【プロが教える】室内の壁にドアをつけるリフォームの費用と注意点

10年、20年と住んでいるとお家の不便なところが目につくようになるのではないでしょうか。

「部屋と部屋をもっと楽に行き来できたら…」
「納戸からものを取り出しやすくしたい…」

そのような生活動線のお悩みは壁にドアをつけるリフォームで解決できます。

一見、簡単にできるリフォームだと思われがちですが、壁に穴をあける際には注意すべき点が多く、必要な知識をつけずにリフォームにのぞむと予想以上に費用がかかったり、リフォームの規模が大きくなってしまったりします。

リフォーム後に後悔しないためにも、この記事では費用の相場やリフォームをする際に注意すべき点、ドアの選び方までを詳しく説明していきます。


1.壁にドアをつけるリフォームの費用

1-1.壁にドアをつけるリフォーム費用の相場

室内の壁を開口してドアを取り付けるリフォームの費用は、10万~20万円くらいが相場ですが、ドアの種類によって費用が変わってきます。

ドアの種類とその費用相場をまとめました。

1-1.壁にドアをつけるリフォーム費用の相場

できるだけ安価に、一般的な家庭で使用されるドアでリフォームをした場合、このくらいの費用がかかるというイメージでご覧ください。

もしドアの材質が無垢材(1つの丸太から切り出した木材)だったり、ガラス部分があって採光機能を持つドアを選ぶのであれば、この費用相場プラス5万円前後となります。

これらの費用の差はドア本体の商品代の差によるものが大きいです。商品代は開き戸、折れ戸、引き戸の順で高くなっていきます。

特に引き戸は開口部が大きいのに加えて、開口部以外のスペースにも施工が及ぶため、他と比べて費用が大きくなります。

1-2.具体的な費用の内訳

具体的にはどんな費用がかかるの?と気になった方もいらっしゃるかと思います。

壁にドアを付けるリフォームは以下の費用がかかります。

  • ドア商品代(シンプルなもの)
    開き戸4万~6万円
    折れ戸5万~7万円
    引き戸6万~8万円
  • ドア取り付け費 2万~2.8万円
  • 壁開口ならびに開口部の補修費 2万~4万円
  • 廃材処理費 5万~1万円
  • 諸経費(職人さんの手間賃や交通費を含む) 2万~3万円

ここで実際にリフォーム会社が提示した見積もり例をとおして費用の内訳を確認しましょう。

内訳

これは納戸に通じる出入り口を増やすために開き戸タイプのドアを取り付けた場合の見積もり例です。

業者によってはドア取付工事費は安いけど廃材処分費は高くとるなど、費用構成にバラツキがあるため、トータルの費用で適正なのかどうかを判断するとよいでしょう。

また、注意する部分として「壁開口ならびに開口部の補修費」(赤で囲った部分)は壁や床の状況によって大幅に変動してしまうので、しっかりと現地調査で費用を査定してもらうべきです。この例では現状の壁や床が良好だったため簡単な補修のみで済み、2.5万円となっています。

築年数が古く壁がすでに弱体化しているなど壁の状態が悪い場合、その部分を開口すると開口部の補修では済まず壁全体の補強費用が5万~10万程度かかってくるので注意が必要です。業者に壁の状況を査定してもらう際に、補強費用がかかるのか確認してから施工するか判断するといいでしょう。

>>満足度高い業者選びのコツ