ベランダから雨漏りした際の対処法や費用、業者選びを解説

ベランダから雨漏りした際の対処法や費用、業者選びを解説

「ベランダが雨漏りしているけれど対処法や費用を知りたい」ベランダで雨漏りを見つけたら、このように考えるでしょう。この記事では、ベランダが雨漏りした際の対処法などを紹介します。

具体的には、

  • 雨漏りの原因箇所と対処法
  • 修理にかかる費用
  • 修理手順や依頼する際の注意点

を解説します。ベランダが雨漏りしても慌てずに、この記事を読んで適切な対処を行いましょう。

 


1.ベランダが雨漏りする原因と対処法

ベランダに限らず、雨漏りした原因を特定するのは簡単ではありません。特に室内まで雨漏りしている場合は、特殊な調査をしなければ原因を知ることはできないでしょう。ベランダが雨漏りする原因には以下の6つがあります。

  1. 外壁の破損
  2. 防水加工の劣化
  3. シーリングの破損
  4. 排水口の詰まりや劣化
  5. 笠木(かさぎ)の破損
  6. 施工不良

基本的に、自分で雨漏りの部位を特定することはできません。ほとんどのケースで業者に調べてもらわなければいけないため、下記の原因の予測が立たない場合は雨漏りの専門業者に調査を依頼しましょう。

1-1.外壁の破損

外壁が破損してベランダ内部に雨漏りするケースです。ベランダ周辺の外壁に亀裂が入っている可能性が考えられます。雨漏りしている箇所の裏側や、周辺を調べてみて破損している外壁がないかを調べましょう。雨水の侵入部位が特定できれば隙間を補修することで雨漏りを防げます。

1-2.防水加工の劣化

ベランダの床にほどこされている防水塗装が劣化して、室内に雨漏りを引き起こすケースです。防水加工は10年もすれば劣化するため、再塗装が必要です。ベランダ床の防水にひび割れや劣化が見られる場合は、再塗装をすれば雨漏りを防げるでしょう。

1-3.シーリングの破損

ベランダのサッシや外壁素材には、「シーリング」と呼ばれるゴム状の素材が埋め込まれています。シーリングが劣化すると亀裂が入り、雨水が侵入して雨漏りの原因となります。古いシーリングを剥がして充填し直すことで雨漏りを防げます。

1-4.排水口の詰まりや劣化

ベランダの排水口が落ち葉や土で詰まるとベランダに雨水が溜まり、雨漏りが発生するケースがあります。排水口の一部が劣化して、雨水を逃がすパイプに亀裂が入ってしまうこともあるでしょう。排水口が詰まっていないかを確認し、パイプが怪しいようなら業者に修理してもらいましょう。

1-5.笠木の破損