ベランダ・バルコニーリフォームを成功させる全ノウハウまとめ

  • ベランダ・バルコニーのリフォームをしたいけれど、いくらかかるのだろう?
  • 防水加工するなら、どれくらいお金がかかるのだろう?
  • リフォームには、どれくらい時間がかかるのかな?

ベランダやバルコニーのリフォームを検討している人は、こういった悩みを抱えているでしょう。

たしかにベランダやバルコニーの相場やかかる時間なんて、まったくピンとこないですよね。

本記事では、

  • ベランダ・バルコニーの、パターンごとにおけるリフォーム相場費用
  • リフォームにかかる時間
  • リフォーム業者の選び方

について、詳しく解説します。

本記事を読めば、ベランダ・バルコニーのリフォームについて、ほとんどわかるはずです。

1.ベランダ/バルコニーのリフォームの施工内容と費用

まずは、ベランダ・バルコニーのリフォームにかかる費用をおさえましょう。

費用は、施工内容によって異なります。

1-1.ベランダ/バルコニーを増築する

ベランダ・バルコニーを増築する場合、費用はおおむね以下のとおりです。

引用:7種類のベランダ増築リフォームを完全解説!費用相場や注意点など

というように、一口にベランダ・バルコニーのリフォームといっても、費用はさまざまです。

1-2.ベランダ/バルコニーを拡張する

もう少しベランダ・バルコニーのリフォームにかかる費用について、詳しく解説しましょう。

まずは、「拡張」する場合について解説します。
拡張する場合の費用は、30万円から40万円程度となるでしょう。

リフォーム費用は、

  • デザイン
  • 素材
  • 大きさ
  • 工事の難易度
  • 設置場所の高さ
  • 家の窓の位置

などによって変動します。

ちなみに「後付けバルコニー」を設置するだけなら、約30万円の費用です。

とはいえ、バルコニーを変えるだけでも雰囲気は大きく変わりますね。

1-3.ベランダ/バルコニーにサンルーム・屋根を設置する

続いて、ベランダ・バルコニーにサンルームを設置するリフォームの場合を考えてみましょう。

サンルームとは、「ガラス張りになっている、透明な部屋」のことですね。
解放感がありつつも、実用性のある構造です。

サンルーム設置の場合は、40万円から80万円ほどの費用が必要となります。
少し費用の幅が広い点には、注意しなければいけません。

屋根を設置する場合は、おおむね20万円から30万円の費用が必要となります。
これは、やはり屋根の大きさや使用される素材で費用が上下します。

より詳しく知りたい場合、ベランダ・バルコニーをリフォームする際にかかる費用を徹底解説!!も併せて読んでみてください。

1-4.ベランダを部屋にリフォームする

ベランダを部屋にリフォームするという方法もあります。

この場合、費用としては40万円から170万円ほどがかかるでしょう。

ベランダを部屋にリフォーム場合の費用は、元々の面積で変動します。

より詳しく知りたい場合、ベランダを部屋にリフォームする方法とその費用や注意点も併せて読んでみてください。

2.ベランダ/バルコニーの床を防水工事・塗装する費用

続いて、防水工事・塗装リフォームについて解説します。

ベランダ・バルコニーの防水工事の場合、5万円から50万円程度が必要となるでしょう。

防水工事の費用は、

  1. 使われる塗料やシートの種類
  2. 塗料を塗る面積の広さ
  3. 表面の塗り替えのみか「防水層」の補修も必要か

によって決定します。

これらの合計が、工事費用の総額となるわけです。

2-1.ベランダ防水塗装で使われる塗料やシートの種類

まずは、防水加工に使われる塗料やシートの種類ごとの費用を見てみましょう。

  単価(1㎡) 耐用年数
塩化ビニールシート 3,500円〜7,000円 10年〜20年
ゴムシート 3,000円〜7,000円 10年〜15年
FRP 5,000円〜8,000円 10年〜12年
ウレタン 4,000円〜7,000円 10年〜15年

