ベランダ(バルコニー)をサンルームにリフォームする費用・方法・注意点

「天候を気にせず洗濯物を干したい」「使っていないベランダを有効活用したい」と考えている方におすすめしたいのが、ベランダのサンルームへのリフォームです。すでにベランダがある場合には手すり壁を活用したり、既存の後付けベランダと置き換えたりすることで、サンルームを設置できます。

この記事では、2階のベランダをサンルームにリフォームする方法や費用などを、メリット・デメリットと併せて解説します。ベランダをサンルームにする際の注意点やリフォーム会社の選び方もお伝えしますので、サンルーム増設の成功にお役立てくださいね。


1.ベランダの造りによって違う!ベランダをサンルームにする方法・費用・施工日数

ベランダをサンルームにする方法や費用、施工日数は、もともとのベランダが「造り付け」になっているか「後付け」になっているかによって異なります。

1-1.【造り付けのベランダ】透明の囲いを後付けで設置(約50万円/2~3日)

「造り付け」のベランダとは、建物と一体になった下の画像のようなベランダを指します。

建物に付属するバルコニー

出典:https://www.8044.co.jp/gallery/387

ベランダが造り付けとなっている場合は、既存のバルコニーの手すり壁の上に透明の囲いを後付けするタイプのサンルームを設置できます。

造り付けベランダに後付けできるサンルーム(LIXIL・サニージュ)
画像引用:LIXIL | ガーデンスペース | サニージュ

造り付けのベランダが広い場合は部分囲いも可能です。

広い造り付けベランダには部分的に設置できるサンルーム(LIXIL・サニージュ)
画像引用:LIXIL | ガーデンスペース | サニージュ

費用については設置するサンルームの種類やサイズによっても異なりますが、50万円程度は見積もっておきましょう。工事日数は2〜3日程度 必要です。

1-2.【後付けのベランダ】解体してサンルームを新たに設置(60~75万円/4〜5日)

「後付け」のベランダとは、下の画像のように後付けされた柱で支えるタイプです。建物とは別の素材でできて一体化されておらず、手すりが柵状になっているのが特徴です。

柱で支えるバルコニー

出典:https://www.8044.co.jp/gallery/207

後付けのバルコニーの場合は、解体・撤去し新たに同じく柱で支えるタイプのサンルームを設置する必要があります。