中古住宅のリフォーム・リノベーション費用相場と安く抑える3つの方法・注意点

中古住宅リフォーム費用

「中古住宅をリフォームして使おうと思うけど、どれくらいの費用がかかりそうか?」
「予算は500万円だけど、どこまでリフォームできそうか?」
「やりたいことはたくさんあるけど、少しでも費用を抑える方法はないか?」

このようにお考えではありませんか?

国土交通省が発表した「既存住宅流通市場の活性化(令和2年3月)」によると、2018年時点の日本の総世帯数が5,400万世帯なのに対し、住宅総数は6,241万戸です。これは日本の総世帯数よりも住宅のストック数の方が上回っていることを示し、空き家率も13.6%と増加し続けています。

住宅ストック数と世帯数の推移

出典:国土交通省 政策レビュー結果「既存住宅流通市場の活性化」

中古住宅の需要は年々伸びており、リフォーム費用と合わせて住宅ローンを組んで購入する方が増えてきています。リフォーム金額によって購入できる物件も変わってくるので、リフォーム費用は気になるポイントです。

この記事では、中古住宅のリフォーム費用の相場や、築年数別の実際のリフォーム事例、費用を抑える方法を解説します。

物件購入の注意点や、物件購入しリフォーム業者を手配する手順も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

▼マンションの方はこちら

中古マンションのリフォーム・リノベーション費用はいくら?相場をチェック!
中古マンションのリフォーム・リノベーション費用はいくら?相場をチェック!
中古マンションのリフォーム・リノベーション費用はいくら?相場をチェック!
記事を読む

>>実際の見積もりデータから見る!戸建てのリフォーム費用と相場


1.中古住宅のリフォーム費用の相場

この章では、中古住宅のリフォーム費用の相場を実際のデータや築年数別のおすすめリフォームの観点からご説明します。

1-1.データから見る中古住宅のリフォーム費用の相場

戸建住宅全面リフォーム費用

出典:リフォームガイド「戸建住宅のリフォーム費用と相場

リフォームガイドで実際に見積もりデータを基に集計したデータによると、中古戸建て住宅のリフォームの費用は、400万円未満、500~600万円が最も多く、中には1,000万円を超える場合もあることが分かります。

このように価格帯の幅が広い理由は、中古住宅のリフォームは、以下2つの「物理的要素」と「心理的要素」によって、リフォーム範囲が異なるからです。

  • 物理的要素:物理的な劣化がどこまでか
    例)築年数が古いほど、耐震補強など必要なリフォームが増える
  • 心理的要素:気持ち、心理的にどこまで新しくしたいのか/設備のグレードや素材にどこまでこだわりたいか
    例)リフォームしなくても使えるが、肌に触れる水回りは最低限新しくしたい。キッチン周りにはこだわりたい

2つ目の心理的な要素は人それぞれのため、ここでは築年数別に想定される劣化状態からおすすめのリフォームとその費用相場を解説していきます。

予算に応じて、ご自身の場合はどこまでリフォームできそうかをイメージしてみてください。

1-2.築年数別!中古住宅のリフォーム費用相場まとめ

中古住宅のリフォームでは、物件の状態、すなわち築年数によってかけるべきリフォーム費用が変わってきます。ここでは、築年数別のおすすめリフォームの費用相場をまとめました。