施工事例付!サンルーム増築の費用を完全解説!

「サンルームを設置するのにいくらくらいの費用がかかるのだろう?」このような考えをお持ちではないでしょうか。

サンルームを設置する費用は60.1万円~(ノーマルタイプの場合)ですが、みなさんがどのようなサンルームの形を希望されるかによって費用は大きく異なるものです。

そこで、今回はサンルームを増築する際にどれくらい費用がかかるのかを説明するのとともに、実際の事例、みなさんの費用感に合った業者の選び方、サンルームを増築する際にかかってしまう固定資産税についてご説明いたします。

この記事を読むことで、サンルームを増築する費用がいくらくらいか、どのような形のサンルームにしていくべきかを理解することができます。


1.サンルームを増築する際にかかる費用は?

はじめに、サンルームを増築する際にかかる費用の全体像を確認しましょう。サンルームの増築費用は、サンルーム本体費用と上下稼働物干しや換気扇などオプション費用で構成されています。

サンルーム増築の費用構成
出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/sunnyge

1-1.サンルーム本体の増築費用は52.1万円~

サンルーム本体の増築費用は次の通りです。

サンルームを増築する費用

サンルームのサイズの測り方
出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/sunnyge/variation/body/

サンルームと一言で言っても、みなさんの用途や要望によってタイプが変わってきます。

庭などの土地に取り付けるタイプ(ノーマルタイプ)、ウッドデッキ等の土台の上にサンルームを設置してレジャーとしても楽しめるタイプ(テラス囲みタイプ)、バルコニーにサンルームを設置するタイプ(バルコニータイプ)の3種類あります。

サンルームタイプ
出典:http://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/sunfeel

「ノーマルタイプ」と「テラス囲みタイプ」の費用の違いは床部分が大きく影響します。

「ノーマルタイプ」は既製品をそのまま取り付けるだけの一方、「テラス囲みタイプ」はサンルームに対応したウッドデッキや土間を作った後にサンルームを取り付けるため、そのウッドデッキや土間の製作費とその作業の手間分費用が多くかかることになります。

また、「バルコニータイプ」は既存のバルコニーに対してサンルームを取り付けるため、「ノーマルタイプ」や「テラス囲みタイプ」に比べて土台を構築する必要がない分、多少費用を抑えていくことができます。

間口と幅に関しては大きさの違いによって費用が異なるだけでなく、サイズが大きくなるにつれて取り付け費用も多くなってきます。

>>サンルームを設置した事例

費用をかけてでもサンルームでの生活を充実させたいなら、「テラス囲みタイプ」でサイズが大きいサンルームを選ぼう!

「費用は高くてもいいからサンルームを有効活用した充実した生活を送りたい!」という方は「テラス囲みタイプ」