FRP防水のバルコニーをメンテナンスする時期や方法を解説

「バルコニーで使うFRP防水って何?」
「FRP防水のメンテナンス時期や費用を知りたい」

こういうような疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、バルコニーで使うFRP防水の特徴や費用相場などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • バルコニーで使うFRP防水の特徴
  • FRP防水のバルコニーをメンテナンスする時期
  • FRP防水のメンテナンス方法
  • バルコニーのFRP防水にかかる費用の相場
  • バルコニーのFRP防水をメンテナンスするポイント

バルコニーのFRP防水の知識を持つことで、適切な工事を適正価格で不安なく行うことができるようになるでしょう。

 


1.バルコニーに使う「FRP防水」とは?

FRP防水とは、バルコニーやベランダの雨漏りを防ぐために使う塗装方法の一種です。ガラス繊維などを使って強化したプラスチック塗料を利用します。

1-1.FRP防水のメリット

FRP防水には3つのメリットがあります。

  1. 仕上がりが美しい
  2. 摩擦に強い
  3. 複雑な形状の下地でも利用できる

FRP防水は表面に光沢があるため、他の防水加工に比べて美しい仕上がりとなります。摩擦に強く、バルコニーやベランダのような人が頻繁に歩くような場所に適しているでしょう。

また、FRP防水は塗料を使うため、施工する場所の形状を問いません。狭い場所でもしっかりと防水加工ができ、パイプやエアコンの室外機があるバルコニーでも利用に問題はないでしょう。

1-2.FRP防水のデメリット

FRP防水には2つのデメリットがあります。

  1. ひび割れしやすい
  2. 紫外線に弱い

FRP防水は、材質が硬いためひび割れしやすい欠点があります。また、他素材に比べて紫外線による劣化が進行しやすいため、太陽光が常に当たる「屋上」には適していません。

こうしたことからFRP防水は、屋上よりも雨が入りにくく、屋根や壁によって太陽光が遮断されている「バルコニー」に適した塗料です。

 


2.FRP防水のバルコニーをメンテナンスする時期

バルコニーのFRP防水をメンテナンスする時期は2つの方法で確認できます。「年数」と「劣化状況」です。<