ベランダ防水工事の基本知識【費用や業者選びの注意点】

ベランダの防水に不安をお持ちではないですか?

ベランダの防水加工が劣化すると、雨水が下地に侵入して雨漏りを起こしてしまいます。すると家の内部へと腐食して家全体の寿命を縮めてしまうことになりかねません。住まいを守るベランダ防水工事は、費用の相場や適切な業者の選び方をしっかりと把握していなければいけません。今回は、ベランダ防水工事をする際に必要な知識を解説いたします。

こちらを参考にベランダの防水工事を行い、雨風に耐える丈夫な家を実現させましょう。


1.ベランダ防水工事の種類【費用/工期/耐久性】

ベランダ防水工事をする際、以下の4つが施工方法として一般的です。各方法によって、かかる費用や耐久性が異なってきます。

ベランダに用いられる方法としては、FRP防水ウレタン防水がお勧めです。もちろんシート防水やアスファルト防水にもメリットがありますから、業者と相談しながら状況に応じて選びましょう。

以下で、各方法の特徴を説明していきます。

 FRP防水ウレタン防水シート防水アスファルト防水
おすすめ度
費用/4㎡(一般的なベランダ)10万~15万円8万~10万円7万~9万円20万~30万円
工期1~2日下処理によっては3~4日かかる場合もある
耐久性10~13年10~13年12~15年15~20年
よく用いられる場所ベランダすべて屋上広い屋上

1-1.ベランダで一般的なFRP防水

ベランダで一般的なFRP防水

繊維強化プラスチック(FRP)を使った防水工事です。現在の新規住宅のベランダはほとんどがこのFRP防水です。

メリット

  • 高い防水性、耐熱性、耐久性を備えています。
  • 硬化速度が速いので、工事は1~2日で終了する場合が多くなっています。

 デメリット

  • 伸縮性が無いので、紫外線が長期間当たったり、地震などで建物が揺れるとヒビが入ってしまいます。
  • 定期的に表面を塗り替える必要があります。

1-2.どんな場所にも対応できるウレタン防水塗装

ウレタン防水塗装

ウレタン樹脂塗料を塗る防水工事です。あらゆる場所を塗装することができます。

メリット

  • 現場で仕上げる工法のため、複雑な形状のベランダを含め、すべての場所に適しています。
  • 作業工程が簡単で、短時間で終わらせることもできます。

デメリット

  • 人の手で塗るために完全に均一になりにくく、経年による劣化と亀裂に弱いため、約5年ごとに表面を塗り替える必要があります。

1-3.屋上の防水に向いているシート防水

シート防水

防水シートを粘着テープや接着剤などで下地に貼りつけて防水します。主に屋上のような人目につかない場所の防水に用いられます。

メリット

  • FRP防水と比べて費用を抑えることが出来ます。伸縮性があるため、下地の亀裂にも柔軟に対応することができます。

デメリット

  • 薄いシートなので損傷しやすいです。接着させるために下地が平らである必要があります。複雑な形状の場所には用いづらいです。