• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

庭・外構リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

庭・外構は、住宅においてたいへん重要なポイントです。

外部からはっきりと見える場所なので、やはりキレイな状態を保ちたいところ。

また、住宅内部をオシャレにするのとは、また違った面白さや奥深さがあります。

庭・外構については、DIYでオシャレにしたいと考えている人も多いでしょう。

とはいえ、庭・外構については、住宅内部のDIYとは違ってわからない部分も多いはずです。

本記事では、

  • 庭・外構をDIYする際の費用相場
  • DIYするか、リフォーム業者へ依頼するか判断するポイント
  • 実際にDIYするうえで、注意したいポイント

などについて解説します。

庭・外構のDIYを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.庭・外構をDIYする場合の費用について

庭・外構をDIYの費用については、おおむね以下のとおりです。

DIYの内容

費用

レンガを敷き詰める

10,000円〜50,000円

石張りで仕上げる(乱形石)

20,000円〜50,000円

天然芝を敷き詰める

10,000円〜30,000円

住宅の外壁を塗装する

200,000円〜500,000円

砂利を敷き詰める

90,000円〜120,000円

防草シートを敷設する

15,000円〜25,000円

アプローチをコンクリートで舗装する

100,000円〜150,000円

フェンスを敷設する

15,000円〜40,000円

庭・外構は、DIYする場所としてはなかなかやりがいのあるものです。
ただ、庭・外構については、費用がやや高額な部分があるのは否めません。
いずれの内容でも、はっきりとした効果や変化を感じるためには、それなりな費用が必要でしょう。

また、住宅の外壁を塗装する場合はたいへん高額です。
この場合は高価な工具や足場の組み立てが必要になります。
それらが重なると、表内のような費用感になるわけです。

きちんと費用の相場を観察し、予算的に無理がないDIYを実施しましょう。

2.庭・外構を変える!DIYと業者依頼どっちがいい?

庭・外構の場合、十分にDIYを実施することが可能です。

うまくやれば、たいへん満足の行く出来栄えとなるでしょう。

また、DIYならではの面白さや奥深さも楽しめます。

とはいえ、

  • 庭・外構をDIYするのか
  • それとも、リフォーム業者を頼るべきなのか

といった点については、やはり悩ましい部分があるでしょう。

今回は、DIYと業者依頼、どちらを選択するか判断するうえで大切なポイントについて解説します。

2−1.業者にリフォームを依頼すべき人 

以下のような条件に当てはまる場合、庭・外構はDIYするべきでなく、業者へ依頼するのがよいでしょう。 

  • むずかしい内容のDIYが想定される人
  • 特殊なデザインの庭を作りたい人
  • 材料や道具を調達するのがめんどうな人

まず、むずかしい内容のDIYを想定しているなら、業者にリフォームを依頼するべきでしょう。
庭・外構のDIYは、内容次第では少々むずかしくなります。

たとえば、レンガを敷き詰めるというケースについて考えてみましょう。
この場合、「レンガを一つひとつ、ていねいに敷き詰めていく」という作業が必要となります。

作業自体はカンタンですが、一方で単調で退屈な部分も否めません。
敷き詰めるべきレンガの数、つまりDIYの対象となる面積が広いと、途中でかなり辛くなってきます。

さらに、コンクリートの敷設や外壁塗装は大掛かりな作業となり、難易度も高めです。

こういったケースを避けるなら、業者に依頼するのがよいでしょう。
また、リフォーム業者なら、DIYするよりもはるかに美しく仕上げてくれるはずです。

そして、「特殊なデザインの庭を作りたい」という場合にも、業者へ依頼しましょう。

庭・外構のDIYにおいて、実現できるデザインには限界があります。
そもそも必要な資材がマイナーすぎて揃わないこともあるし、デザインセンスが足りないこともあるでしょう。