これに施工面積をかけあわせれば、塗料にかかる費用が割り出されます。

参考記事:FRP防水のバルコニーをメンテナンスする時期や方法を解説

2-2.表面の塗り替えのみか「防水層」の補修も必要か

続いて、工事をする場所について考えてみましょう。

ベランダ・バルコニーの防水工事では、

  • 表面だけを加工する「トップコート」
  • 雨漏りを防ぐ機構である「防水層」

が、工事対象となりえます。

トップコートだけなら、工事費用は総額20万円程度でおさまるでしょう。

画像のように、表面をコーティングする、比較的簡単な工事です。

しかし、トップコートの内側の「防水層」まで防水加工するなら、30万円から50万円ほどが総額の費用となります。

3.ベランダ/バルコニーを外壁塗装する費用

続いて、ベランダ・バルコニーリフォームの外壁塗装について考えてみましょう。

これは、防水目的だけではなく、美観や壁材の保護を目的におこなわれるものです。

外壁塗装の場合は、総額で10万円から30万円の費用がかかるでしょう。

費用は、使用する塗料の種類、および面積によって変動します。

塗料の種類 単価(1㎡) 耐用年数
ウレタン塗料 2,100円〜3,100円 7年〜15年程度
シリコン塗料 2,700円〜4,100円 12年〜15年程度
フッ素塗料 3,700円〜4,700円 15年〜20年程度

というように、塗料によって費用は大きく異なります。

これに塗装面積をかけあわせた数字が、塗料にかかる費用というわけです。

上記に加えて5万円から10万円程度加算した金額が、費用総額となります。

ただし足場を組む必要などがあれば、さらに3万円から10万円程度の費用が必要です。

より詳しく知りたい場合、『バルコニーの外壁&防水塗装の種類・費用・時期をチェック!』・『ベランダから雨漏りした際の対処法や費用、業者選びを解説』も併せて読んでみてください。

もし費用面で心配があるなら、ベランダ防水はDIYも可能です。しかしDIYでも対応できない場合もあります。自宅のベランダがDIY可能かどうかはベランダ防水はDIYが可能!デメリットや手順、費用を解説を参考にしてみてください。

