暖房の設定温度は何度が目安?暖房の電気代を節約する方法を解説

暖房設定温度

冬は暖房を付けて快適に過ごしたいものですが、暖かさを保つために付けっぱなしにしておくと、気になるのが光熱費。上手に省エネをしながら快適に過ごすには、暖房の設定温度を何度にすると良いのでしょうか。

この記事では暖房の設定温度の目安や、暖房での電気代の節約方法などについて解説します。暖房による電気代がかさみがちな方はぜひ参考にしてください。


1.家の暖房にエアコンが良い理由

エアコンは省エネ性が高く効率が良いため、家で使うにはおすすめの暖房器具といえます。冬場に重宝する暖房器具として、エアコン以外にも複数の種類のヒーターがありますが、いずれもエアコンに比べると光熱費は高めの傾向です。以下に、主な暖房器具の消費電力を表でまとめました。

暖房器具 消費電力量(W)
エアコン(6~10畳用) 450~660(立ち上がり時:2000)
ファンヒーター 200~1300
ハロゲンヒーター 500~1200
オイルヒーター 300~1500
電気カーペット(3畳用) 400~1000

部屋の気密性や暖房器具の機種、外気温によって左右されますが、エアコンの暖房運転で消費される電力は、10畳用で660Wです。立ち上がり時の消費電力量は高めですが、暖める範囲が広いうえに室温が上がれば出力が調整されるため、自動で節電できます。

一方、ファンヒーターやハロゲンヒーターなどは消費電力量が高いわりに暖められる範囲が狭く、全体を暖めるには時間がかかるほか、お部屋の広さによっては室内で温度ムラができてしまう可能性があります。暖める範囲の広さやスピード、電気代を考えるとエアコンが最も暖房器具として適しているといえるでしょう。


2.暖房の設定温度の目安は「室温20度」

暖房の設定温度は、「室温が20度になるくらいに調節する」のが目安です。環境省は、2005年から暖房に必要なエネルギー使用量を削減し、CO2の発生を減らして地球温暖化を防止することを目的とした「ウォームビズ」を呼びかけており、快適に過ごすために暖房時の室温の目安を20度と推奨しています。

なお、光熱費の面で見ると、家庭でにおけるエアコンの設定温度別のエネルギー消費量を見ると、21度と20度の間で大きな差ができているのが分かります。

設定温度別消費エネルギー

出典:令和3年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査資料編 令和5年3月環境省

上記のグラフのように、暖房は設定温度を1度低くするだけで、約10%もの消費電力を削減できる場合があります。地球温暖化対策としてはもちろんのこと、光熱費の削減という観点からも設定温度をできるだけ抑えたいものです。同指針で暖房中の室内温度について「19度を目処に過度にならないように」とも言及されています。このあたりを目安にして、設定温度を決めましょう。

室温が20℃だと、少し低すぎるように感じるかもしれませんね。室内でも少し厚着したり、温かいものを食べたりして快適に過ごす工夫が必要でしょう。
回答