屋根塗装をしなかった場合に起こりうる問題・費用・注意点を解説

屋根を塗装しなかった場合に起こりうる問題・費用・注意点を解説

「屋根は見えないから塗装しなくても問題ないのではないか」
このように考えてはいませんか。屋根の塗装は見た目以外にも重要な役割があります。

この記事では、屋根塗装の必要性や費用などを紹介します。具体的には、

  • 屋根塗装が必要な理由
  • 屋根の塗装を放置すると何が起こるのか
  • 屋根塗装にかかる費用
  • 工事をする際の注意点

を詳しく解説します。屋根の塗装をしなければ最終的に高額な費用がかかるケースもあるでしょう。

>>実際の見積もりから算出した屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をチェック!


1.屋根塗装の役割と、放置したら起こる問題とは

塗装が必要な屋根の例としては以下があります。

  • スレート屋根
  • トタン屋根
  • セメント瓦屋根
  • ガルバリウム屋根

一般的な住宅で塗装が必要ない屋根は「日本瓦」くらいでしょう。自宅の屋根が「日本瓦」でなければ塗装が必要と考えてください。

1-1.屋根塗装の役割

屋根を塗装する目的は主に2つあります。

  1. 屋根を保護する
  2. 太陽光や熱を防ぐ

他には「見た目を良くする」目的もあります。ただ、屋根は劣化しても地上から異変が見えにくいため、見た目の重要性は高くありません。

屋根を保護する

屋根は雨や風にさらされるため劣化しやすい部位です。塗装をほどこすことで雨や風から屋根の建築材を守ることができます。

屋根の内部には防水シートが張られていますが、水の侵入を完全に防げるものではありません。塗装をしなければ建築材は雨水によって腐食してしまうでしょう。

太陽光や熱を防ぐ

屋根に使う塗料には「遮熱(しゃねつ)塗料」、「断熱(だんねつ)塗料」が存在します。遮熱塗料は太陽光を反射して熱の発生を抑制し、断熱塗料は熱を通しにくくする材料です。

遮熱・断熱塗料を使うことで室温の上昇を抑えることが可能です。一般的な塗料より価格は高額となりますが、冷房費用の節約や、ヒートアイランド現象の対策として効果が期待できるでしょう。

1-2.屋根塗装の必要性と放置して起こる問題

屋根塗装を行わなければ以下の問題が起こります。

  • 雨漏りが起こる
  • 強風で屋根が破損しやすくなる

なぜ上記のような現象が起こるのでしょうか?

雨漏りが起き建物全体が劣化する

塗装しないと雨水が屋根の内部まで侵入しやすくなります。内部まで侵入した雨水は、屋根材を劣化させて室内まで及ぶでしょう。

室内に雨漏りを引き起こした場合は、屋根の修繕だけでは済みません。屋根塗装は外壁と一緒に行っても150万円程度ですが、住宅の建て直しとなれば2,000万円はかかります。余計な費用をかけないために屋根塗装は必要なのです。

強風で屋根が破損しやすくなる

屋根の塗装をしないと屋根材が紫外線や雨によって劣化します。屋根材が劣化すれば、今までは問題がなかった強風でも屋根は簡単に破損するでしょう。雨水が屋根内部まで侵食してしまうと、強風で屋根ごと吹き飛ぶ可能性もあります。

 


2.屋根塗装の種類や費用はどのくらい?

屋根塗装で利用する主な塗料はウレタン、シリコン、フッ素の3種類があります。

30坪程度の住宅だと、屋根塗装のみにかかる費用は50〜80万円程度でしょう。外壁塗装と同時に行う場合は100〜140万円が目安となります。

以下は「屋根100㎡(30坪)あたりの塗装費用(足場・人件費含む)」の相場です。

各塗料には遮熱性能を備えた「遮熱塗料」が存在します。遮熱塗料の場合は一般塗料より高価格となるでしょう。

価格は目安であり、住宅の構造や業者によって変動します。屋根塗装は紫外線や雨などを受けやすく、外壁に比べて劣化しやすいため寿命が短い傾向があることも覚えておきましょう。

2-1.ウレタン塗料

10年ほど前までは主流だった塗料でしたが、耐用年数が5〜7年と短いため屋根で使われる機会は少なくなりました。

価格が安く、屋根塗装の予算がない場合には適していますが、長期的に考えるとコストパフォーマンスが悪い塗料です。

2-2.シリコン塗料