ベランダ防水はDIYが可能!デメリットや手順、費用を解説

DIYでベランダ防水を行うメリット・デメリットや手順、費用を解説

「ベランダの防水をDIYできるか知りたい」
「ベランダをDIYで防水工事する方法を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、ベランダの防水をDIYでおこなう方法や、メリット・デメリットなどを紹介します。
具体的には以下の内容を解説します。

  • ベランダをDIYで防水するメリットとデメリット
  • ベランダ防水をDIYでおこなう場合のおすすめ工法
  • ベランダをDIYで防水する手順
  • ベランダ防水を業者ではなくDIYにした場合の費用や工期
  • ベランダ防水をDIYで施工する際の注意点

上記を把握しておけば費用を抑えつつ手順に迷うことなく防水工事ができるでしょう。

 


1.ベランダ防水をDIYでおこなう場合のメリットとデメリット

ベランダの防水をDIYでおこなう最大のメリットは、工事価格が安くなる点です。一方で、デメリットは工事に失敗するリスクが高いことでしょう。

他にもベランダ防水のDIYにはメリットとデメリットがあるためチェックしてみてください。

1-1.DIYのメリット

ベランダ防水をDIYするメリットは以下の3つです。

  1. 工事価格が安くなる
  2. 他人を家に入れる心配がない
  3. 業者に騙される心配がない

具体的に解説していきます。

工事価格が安くなる

ベランダの防水をDIYでおこなうと、業者に依頼するよりも5〜8割程度の価格で工事が可能です。理由は、手間賃がかからないためです。

ただし、工事用具を揃えるために余計な費用がかかるため、小規模な工事だと業者に依頼する場合と大差がないこともあります。

他人を家に入れる心配がない

ベランダの防水を業者に依頼する場合、職人を家に入れなければいけません。ベランダに長時間いることはもちろん、移動の際には室内を通りますし、トイレを貸すこともあるでしょう。

他人を家に入れたくない場合にはDIYが適しています。

業者に騙される心配がない

ベランダの防水を業者に依頼すると悪徳会社に騙される危険があります。悪徳会社にだまされると、高額な費用を請求されたり手抜き工事をされたりするでしょう。

ただし、悪徳業者は対策をすることでほとんど見抜けます。業者に騙されたくないためにDIYをして失敗する人もいます。
悪徳業者を避けたいだけの理由でDIYをするのはやめましょう。

1-2.DIYのデメリット

ベランダの防水をDIYするデメリットは以下の3つです。

  1. 防水がすぐに剥がれやすい
  2. プロによるアフターケアが受けられない
  3. 防水層の施工は困難

上記を知らずにDIYで工事すると後悔するでしょう。

防水がすぐに剥がれやすい

プロによる施工ではないためDIYで工事をした防水は剥がれやすくなります。ベランダの防水には国家資格が存在するほど専門的な知識と技術が要求されます。

素人が防水をしても失敗する可能性が高いため、材料本来の耐用年数まではもたないことを理解したうえでDIYをおこないましょう。

プロによるアフターケアが受けられない

ベランダの防水工事を業者に依頼した場合は、すぐに剥がれてしまったとしても無償で補修してくれるケースが多いです。

一方で、DIYによる工事だと防水が剥がれた場合は自分で材料を調達して補修しなくてはいけません。

防水層の施工は困難

ベランダの防水を塗装で行う場合、DIYだと「防水層」の施工は難しいです。なぜ防水層の施工が困難かというと、専門性が高すぎてDIYだと失敗しやすいためです。

「防水層」とは、ベランダの防水塗装で下地に当たる部分です。防水機能があるため防水塗装には必須の素材となります。

防水層を保護する塗装として「トップコート」があります。トップコートであればDIYが可能です。

ベランダの防水塗装が「防水層」まで劣化している場合はDIYが困難ですので、業者に依頼しましょう。

 

以上のことから、工事に失敗しても構わない人や、高度な技術を持っている場合にDIYは適しているでしょう。