になるのは、費用はいくらかかるのかということですね。

この章ではまず費用相場をご紹介し、さらに実際の見積もりに沿って建具リフォームにかかる費用の詳細をご説明します。

1-1.建具リフォームの費用相場

建具リフォームの費用は、以下の2つの要素で変動します。

  • 建具リフォームの方法
  • どの建具を使用するのか

この2つのポイントに従って、建具リフォームの費用相場を以下の表にまとめました。

建具リフォーム費用相場

建具本体の代金は、開き戸、折れ戸、引き戸の順に高くなります。

また、ドア枠も交換する場合や別タイプの建具に交換する場合は、枠の交換や周辺の内装工事、開口部の拡張など、工程が多くなる分費用も高くなります。

1-2.建具リフォームの費用内訳

おおまかな費用相場を見て、「何にいくらかかっているかわからない」と感じた方も多いかと思います。

建具リフォームにかかる費用をさらに細かく分類すると、以下のとおりです。

  • 既存撤去及び廃材処分費 1~3万円程度
  • 新規建具代 4.5~37.8万円程度
  • 新規建具取り付け費 1.5万円程度
  • 引き渡し清掃費 1万円程度
  • 諸経費(人件費や職人の交通費)1.5~3万円程度

建具と一緒に枠を交換する場合や別のタイプの建具に交換する場合には、上記に加えてクロス工事(2.5万円~)や開口口拡張工事費(1.5~4.8万円)がかかります。

次に、リフォームガイドを通じて行われたリフォームの実際の見積もり書をもとに、何にいくらかかったのかをご紹介します。

開き戸から引き戸へリフォームした場合の費用見積もり

こちらは、開き戸から引き戸へと、別のタイプの建具にリフォームしたケースの費用見積もりです。

建具リフォームでは、商品代(赤枠で囲んだ部分)で費用が大きく変動します。これは、引き戸本体の費用相場が約5~40万円と幅があるためで、どの建具を選ぶのかによって費用が異なります。

この見積もりのケースは標準的な商品を選んだので合計金額は高額ではありませんが、選ぶもの次第で費用は高くなる場合があります。