ベランダ塗装における補修時期や費用を解説!DIYは可能?

「ベランダを塗装するタイミングや費用を知りたい」「DIYでベランダの塗装はできるのか」こう考えている人は多いでしょう。この記事では、ベランダの塗装を補修するタイミングや費用について紹介します。ベランダの補修時期や費用がわかれば、無駄な工事費用を支払うリスクを抑えられるでしょう。

 


1.ベランダを塗装で補修する時期の目安をチェック

ベランダに塗装が必要かどうかは劣化状況によって決めます。ベランダ補修の目安となる劣化状況の例として以下の4つがあります。

1-1.ひび割れ

ベランダの塗装表面や下地がひび割れている劣化症状です。ひび割れを放置すると隙間から雨水が浸入して雨漏りを引き起こします。小さなひび割れが1つや2つだけなら問題はありません。ひび割れが多数の部位で確認できるとか、下地素材まで割れている場合は補修が必要です。

1-2.剥がれ

ベランダの塗装が剥がれている劣化症状です。塗装には、外壁の素材を紫外線や雨から保護する役割があります。塗装が剥がれてしまった壁や床は、雨が染み込むとか紫外線を防げなくなります。ベランダの多くの部位で塗装が剥がれている場合は補修を検討しましょう。

特にベランダの床は「防水加工」といって水を通さない塗装をしているため、剥がれると雨漏りを引き起こしやすくなります。

1-3.ふくれ

ベランダの塗装がふくれてしまう劣化症状です。「ふくれ」は、塗装の内部が剥がれてしまって表面がふくらんでいる状態です。ふくれは内部に水が溜まってしまうと下地が侵食されてしまうため、剥がれよりも厄介な状態といえます。 1箇所や2箇所であれば問題は少ないですが、外壁の多くの場所でふくれが見つかったら塗装が必要です。

1-4.外壁や床の破損

ベランダの外壁や床の素材が破損している場合は補修が必要です。破損状況が激しい場合は塗装だけでは直しきれず、下地素材から修繕しなくてはいけません。ベランダで起こりやすい破損としては、笠木の変形やサビ、外壁の欠けがあります。破損した部位から雨水が侵入するため早急に補修をしましょう。