中古住宅購入リフォームの流れがまるわかり!お役立ち情報もご紹介

「中古住宅を購入してリフォームする流れが知りたい」

「中古住宅を購入してリフォームするまでにはやることが多そう…」

このようにお考えではありませんか?

今回は、中古住宅の物件探しからリフォーム完工までの流れを順番に解説していきます。

中古住宅を購入してリフォームするまでの流れは、以下の通りです。

中古住宅購入リフォームの流れ

図からもわかるように、中古住宅を購入・リフォームして住むまでには非常に多くのステップがあります。事前にこの流れを把握しておくことで、不動産会社や金融期間とのやり取りがスムーズになるほか、費用を抑えて中古住宅購入リフォームをすることが可能になります。

後半では中古住宅リフォームに役立つ情報もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


1.【図解】中古住宅の購入からリフォームまでの流れまで徹底解説

中古住宅購入リフォームの流れ

中古住宅の購入からリフォーム・完工までは半年~1年、場合によってはそれ以上かかります。

中古物件を購入してリフォームする場合、ローンの手続きやリフォーム会社探しなども並行して進める必要があります。流れをよく把握せずリフォーム会社探しが遅れると、

  • すぐに着工できず住み始めが先延ばしになる
  • 家賃の二重払いが必要以上に長くなる

といったようなデメリットが発生します。

このようなリスクを避けてスムーズに中古住宅購入リフォームを行えるよう、以下より解説する流れをしっかり確認しておきましょう。

1-1.要望の整理

物件探しや予算の検討をする前に、必ず購入する物件に対する要望を整理しましょう。

ご自身の家族構成やライフスタイルに応じて事前に要望を整理しておくことで、条件が定まり物件探しがスムーズになります。

事前に整理しておきたいポイントの例をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

  • 物件の間取り
  • 物件の階数
  • 床面積
  • 駐車場の有無
  • 交通の便
  • 周辺環境の状況
要望整理の際、優先順位も合わせて決めておくことをおすすめします。ご自身が求めるすべての条件に合った物件に出会えることは少なく、その際に優先順位が決まっていないと物件探しからなかなか次に進めなくなってしまいます。住む人全員で要望を洗い出したら、譲れない条件・妥協できる条件についても考え、優先順位を決めましょう。
回答