屋根工事で利用できる補助金・助成金の条件や自治体例を紹介

屋根のリフォームをする際に自治体から補助金や助成金が支払われることはご存知でしょうか?

この記事では、屋根の工事に関する補助金・助成金の種類や条件を紹介します。具体的には、

  • 屋根工事で使える補助金や助成金の種類
  • 補助金や助成金を受ける条件
  • 屋根工事で受け取れる補助金や助成金の金額
  • 補助金や助成金を受け取れる自治体の例
  • 制度を利用する際の手順

を解説しています。

補助金や助成金の制度を利用することで屋根の工事費用を抑えて効果的なリフォームを行いましょう。

>>実際の見積もりから算出した屋根リフォームの費用相場をチェック!


1.屋根工事で利用できる補助金・助成金の種類 

補助金・助成金が利用できる屋根のリフォーム方法は主に2種類あります。

  1. 省エネリフォーム
  2. 耐震リフォーム

どちらかに該当するリフォームを行えば、補助金や助成金を自治体から受け取れるチャンスがあります。

省エネリフォーム|例:断熱(遮熱)塗料による屋根塗装、屋根の断熱改修

省エネリフォームとは、環境に優しいエコリフォームを指します。

よく見られる助成金事業の一つが断熱(遮熱)塗料による塗装です。太陽光を反射させて熱の吸収を抑制する塗料(断熱塗料や遮熱塗料)を使用し外壁や屋根の塗装をおこなうことで、室内温度の上昇を防ぎ冷暖房効率を良くするため、住宅の省エネ性能を向上させることができます。

その他、屋根材の下に断熱材を設置するなどの断熱改修も省エネ性能を高めるリフォームの一つで、補助金・助成金が用意されていることがあります。

太陽光発電パネルの設置に対し補助金が出る場合もあります。

▼断熱目的のリフォームに関しては、国の補助金事業を使える場合もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

断熱リフォームで使える補助金5種類をすべて解説!【2024年版】
断熱リフォームで使える補助金5種類をすべて解説!【2024年版】
断熱リフォームで使える補助金5種類をすべて解説!【2024年版】
記事を読む

耐震リフォーム|例:屋根の軽量化のための葺き替え

耐震リフォームは、基準値を下回る耐震性能の建物を補強する際にお金が支払われます。

屋根を軽くするため瓦屋根を別の屋根材に葺(ふ)き替えるなど、耐震性能の向上を目的とした屋根リフォームに助成金が用意されている可能性があります。