ベランダ防水の種類や費用、寿命、DIYができるかを解説!

「ベランダの防水工事をしたいけれど費用や種類を知りたい」こう思ってはいませんか?防水加工は方法を間違えるとすぐに剥がれてしまい、雨漏りを引き起こします。防水の種類や費用、寿命を知って、適切な工事をできるようになりましょう。

この記事では、ベランダにおける防水工事の種類や費用について紹介します。 

 


1.ベランダ防水の種類には何があるの?

ベランダ防水には3種類があります。

種類防水工事の費用耐用年数特徴
シート防水5〜7万円12〜15年安価で丈夫だが決まった形状にしか加工できない
ウレタン防水6〜8万円10〜13年複雑な形状に対応できるが劣化しやすい
FRP防水7〜10万円10〜13年複雑な形状に対応できて耐久性は高いが費用がかかる

上記は4㎡程度のベランダを想定しています。ベランダの広さや補修状況によっては価格が大きく変動します。

また、「防水加工」と「外壁塗装」は何が違うのかと疑問に思う人もいるでしょう。両者は明確に違いがあります。

「防水加工」とは水を通さないことに特化した工事です。ベランダや屋上の床に行う工事で、水が溜まりやすい場所に必要です。

「外壁塗装」とは、防水性を問わず塗料を塗る工事です。外壁塗装や屋根塗装を指すことが多いでしょう。ベランダにおいては床以外の部位が外壁塗装の領域です。床を外壁塗装で塗ってしまうと雨漏りが起こりますし、外壁を防水塗装してしまうとデザイン性が低下します。

それぞれの特性を理解して使い分けることが重要です。

1-1.シート防水

固形のシートを張り巡らせることで防水を行う加工方法です。主に屋上で使う手法のためベランダではほとんど利用しません。

メリットは、安いこと、丈夫なことです。

デメリットは、形状が固定されているため複雑な構造の床には利用できないことです。

シート防水は、広いベランダを所有する人に向いています。テラスのような30㎡を超えるベランダを所有しているのならシート防水を検討してみてもよいでしょう。

1-2.ウレタン防水

ウレタン樹脂を塗装することで防水性を高める加工方法です。FRP塗装と並んでベランダの防水加工としてよく利用されています。

メリットは、シート防水に比べて複雑な構造物でも加工ができること、FRP防水よりも安いことです。

デメリットは、他の加工方法に比べて工期が長いこと、手塗りのため防水塗膜の厚さにムラができることです。ウレタン防水は価格を抑えて防水加工をしたい人に向いています。

1-3.FRP防水

FRP防水の塗料はガラス繊維を含んだ強化プラスチックによって作られています。ウレタン塗装と並んで、ベランダの防水加工としてよく利用されています。

メリットは、シート防水に比べて複雑な構造物でも加工ができること、ウレタン防水よりも耐久性が高いこと、塗装ムラができにくいことです。

デメリットは、3種類で最も価格が高いこと、塗膜が硬いためひび割れしやすいことです。

FRP防水は広範囲に塗るとひび割れしやすい性質があるため、狭いベランダに向いています。