こういった場合には、業者へ依頼することをおすすめします。

また、材料や道具を調達するのがめんどうな人も、DIYではなく業者によるリフォームが合っているでしょう。

庭・外構のDIYでは、重い材料や特殊な道具が必要となります。
たとえば外壁を塗装する際に利用する「足場」は、その典型だと言えるでしょう。

こういったものを用意するのが厳しいのであれば、業者へ依頼するのがおすすめです。

また、「たった一度のDIYのためだけに、色々と揃えなければいけない」という問題も解消されます。 

2−2.自分でDIYしてもよい人      

  • 少しでも節約したい人(100均を有効活用する)
  • カンタンなDIYで済ませられる人
  • そもそも、庭を作るのが好きな人

3.庭・外構をDIYする際の注意点

ここまでで、「やはり業者ではなく、DIYで庭・外構をキレイにしよう」と決意している人も多いでしょう。

モチベーションが高ければ、庭・外構のDIYを楽しみつつ、満足の行く仕上がりが得られるでしょう。

ただし、庭・外構のDIYを実施する場合、いくつかの注意点があります。

特に以下のような点には、じゅうぶんな注意が必要です。

3−1.方角を考える

庭・外構のDIY特有の注意点として、「方角を考える」という部分が挙げられます。

なぜなら、方角を考えておかないと、細かいところで不備が生じるから。

たとえば、

  • 新しく敷設した部分が、植物への日当たりをさえぎってしまう
  • 家の中に影を落としてしまう
  • 天然芝に日光が当たりすぎてしまう

といったことが出てくるかもしれません。

これらは、DIYを実施してから修正するのが難しいところです。

だから、実行する前に、「日当たりの兼ね合いはどうか?」を、ある程度シミュレーションしておかなければいけません。

きちんとシミュレーションしておけば、後々になって日当たりに関連した部分で困ることはなくなるはずです。

3−2.採寸をしっかり測る

庭・外構のDIYでは、その面積が大きいことから、正確な採寸を取ることが重要となります。

もし採寸を間違えると、後々になって困ってしまうかもしれません。

たとえば、

  • レンガが大量に余ってしまう
  • 石の大きさが合わず、新しいものを買い直さなければいけない

といった問題が出てくるかもしれないのです。

こうなってくると手間がかかるうえに、さらには余計な追加費用を支払うことになるかもしれません。

よって庭・外構のDIYでは、正確な採寸を実施することが重要です。

3−3.近隣へ連絡しておく

庭・外構をDIYする場合は、近隣住民に対して特別な配慮が必要です。

なぜなら、住宅内部のDIYと異なり、騒音や運び込みなどで、迷惑がかかる場合もあるから。

庭・外構のDIYを始める前に、近隣住民に対して「しばらくご迷惑をおかけします」といった形で挨拶・連絡を入れておきましょう。

また、フェンス敷設や植物の植え込みなどについては、実施したあとで隣家を困らさせるケースもあります。

たとえば、植物が成長した結果、隣家の敷地にまで届いてしまったりすると大問題。

フェンスのほうはさらにデリケートで、敷設したことで「どこまでがどちらの土地なのか?」といったシビアな話に発展するかもしれません。

これらについては実施する前に、「やってもかまわないかどうか」確認して、許可を取っておくとよいでしょう。

4.参考にしたい!庭・外構をおしゃれにDIYした事例

上記までのことを理解しておけば、庭・外構のDIYは問題なく進められるでしょう。

手間や時間がかかる部分もありますが、ていねいに進めていけば納得の行く仕上がりとなるはずです。

とはいえ、

  • 庭をキレイにしたいけれど、完成形が浮かばない
  • 他の人は、どんなDIYをしているのか見てみたい

というふうに思っている人も多いはず。

本記事では、特におしゃれな庭・外構のDIYの事例を解説します。

今回は、Instagramのハッシュタグ「庭DIY#」から引用しています。

<レンガによるDIY事例>

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脱毛AZUsalon(@yumiko.az)がシェアした投稿

アプローチをレンガで作り上げたDIYの事例です。

レンガは独特な雰囲気があり、たいへんオシャレな雰囲気に仕上がっています。

周囲に敷き詰められた砂利もポイント。
無機質なコンクリートの庭・外構とは、何枚も上手のデザイン性が発揮されています。

ちなみにInstagramでは、こういったDIYの事例が多数アップされています。

より多くのインスピレーションを求める人は、Instagramをチェックしてみるとよいでしょう。

また、庭・外構のDIYにおいては、やはり「ステキな仕上がりにしよう」というモチベーションが重要です。

そういったモチベーションを得るうえでも、Instagramの投稿をチェックするのは効果的でしょう。

5.まとめ

庭・外構のDIYは、住宅内部とはまた違った面白さがあります。

キレイでおしゃれな庭・外構を自分の手で作り上げていくのは、たいへんな満足感があるでしょう。

多少手間がかかってしまう部分もありますが、それだけの価値があるDIYだと言えます。

ただし、庭・外構のDIYにおいては、やや費用が高額な部分があるのも否めません。

また、忍耐力を求められる作業や、道具を用意するのがたいへんな施工内容もあります。

DIYの経験が少ないと、なかなかやり遂げられないかもしれません。

もし「自分にはちょっとむずかしそうだぞ」と感じるのであれば、庭・外構のDIYを無理して実施するのはおすすめしません。

こういったケースにおいては、リフォーム業者へ依頼するのがよいでしょう。

彼らの手にかかれば、たいへんオシャレかつ機能美あふれるリフォームが実施できるはずです。

(外構・エクステリアリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
外構工事・エクステリアリフォーム目的別事例&費用まとめ16選

その他関連記事

(外構・エクステリアリフォーム関連記事をもっと見る)


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。