4.ベランダ/バルコニーリフォームをすべき時期と工期

続いて、ベランダ・バルコニーのリフォームにおける、

  • 時期
  • 工期

について解説します。

4-1.時期

時期を見極める方法は、ふたつあります。

ひとつは、耐用年数から逆算する方法。

時期については、前回のリフォームから10年程度が目安です。
あるいは、家が建ってから10年後経ったタイミングも、ベランダ・バルコニーのリフォームのタイミング。

なぜなら、防水塗装の耐用年数はおおむね10年前後だから。
つまり、およそ10年周期でリフォームすれば問題ありません。

もうひとつは、「防水塗装の状況で判断する」という方法。

先ほど、防水塗装の耐用年数は10年程度であると説明しました。
しかし、環境次第では8年程度で劣化しきってしまう場合もあります。

一方で環境が易しければ、15年ほど長持ちする場合も。

だから防水塗装の状況で判断することも重要です。

ベランダ・バルコニーについては、以下のような状況であれば、リフォームが必要です。

  • 塗装が剥がれてきている
  • ひび割れが発生している
  • 床に水たまりができる
  • 排水溝が破損し、詰まっている

4-2.工期

工期については、さほど長くはかかりません。

10メートル四方のベランダ・バルコニーでも、1日か2日程度で終わるでしょう。
ただし下地や天候次第では、3日程度に伸びる可能性もあります。

より詳しく知りたい場合、ベランダの防水塗装で最適な方法・費用・時期を見極めるコツも併せて読んでみてください。

5.ベランダ/バルコニーリフォーム業者の選び方

ベランダ・バルコニーのリフォームを実施する場合、業者選びが非常に重要です。

業者選びにおいては、3つのポイントがあります。

5-1.専門業者に依頼すること

なぜなら、専門でない業者は、防水工事に慣れていないケースがあるから。

なるべく防水工事を専門としている業者に依頼しましょう。

また、防水工事の実績なども、ホームページで確認しておきたいところです。

5-2.複数の業者で見積もりをとること

相見積もりすれば、ベランダ・バルコニーのリフォーム費用について、法外な金額の契約を避けられます。

5-3.アフターサービスについて確認しておくこと

防水工事は、やや難しい工事です。

よって工事が不完全で、漏水などが起こってしまうと、たいへんなトラブルに発展するかもしれません。

したがって、保証内容などについて知っておくことは重要です。

同時に保証があるなら、具体的に何を保証するのかもチェックしておきましょう。 

より詳しく知りたい場合、ベランダ防水工事の基本知識【費用や業者選びの注意点】も併せて読んでみてください。

6.ベランダ/バルコニーリフォームで使える補助金

意外と費用がかかる、ベランダ・バルコニーのリフォーム。

しかし、実は補助金を受けられるケースがあるのをご存知でしょうか?
条件次第ですが、国や自治体から補助金を受けられるかもしれません。

ベランダ・バルコニーリフォームが対象となっているなら、ぜひとも利用しましょう。

一例として、国土交通省による「長期優良住宅化リフォーム推進企業」が挙げられます。

引用:建築研究所

同事業では、条件を満たしている場合、ベランダ・バルコニーのリフォームにおいて補助金が支給される仕組みです。

そのほか、都道府県や自治体ごとの補助金を利用できるかもしれません。

ベランダ・バルコニーのリフォームを実施するなら、かならず補助金をチェックしましょう。

ただし、ベランダ・バルコニーのリフォームに関する補助金は、インターネットで検索してもすぐに出てこなかったりします。

できれば、都道府県や市町村役所で直接確認するのがおすすめです。

7.ベランダ/バルコニーの増築で違法にならないために気を付けること

ベランダ・バルコニーを増築する場合、2mを超えるものである場合は、容積率をオーバーして違法建築にならないかどうか、気を付けましょう。

容積率とは、敷地面積に対して建物の延べ床面積の割合がどのくらいか、ということですが、この割合は、地域や土地によって限界値が決まっています。つまり、一定の広さ以上の建築をした場合は、「違法」になってしまいます。

ベランダ・バルコニー増築では、幅2mを超える場合のみ、超える部分の面積が床面積としてカウントされます。

よって、2mを超える幅のベランダ・バルコニー増築を考えている方は、今の容積率はどうかを確認しましょう。

また、容積率の他にも日当たりの問題に関わる「斜線制限」もあります。地域によって規定が違うため、事前によく確認をしましょう。

7種類のベランダ増築リフォームを完全解説!費用相場や注意点など」の「3.ベランダ増築工事でトラブルを避けるための注意点」にて図で解説していますので合わせてご覧ください。

8.まとめ

ベランダ・バルコニーのリフォームにかかる費用は、さまざまです。

トップコートなどの小さな工事なら、10万円から20万円程度の費用で収まるでしょう。

一方、サンルーム設置などのリフォームでは、40万円から80万円ほどの費用がかかる場合もあります。

リフォーム内容によって費用が大きく変動する点は、きちんと理解しておきましょう。

また、ベランダ・バルコニーのリフォーム業者を探すうえでは、正しい探し方を意識することが重要です。

先ほども触れたとおり、

  • 専門業者へ依頼する
  • 相見積もりを実施し、不利な契約を避ける
  • アフターフォローや保証内容を確認しておく

といった点は、きちんとおさえておきましょう。

(ベランダ・バルコニーリフォームの関連記事)

ベランダ・バルコニーリフォームの全ノウハウまとめ

ベランダ・バルコニーリフォームの関連記事

(ベランダ・バルコニーリフォーム関連記事をもっと見る)


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。