引き戸リフォームで知っておきたい費用や選び方、注意点を完全解説

引き戸リフォームで知っておきたい費用や選び方、注意点を完全解説

「バリアフリーのために引き戸にしたいけれど、どんな種類の引き戸にするのがいいの?」
「引き戸リフォームにかかる費用の相場はいくら?」
このような疑問を抱いて、この記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

実は、引き戸には4つの種類があり、目的や使う場所によって選ぶべきタイプが異なります。

また、引き戸の種類によって扉の枚数も変わってくるため、どのタイプ選ぶかによって費用も異なってきます。

この記事では、

  • あなたの目的に合う引き戸はどのタイプか
  • 引き戸のタイプによって費用はどのように変わるのか

を解説します。さらに、

  • 費用を抑えるために工夫できるポイント

も伝授いたします!


1.引き戸リフォームの費用

引き戸リフォームをしたい人がまず気になるのは費用でしょう。

引き戸リフォームの費用は、どのタイプの引き戸を選ぶかと、施工方法によって決まります。

この章では、まず引き戸リフォームの費用相場をご紹介します。さらに、実際の見積もり例を踏まえ、何にいくらかかるのかを具体的にご説明します。

1-1.引き戸リフォームの費用相場

引き戸リフォームの費用相場は以下の通りです。

引き戸リフォームの費用相場

片引き戸や引込み戸は、戸一枚から施工することができます。一方、引き違い戸や両引き戸では最低二枚の戸が必要になり、比較的費用が高めになります。

また、ガラス付きの引き戸を選んだ場合は、上記の費用からさらに2~5万円程度かかります。ガラス付きの引き戸は、ほかのタイプに比べて高値であるため、施工費用が割高になるのです。

1-2.引き戸リフォームの内訳

大まかな費用相場を前項でご紹介しました。この項では詳細な見積もり例をもとに、何にいくらかかっているのかを解説します。

引き戸リフォームにかかる費用内訳は以下の通りです。

  • 引き戸本体代 5~35万円程度
  • 養生費 0.5~1万円程度
  • 既存建具撤去及び廃材処分費 1~3万円程度
  • 控え壁造作及び下地調整費 1.5~4.8万円程度
  • 引き渡し清掃費 1万円程度
  • 諸経費 1.5~4万円程度

次に、実際に行われた引き戸リフォームの見積もり例を見ていきましょう。

引き戸リフォームの見積もり表

これは、もともと開き戸(ドア)であった室内ドアを引き込み戸にリフォームしたケースの見積もりです。

一般的に、商品代そのものは業者によってそれほど大きく変わりません。しかし、工事費の各項目でいくらかかるかは、業者によってばらつきがあります。

また、引き戸のリフォームにあわせて周辺の壁紙や床の張り替えリフォームを行う場合は、そのぶん追加で費用が発生します。費用を抑えるために引き戸がある壁面の壁紙だけを張り替えると、ほかの壁面と色が合わずに浮いてしまうおそれがあります。一方で、部屋全体のクロスを張り替えれば仕上がりは美しくなりますが、そのぶん追加費用がかかる点に注意が必要です。