【エコキュートの値段】本体価格と工事費用の相場は?使える補助金も紹介

エコキュート値段

省エネ性能の高さから、エコキュートを導入する家庭が増えてきました。しかし、エコキュートは本体だけでも数十万円はする大きな買い物。種類や容量もいくつかタイプがあり、「何を基準に選んでよいかわからない」「結局いくらかかるの?」と悩まれる方も多いでしょう。しっかりと検討して、自宅に合った製品をできるだけ安く設置したいですよね。

今回はエコキュートの導入にかかる、本体価格と工事費用の相場を解説します。設置の際に利用できる補助金制度もありますので、ぜひ最後までご一読ください。


1.【本体+工事費】エコキュート設置・交換にかかる費用相場

まずは、エコキュートを設置や交換にかかる費用の相場を知っておきましょう。

業者に依頼してエコキュート本体を取り付ける場合、本体代と工事費を併せて、30万~60万円程度費用がかかるとされています。

内訳としては、本体代が15万~50万円程度で、そこに取り付けや交換の工事費として、10万~20万円ほどかかるイメージです。設置・交換工事には、基礎工事や配線工事といった作業が含まれます。

ただし、ハイグレードタイプのエコキュートを設置する場合や、設置場所の状態により追加工事が必要な場合には、さらに費用が高額になる可能性もあります。


2.【本体価格】エコキュート本体の値段相場

エコキュートにはさまざまな種類があり、本体価格もさまざます。
本体価格はタンクのサイズと給湯タイプを選ぶと決まってきます。

2-1.貯湯タンクの容量は家族の人数で決まる

エコキュートの貯水タンクの容量は、以下の表のように、家族の人数に合わせて選びましょう。

家族人数 タンク容量の目安 価格
1~2人 200L未満 安い


高い
2~3人 300L
3~5人 370L
4~7人 460L

日中に湯切れしないようにと、あまり大きなタンクを選んでしまうと、本体代も維持費も必要以上にかかり、かえってコストがかさむ原因になります。

かといってタンクの小さい製品を選ぶと、日中に湯切れを起こしてしまう可能性があります。そうなると、せっかく電気料金の安い夜間にお湯を沸かせるエコキュートを購入したのに、日中にお湯を沸かさなければならないことになりかねません。

家族の人数に合わせた容量を選ぶことで、初期費用もランニングコストも下げることが可能です。

2-2.給湯タイプは給湯器の使い方で決める

エコキュートには3つの給湯タイプがあり、価格帯もそれぞれ異なります。

給湯タイプ 概要 価格
給湯専用 最もシンプルな給湯タイプ。
湯張りや足し湯を手動でする必要があるぶん、価格もリーズナブル。
安い


高い
オートタイプ 自動の湯張り・足し湯機能がついているタイプ。中間の価格帯で購入しやすい。
フルオートタイプ オートタイプの機能に、自動の保温・追い炊き機能がついたタイプ。
価格は高いものの、家庭用エコキュートの中でも特に人気。

上記の表をご覧いただくとわかるとおり、エコキュートはついている機能が多いほど価格も高くなります。

最もシンプルな給湯専用タイプは、本体価格が安く初期費用を抑えられる反面、湯張りや足し湯を自分でしなければいけないという手間が発生します。
逆にフルオートタイプは、自動の追い炊きや保温機能がついていて利便性が非常に高いですが、そのぶん本体価格も高くなります。

家族構成やライフスタイル、予算に合わせて選びましょう。

2-3.本体価格の相場まとめ

上記で解説した、エコキュートのタンク容量・給湯タイプごとの相場をまとめると、以下の表のようになります。

給湯タイプ タンク容量 価格相場
給湯専用