壁の塗り替えに使う塗料の特徴を知って効果的に工事しよう

アイキャッチ

「外壁塗装に使う塗料は何がいいの?」
「内壁にはどんな塗料を選ぶべきか知りたい」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、外壁や内壁に使用する塗料の違いについて解説いたします。

具体的には、

  • 外壁によく利用する塗料の種類
  • 内壁によく利用する塗料の種類
  • DIYと業者への依頼はどのくらいの価格差があるのか

について紹介いたします。

壁の塗装を安心して業者に依頼するために、塗料の種類を事前に確認しておきましょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.外壁によく利用する塗料の種類

外壁によく利用する塗料の種類

外壁塗装に利用する主な塗料は以下の4種類です。

30坪程度の住宅であれば外壁塗装にかかる費用は60万円〜120万円程度が目安となるでしょう。

全体費用の内訳としては、塗料で約2〜3割、人件費で約3〜4割、工事費用などで約3〜4割です。

1.外壁によく利用する塗料の種類

1-1.ウレタン系塗料

耐用年数が6〜10年と短く、4種類の塗料のなかでは最も安いです。多くの住宅で外壁塗料に使用されていましたが、現在ではコストパフォーマンスに優れたシリコン系塗料を使う人が増えています。

1-1.ウレタン系塗料

1-2.シリコン系塗料

耐用年数が8〜15年でコストのバランスが優れている塗料です。シリコン系塗料は個人住宅の外壁塗装において主流となっている材料で、多くの塗装工事で利用しています。

外壁塗装の塗料に迷ったらシリコン系塗料を選べば間違いはありません。

1-2.シリコン系塗料

1-3.ラジカル系塗料

耐用年数が12〜15年でとコストのバランスが最も優れている塗料です。登場して数年しか経っていない新しい塗料で、コストパフォーマンスが最も良く、住宅塗装での利用頻度が増えてきている材料です。

ただし、実績が乏しいため信頼性に疑問が残ります。ラジカル系塗料はあと10年ほど待って実績が確かなものになってから利用すると良いでしょう。

1-3.ラジカル系塗料

1-4.フッ素系塗料

東京スカイツリーや公共事業などで使用している高品質な塗料です。耐用年数15〜20年と長いためメンテナンス頻度を下げたい場合に使用します。

1-4.フッ素系塗料

1-5.水性塗料と溶剤系塗料の違い