庭・外構リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

庭外構DIY

庭・外構は、住宅においてたいへん重要なポイントです。外部からはっきりと見える場所なので、やはりキレイな状態を保ちたいところ。また、住宅内部をオシャレにするのとは、また違った面白さや奥深さがあります。

庭・外構については、DIYでオシャレにしたいと考えている人も多いでしょう。とはいえ、庭・外構については、住宅内部のDIYとは違ってわからない部分も多いはずです。

本記事では、

  • 庭・外構をDIYする際の費用相場
  • DIYするか、リフォーム業者へ依頼するか判断するポイント
  • 実際にDIYするうえで、注意したいポイント

などについて解説します。

庭・外構のDIYを考えている人は、ぜひ参考にしてください。


1.庭・外構をDIYする場合の費用について

庭・外構をDIYの費用については、おおむね以下のとおりです。

DIYの内容 費用
レンガを敷き詰める 10,000円〜50,000円
石張りで仕上げる(乱形石) 20,000円〜50,000円
天然芝を敷き詰める 10,000円〜30,000円
住宅の外壁を塗装する 200,000円〜500,000円
砂利を敷き詰める 90,000円〜120,000円
防草シートを敷設する 15,000円〜25,000円
アプローチをコンクリートで舗装する 100,000円〜150,000円
フェンスを敷設する 15,000円〜40,000円

庭・外構は、DIYする場所としてはなかなかやりがいのあるものです。
ただ、庭・外構については、費用がやや高額な部分があるのは否めません。
いずれの内容でも、はっきりとした効果や変化を感じるためには、それなりな費用が必要でしょう。

また、住宅の外壁を塗装する場合はたいへん高額です。
この場合は高価な工具や足場の組み立てが必要になります。
それらが重なると、表内のような費用感になるわけです。

きちんと費用の相場を観察し、予算的に無理がないDIYを実施しましょう。


2.庭・外構を変える!DIYと業者依頼どっちがいい?

庭・外構の場合、十分にDIYを実施することが可能です。うまくやれば、たいへん満足の行く出来栄えとなるでしょう。また、DIYならではの面白さや奥深さも楽しめます。

とはいえ、

  • 庭・外構をDIYするのか
  • それとも、リフォーム業者を頼るべきなのか

といった点については、やはり悩ましい部分があるでしょう。

DIYと業者依頼、どちらを選択するか判断するうえで大切なポイントについて解説します。

2−1.業者にリフォームを依頼すべき人 

以下のような条件に当てはまる場合、庭・外構はDIYするべきでなく、業者へ依頼するのがよいでしょう。 

  • むずかしい内容のDIYが想定される人
  • 特殊なデザインの庭を作りたい人
  • 材料や道具を調達するのがめんどうな人

まず、むずかしい内容のDIYを想定しているなら、業者にリフォームを依頼するべきでしょう。
庭・外構のDIYは、内容次第では少々むずかしくなります。

たとえば、レンガを敷き詰めるというケースについて考えてみましょう。
この場合、「レンガを一つひとつ、ていねいに敷き詰めていく」という作業が必要となります。

作業自体はカンタンですが、一方で単調で退屈でもあります。
敷き詰めるべきレンガの数、つまりDIYの対象となる面積が広いと、途中でかなり辛くなってきます。
さらに、コンクリートの敷設や外壁塗装は大掛かりな作業となり、難易度も高めです。

こういったケースを避けるなら、業者に依頼するのがよいでしょう。
また、リフォーム業者なら、DIYするよりもはるかに美しく仕上げてくれるはずです。

そして、「特殊なデザインの庭を作りたい」という場合にも、業者へ依頼しましょう。
庭・外構は、DIYでは実現できるデザインには限界があります。
そもそも必要な資材がマイナーすぎて揃わないこともあるし、デザインセンスが足りないこともあるでしょう。
こういった場合には、業者へ依頼することをおすすめします。

また、材料や道具を調達するのがめんどうな人も、DIYではなく業者によるリフォームが合っているでしょう。
庭・外構のDIYでは、重い材料や特殊な道具が必要となります。
たとえば外壁を塗装する際に利用する「足場」は、その典型だと