リフォーム見積もりで知っておくべき5つの鉄則!優良業者の見極め方も

「リフォームの見積もりってどうやって取ればいいの?」
「リフォームの見積もりで、注意するべきことは何かある?」
このようにお悩みではありませんか?

リフォームの見積もりに関して、絶対に知っておきたい鉄則は以下の5つです。

リフォーム見積もり鉄則5つ

こちらの記事では、これまで何件ものリフォーム見積もりをサポートしてきた、リフォーム会社選びのプロ「リフォームガイド」が考える、『リフォームの見積もり5つの鉄則』をご紹介します。

ほかにも、リフォーム見積もりをする上でのマナー、実際の流れ、見積書から優良会社かどうかを判断するポイントも解説しています。ぜひ参考にしてください。


1.リフォーム見積もりをする際の鉄則5つ

リフォームの見積もりを取るにあたって、「納得の金額で、質の高いリフォーム」をするために、必ず実行していただきたい項目が5つあります。

見積もりを取る会社選びの段階から気をつけたいことがありますので、ぜひ目を通しておきましょう。

1-1.必ず複数の会社に「相見積もり」する

リフォーム会社に見積もり依頼をする際は、複数社から見積もりをとるようにしましょう。

複数社から見積もりをとることを「相見積もり」と言います。

相見積もりをとることで、リフォームにかかる費用を一括で比較でき、自分の希望するリフォームの適当な価格が分かるため、高額な費用での契約を防ぐことができます。

また、担当者の対応や工事の内容からもリフォーム会社を比較検討することが可能です。

必ず2~3社程度に見積もり依頼をしましょう。

相見積もりをする前にしっかり要望を整理しておくと、各社の見積もり内容に大きなブレがなく比較検討がしやすくなります。必ず実現したいこと、優先順位などをあらかじめ固めておきましょう。
回答

▼リフォーム会社の探し方については下記の記事でくわしく解説しています。